• ベゴニアの育て方

ベゴニアの育て方

  • View数View数629
  • SCOREコメント数0
ベゴニアの育て方

育て方の説明文

ベゴニアの育て方・栽培方法です。

ベゴニアは花の色や種類も多く育てやすい花です。
花の形がとてもかわいらしい形をしています。
ベゴニアには「木立性」「球根性」「根茎性」の3種類があります。
ここでは「根茎性」の育て方を説明しています。

ベゴニアは直射日光を好み、夏の暑さや冬の寒さにも強く育てやすい花です。
高温多湿には強いですがあまりに寒いのは苦手です。
開花時期は4月から10月です。
挿し木で増やすこともできます。

*後日追記予定です*

ベゴニアの育て方の育て方ベゴニアの育て方の育て方

手順1

土つくり

水はけのよい軽めの土を好みます。
ホームセンターなどで販売されている一般的な野菜と草花用で育ちます。

手順2

肥料


元肥として根本に緩効性化成肥料を混ぜ込みます。
その後、初夏と秋の時期に、薄めた液体肥料や緩効性化成肥料を月に1度与えます。
夏場の高温期や冬には肥料障害を起こしやすいので肥料は与えません。

手順3

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。
水をあげすぎると蒸れて枯れてしまうので注意します。

手順4

日当たり

日当たりのよい場所を好みます。
半日くらいの日光か明るい日陰でも育ちます。

コメントベゴニアの育て方へのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「ベゴニア」に一致するマメ知識

「ベゴニア」に一致するまとめ

根茎性ベゴニアの…
根茎性ベゴニアの育て方・栽培
根茎性ベゴニアには日射しは必要ですが、直射日光は必要ありません。一年中屋外ならば明るめの日陰や日当たりのよう室内であれば十分粗朶ことができます。一定の湿度があれ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,352view

「ベゴニア」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:mint tea

花や植物が好きで毎年色々と育てています。
イングリッシュガーデンに憧れていますが実際はほど遠くかけらもありません・・・(-_-;)
抜いても抜いても生えてくる雑草と外に出るとすぐにやってくる蚊が目下の悩みです。。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方