ピーマン

  • View数View数1,800
  • SCOREコメント数0
ピーマン

育て方の説明文

夏野菜の代表、「ピーマン」はナス科の植物です。
トウガラシに似ていますが、トウガラシの仲間のうち辛味のないものがピーマンと呼ばれています。
ピーマンの実は中にタネが入っていますが、ご存知タネを取り除けば空洞になります。この部分に肉などを詰めた、「ピーマンの肉詰め」は我が家の定番の料理でもあります。
ピーマンの収穫時期は6月から10月中旬までと長い期間楽しめます。
植え付けの時期は4月下旬から6月上旬が適期です。

ピーマンの育て方ピーマンの育て方

手順1

ピーマンの花はトウガラシと同じ白い花です。
一ヶ月後には実が付きます。

植え付けの時期は4月下旬から6月上旬が適期になります。

続けて実を付けさせるにはこまめな追肥が必要です!

手順2

6月下旬、実が成り始めました。
最初の実をすぐに収穫します。

ピーマンの実は付けたままですと、色が黄色く変化してしまいます。

コメントピーマンへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ピーマン」に一致する植物図鑑

「ピーマン」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:はに。

小さな庭に、ハーブ、野菜、花、果樹を育てています。
ハーブはレモンバームがお気に入りです。野菜は夏にナス、青じそなどを育てています。
果樹はブルーベリー4鉢、レモン、柚子など柑橘類も毎年収穫しています。
大きな木はツルバラ(サハラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)などがあり、
小さなプランターで季節の花も楽しんでいます。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方