ベニシタン

  • View数View数2,964
  • SCOREコメント数0
ベニシタン

育て方の説明文

バラ科・シャリントウ属の花木です。
6月頃に白い小さな花がたくさん咲きます。
魅力のポイントはそのあとに真っ赤な実が実ることです。
9月から2月ぐらいまでその実をつけているため長い期間鑑賞することが出来ます。
葉も丸くて小さく濃い色をしており密集していて可愛らしいです。
盆栽仕立てのものはホームセンターなどで手軽に手に入ります。
耐寒性もあるため庭に植えて楽しむことも出来ます。
6月か10月頃に挿し木をすれば簡単に増やせます。
植え替えは10月頃が適しています。

ベニシタンの育て方ベニシタンの育て方

手順1

ベニシタン(紅紫檀)の苗木です。
挿し木で増やせます。
鉢植えは園芸店で購入できます。

庭植えをする場合は水はけが良く日当たりの良い場所にします。

手順2

6月の葉の状態です。
6月になると白い花が咲きます。

そのあと9月から実がなります。
真っ赤な実は翌年2月まで鑑賞できます。
夏の間は植木鉢の場合、1日に2回与えます。

また画像を追加します。

コメントベニシタンへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この育て方の投稿者:はに。

小さな庭に、ハーブ、野菜、花、果樹を育てています。
ハーブはレモンバームがお気に入りです。野菜は夏にナス、青じそなどを育てています。
果樹はブルーベリー4鉢、レモン、柚子など柑橘類も毎年収穫しています。
大きな木はツルバラ(サハラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)などがあり、
小さなプランターで季節の花も楽しんでいます。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方