• マホニア・コンフーサ

マホニア・コンフーサ

  • View数View数5,175
  • SCOREコメント数0
マホニア・コンフーサ

育て方の説明文

細い葉が折り重なって涼し気な「マホニア・コンフーサ」はメギ科・マホニア属の花木です。
常緑性があるので緑が1年中楽しめるため、庭木として適しています。
開花時期は10月から12月の間です。
そのため、晩秋の花のない時期に咲くことで庭の彩りにもなります。
花は黄色で鮮やかなのでかなり楽しめます。
真夏の乾燥はやや苦手なので、土が乾燥していたら庭植えでも水やりを行います。
夏は直射日光で葉焼けを起こしやすいです。

マホニア・コンフーサの育て方マホニア・コンフーサの育て方

手順1

見た感じはナンテンにも似ています。
苗木や鉢植えで購入できます。

常緑性があるので庭植えで楽しめます。

手順2

低木で背丈は伸びません。
下の方まで葉に覆われています。

夏は乾燥に気をつけます。

10月頃から黄色い花が開花します。

コメントマホニア・コンフーサへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この育て方の投稿者:はに。

小さな庭に、ハーブ、野菜、花、果樹を育てています。
ハーブはレモンバームがお気に入りです。野菜は夏にナス、青じそなどを育てています。
果樹はブルーベリー4鉢、レモン、柚子など柑橘類も毎年収穫しています。
大きな木はツルバラ(サハラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)などがあり、
小さなプランターで季節の花も楽しんでいます。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方