アンスリウム

  • View数View数1,318
  • SCOREコメント数0
アンスリウム

育て方の説明文

普段花と呼んでいるのは仏炎苞(ぶつえんほう)といい、赤のほかに白やピンクなどもあります。
トロピカルなムードで、花も葉も楽しめる植物。

高温多湿と半日陰を好みます。
寒さに弱いので、冬は暖かい場所に置き、温度を与えて管理します。

5~9月は表土が乾いてからたっぷり与えます。
高温多湿を好むので、生育期には乾かし過ぎないように注意し、葉水も十分に与えます。


別名・ベニウチハ

科・属名・サトイモ科アンスリウム属

原産地・熱帯アメリカ

大きさ・20~ 50センチ程度

冬越し温度・12度以上

アンスリウムの育て方アンスリウムの育て方

手順1

置き場所

直射日光は苦手です。
夏に戸外におく場合は明るい日陰に置くか、通年明るい室内に置きます。
冬に花芽が形成されるので、レースのカーテン越しによく日光浴させるとよいでしょう。
生育適温は20~30度る

手順2

肥料

4月頃、緩効性化成肥料を与え、5~8月には、月に1~2回、薄い液肥を与えます。9月になったら停止します。

手順3

冬越し

寒さに弱く、冬越しには12度以上は必要です。
品種によっては15度程度必要なものもあります。
温かい部屋に置くか、加温設備を準備します。
鉢土を乾燥気味に保ったほうが寒さに強くなります。

コメントアンスリウムへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

「アンスリウム」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:花屋リエ

山口県山口市のお花屋さん、山口駅より徒歩6分
芸能人もやってきたことのあるお花屋さんです。
携帯電話からのご注文も承っています。
パレードや舞台のお花や
花束,アレンジメント、花鉢、切花も取り扱っています。飾り結び《チャイナボタン》やラッピングロール、サテンリボンなどもいろいろ取りあっかっています。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方

  • ひまわり

    ひまわり

    黄色の定番の他に褐色や白花の品種もありま…

    1,168

    0

  • シャコバサボテン

    シャコバサボテン

    別名のとおりクリスマスの頃、ピンクや桃紫…

    1,050

    0

  • 梅

    日本で最初にウメの名が見られる書物といえ…

    1,064

    0

  • パセリ

    パセリ

    草丈30~ 60センチ、初夏に茎が伸び、…

    967

    0

  • ブーゲンビリア

    ブーゲンビリア

    ハイビスカスと並んで、熱帯花木を代表する…

    1,161

    0

  • ライラック

    ライラック

    四月から5月に咲く花にはとてもよい芳香が…

    1,227

    0

  • マジョラム

    マジョラム

    料理につかわれる種類いろいろな効能もある…

    895

    0

  • シンゴニウム

    シンゴニウム

    矢じり型の葉に白い斑が入る葉を鑑賞する観…

    1,329

    0