カブ

  • View数View数1,635
  • SCOREコメント数0
カブ

育て方の説明文

ふくよかで甘みがあるカブが大好きで、毎年できる時期を楽しみにしている野菜の一つです。生のサラダや漬物、焼いても良し、カブのポタージュスープにしても美味しくいただけます。また、葉にも栄養がいっぱいなので余すところなくいただけます。無農薬の自然栽培で育てているため、葉も安心していただけます。

カブの育て方で以下の項目のご紹介!

植物の育て始めや種まき・開始
植物の間引きや追肥・手入れ
植物の収穫や開花・育った
植物の栽培時のポイントや注意
育てた植物の育った時の楽しみ

の紹介です!

カブの育て方カブの育て方

手順1

植物の育て始めや種まき・開始

季節は、品種にもよりますが、春と秋が向いています。ただわりと虫害の少なくなる9月中旬がお勧めのようです。高めの畝を立ててすじ蒔きをし、蒔いた直後に1度だけ水をあげて後は自然に任せます。

手順2

植物の間引きや追肥・手入れ

根が大きくなる前の本葉が2枚になる頃に間引きしはじめ、根が生長しやすいように適度に間隔(12~15cmくらい)があくようにします。アブラムシなどの虫がつきやすいので、まめに様子を見ながら防虫ネッをかける時もあります。

手順3

植物の収穫や開花・育った

カブの大きさが5~6cm蔵になったら収穫時期です。葉の付け根を手でつかみ引き抜きます。収穫時期が遅れると、大きくなりすぎて根が割れ味も落ちてくるようなので、美味しくいただける瞬間を見逃さないようにしています。

手順4

植物の栽培時のポイントや注意

芽が出たばかりの二葉の時から虫害にあうこともよくあります。農薬も肥料もあげない自然栽培の為、よくよく観察するようにして、虫害や少しの変化にもはやく気づくことを心がけるようにし、野菜が心地よく育ちやすい環境をつくるようにしています。

手順5

育てた植物の育った時の楽しみ

虫害にも負けず、無施肥でゆっくりと立派に育ったカブは、ギュット詰まった旨味と肉質になります。間引きをしながら葉をいただき、また間引きをしながら小さな小さなカブと葉をいただき、土の中から白くて丸い立派に成長したカブが顔を出すのが見えた時にはとても嬉しくなります。お漬物、素焼き、カブのポタージュなどなど、どのようにお料理して頂くかを考えるのが収穫時期の一番の楽しみです。

コメントカブへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この育て方の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方