コノテガシワ

  • View数View数1,355
  • SCOREコメント数0
コノテガシワ

育て方の説明文

コノテガシワの育て方を紹介します。

コノテガシワは、中国や朝鮮半島が原産のヒノキ科の常緑高木です。庭木として人気のコニファーの一種で、子供が手を広げたような葉の形をしていることからこの名前がつきました。

暑さにも寒さにも強く、根付けばほとんど放任してもいいほど手がかかりません。日向を好みます。コノテガシワは、生育が旺盛で横にも広がるので、複数本を植え付ける時は、間隔を1メートル以上開けるようにしましょう。

コノテガシワの育て方コノテガシワの育て方

手順1

赤玉土や腐葉土、たい肥を混ぜて、水はけのよい用土にしましょう。植え付け時期は11月から3月頃が適しています。

手順2

2月から3月に挿し木をして増やすことができます。病気は特にありませんが、スギドクガ、ミノガなどの害虫に注意しましょう。

コメントコノテガシワへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「コノテガシワ」に一致するマメ知識

この育て方の投稿者:ちゃいろ

都会と言われる市に住んでいますが、はずれにある我が家はかなりカントリーサイド(田舎)です。お陰でちょっと散歩に出れば、広い田畑や美しい風景に出会えますよ。毎朝、愛犬と川沿いを歩くのが日課になっています。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方