• コマツヨイグサ

コマツヨイグサ

  • View数View数3,755
  • SCOREコメント数0
コマツヨイグサ

育て方の説明文

「コマツヨイグサ」はいわゆるツキミソウ(月見草)と呼ばれる仲間で、一日花を咲かせる、アカバナ科・マツヨイグサ属の草花です。
ツキミソウといっても、昼間に花が開くタイプです。
北海道でも生育しています。荒れ地や乾燥している場所、あまり土がない場所でも生育しています。
茎は地面を這い、ほふく性のある植物です。
昼に咲くツキミソウといえば、ヒルザキツキミソウがありますが、そちらよりも目立たず花の直径は2~3cm前後です。
色は黄色です。

コマツヨイグサの育て方コマツヨイグサの育て方

手順1

常緑性があり、開花時期は5月から9月です。

1株あれば、あとはタネから増やせます。

2月か3月に巻くと翌年咲きます。

日の当たる場所に植え付けます。

手順2

荒れ地などでも育つので、
土質のそんなによくないスペースのグランドカバーになります。

秋になったら種取りをして保存しておきます。

コメントコマツヨイグサへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この育て方の投稿者:はに。

小さな庭に、ハーブ、野菜、花、果樹を育てています。
ハーブはレモンバームがお気に入りです。野菜は夏にナス、青じそなどを育てています。
果樹はブルーベリー4鉢、レモン、柚子など柑橘類も毎年収穫しています。
大きな木はツルバラ(サハラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)などがあり、
小さなプランターで季節の花も楽しんでいます。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方