カレンソウ

  • View数View数943
  • SCOREコメント数0
カレンソウ

育て方の説明文

「カトリソウ(蚊取草)」、「カレンソウ(蚊連草)」と呼ばれる植物はフウロソウ科のゼラニウムの一種です。
「ニオイゼラニウム」とも呼ばれます。
耐暑性はやや弱いので日当たりの良い場所か半日陰で栽培するのが適しています。
真夏は半日陰に移動させます。
高温多湿が苦手なので、梅雨の時期など風通しの良い場所が良いです。
水のやり過ぎに注意し、やや乾燥気味に育てます。
新芽から蚊が嫌う香りが出ていますので、切り戻しを行うのがポイントです。
花芽も早めにカットするのが良いです。

カレンソウの育て方カレンソウの育て方

手順1

日当たりの良い場所か半日陰で栽培するのが適しています。

高温多湿が苦手なので、梅雨の時期など風通しの良い場所が良いです。
水のやり過ぎに注意し、やや乾燥気味に育てます。

手順2

真夏は半日陰に移動させます。

3度以下になると枯れます。
室内で管理することで越冬も可能です!

コメントカレンソウへのコメント投稿

コメント投稿

  • ※コメント投稿するには会員登録が必要となります。
  • ※意味の無い文字列を入力しコメントした場合は退会させていただく場合がございます。
  • ※20文字以上入力必須

この育て方を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この育て方のキーワードこの育て方のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

「カレンソウ」に一致する植物写真

この育て方の投稿者:はに。

小さな庭に、ハーブ、野菜、花、果樹を育てています。
ハーブはレモンバームがお気に入りです。野菜は夏にナス、青じそなどを育てています。
果樹はブルーベリー4鉢、レモン、柚子など柑橘類も毎年収穫しています。
大きな木はツルバラ(サハラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)などがあり、
小さなプランターで季節の花も楽しんでいます。

この投稿者の他の育て方この投稿者の他の育て方