アイビー

  • View数View数751
  • SCOREコメント数0
アイビー

育て方の説明文

最も有名な観葉植物の一つ、アイビー。可愛らしい葉っぱの形でガーデニングの寄せ植えやインテリアに欠かせない存在です。つる性の性質を活かして壁面緑化に使われることも。

アイビーは見た目もおしゃれですが、育てやすいのも人気の一因。寒さにも暑さ、乾燥にも強く、丈夫でなので手入れも楽です。

プランターでも地植えでもどちらでも育てることができます。挿し木で簡単に増やすことができるので、苗をいくつも買わなくても済み、経済的ですよ。

アイビーの育て方アイビーの育て方

手順1

アイビーは、学名をヘデラ、キヅタといい、種類もたくさんあります。ホームセンターや園芸店に行くと苗が手に入るので、気に入ったものを購入してください。

手順2

アイビーは弱酸性の土を好みます。小粒の赤玉土と腐葉土を6:4の割合で使うとよいでしょう。

水やりは、鉢植えの場合は乾いたらあげる程度でOK。

手順3

真夏の強い日差しで葉が焼けてしまうこともあります。特に斑入りのタイプは注意しましょう。真夏は明るい日陰で、それ以外の季節は日向で育てましょう。

コメントアイビーへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「アイビー」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:ちゃいろ

都会と言われる市に住んでいますが、はずれにある我が家はかなりカントリーサイド(田舎)です。お陰でちょっと散歩に出れば、広い田畑や美しい風景に出会えますよ。毎朝、愛犬と川沿いを歩くのが日課になっています。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方