• 落花生の育て方

落花生の育て方

  • View数View数3,175
  • SCOREコメント数0
落花生の育て方

育て方の説明文

千葉県の名産といえば…落花生!!家族みんなが大好きなので毎年作っている野菜の一つです。あまり知られていない食べ方なのですが、知っている方は知っている、ゆで落花生。普段食べている落花生とは少し違った食べ方です。できたばかりの落花生を掘ってすぐに多めの塩を入れて茹でます。自分で育てるからこそできる食べ方です。一度食べたらやめられません。ずっと食べ続けてしまいます。ビールのつまみに最高です。今からできるのがとても楽しみです。

落花生の育て方の育て方落花生の育て方の育て方

手順1

植物の育て始めや種まき・開始

種まきの1週間前までには、畑に全体に石灰をまいて耕しておきます。種子用として保存しておいた、さやのついたままの落花生を、さやから実を取り出します。うねをたて、肥料をしておきます。落花生は千葉県の名産品だけあり、落花生を育てるのに適した気候をしているからだと思いますが、5月初旬頃に種まきをしています。畑に15cm~20cm間隔で1箇所に2粒~3粒の種をまいていきます。

手順2

植物に間引きや追肥・手入れ

落花生は、間引きなどはしません。追肥もほとんどしませんが、側枝が伸び始めた頃に肥料を少し加えてもいいのですが、我が家では追肥は、していません。もし追肥をする場合でも、控えめにしておいた方がいいと思います。種まき前の畑の準備(石灰をまく、うねをたてる時に肥料をやる)を、きちんとしておくことにより、追肥をしなくても大丈夫です。

手順3

植物の収穫や開花・育った

6月初旬ごろに花が咲きます。種まきから1か月くらいだと思いますが、かわいい黄色の小さい花が地面の近くに咲きます。花が散ると、茎が落花生のツノのようになり、地面に向かって伸びていきます。土の中に入っていき、土の中でさやができます。その中で豆が育ちます。我が家の場合だいたい10月中旬ごろに収穫します。

手順4

植物の栽培時のポイントや注意

落花生の栽培のポイントは、種まき前の畑の準備が一番大切だと思います。あとはこまめに雑草を取ることくらいです。とても簡単に育てることができると思います。収穫時のポイントは、株のまわりに鍬(くわ)を入れて、株を浮かせるように引き抜くと、とても簡単に収穫ができます。保存をする場合は、充分に乾燥させてください。きちんと乾燥させないと、カビなどが発生してしまいます。

手順5

育てた植物の育った時の楽しみ

収穫の時、株のまわりに鍬(くわ)を入れて、引き抜いた時、たくさんの落花生が土の中から出てきた時はとてもうれしくなります。少し早いかな~と思うくらいの時期に収穫して、落花生をさやごと塩茹でします。我が家の大好きなゆで落花生!我が家では子供たちにも大人気です。育てた落花生のほとんどが、我が家では、ゆで落花生でいただきます。たくさん茹でておいて、冷凍保存をしておきます。食べたくなった時にすこしずつ、レンジで温めて食べています。落花生が苦手な人でもゆで落花生は好きだと言う人もいます。完熟して、さやの網目がはっきりしたころに、収穫して充分に乾燥させた乾燥落花生。ピーナッツ味噌にして食べるのも、とてもおいしいです。

手順6

害虫や肥料などの対策

害虫対策など特にしていません。肥料も種まき前にやるくらいです。特別なことをしなくても、落花生は育つと思います。

コメント落花生の育て方へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「落花生」に一致するマメ知識

「落花生」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方