• シロヤマブキの育て方・栽培

シロヤマブキの育て方・栽培

シロヤマブキの育…

出典:育て方ラボ

シロヤマブキの育て方・栽培 まとめです。自然界で生えているのは国内では岡山県のみと自生エリアが狭いですが、国内にある植物園や庭園で鑑賞する事ができ普通の家庭でも植栽して育てている人もいるぐらい、育てる環境は幅広く順応性が高い植物です。

シロヤマブキの育てる環境について

テキスト引用
自生している範囲は狭いものの、全国の植物園や庭園などで見られ、一般家庭でも植栽して育てられていることから、環境に対する順応性は高いとされてします。寒さにも強いので、北海道でも育てられています。植え付けして栽

寒さにも強く北海道でも育てられていて、植えて栽培をする事も出来ることから鉢植えでも育てる事はできます。ほとんどが観賞用に国内の植物園や庭園などに植え替えを行うために伐採されてしまった事から、現在は環境省のレッドリスト・絶滅危惧IB類に指定されています。

自然界に生えているシロヤマブキは、絶滅危惧されていますが、種に関しては人工的に植栽されている事もある事から保全されているとみなされています。レッドリスト・絶滅危惧IB類に指定されているので、育てるための環境は難しいと思われがちですが、適応力は強く自然界にいるシロヤマブキは石灰岩地にて育っていますが、石灰岩地が必要という訳ではなく、数多くの場所で植栽されています。

ただし石灰岩地で育っているかは解明されておらず、現在岡山県のみが自生地としてされていますが、中国地方全体で自生している、瀬戸内海方面のみ自生している、岡山県や広島県・島根県・香川県・福井県の5件にまたがって自生している説といった様々な説があります。さらには、自生しているのではなく自生していたものを人口的に植えられたのではないか、自生しているように見えるだけなのではないかと、様々な説があります。

シロヤマブキの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
一般的には、種付けから行うよりも、苗を購入するケースが多いようで、苗自体は、園芸店からホームセンター、インターネットなどでも購入ができます。植え付けの時期は、秋(10月頃)から、梅雨入りの時期(6月頃)の間で行います

通常、種付けからは行わずに苗を購入して育てるケースが多く、苗は園芸店やホームセンター、インターネットなど様々な場所から購入する事が可能です。植えつけの時期は10月ごろ秋から6月の梅雨入り時期までできますが真冬は避けた方がいいです。

ただし暖地で真冬でも大して寒くない場合みは植えても苗へのダメージが少ないので大丈夫です。滋養分が多い土地や土壌に育つので、植える場合には有機物が豊富に含んでいる腐葉土やバーク堆肥などを多く取りいれてから植えていきます。

水やりに関しては、専門家によって意見がわかれていますが、雨の量で充分といわれている場合と乾燥しない方がよいので若干多めに水やりをした方がいいといっている場合がありますので、乾燥しない程度で水をあげて、雨が降らない日が続いたら乾燥を防ぐために水を上げる事にしておくと、水やりで失敗してしまうという事を避ける事ができます。

肥料は、寒肥を二月にあげて、あげる時には有機物を多く含ませるために株の周りに堆肥や油粕などを少し多めにあげます。半日陰や西日があたらない場所を好む植物ですが肥沃な土壌の場合には多少日光があたっても大丈夫です。

種付けからも育てる事は可能ですが、専門の樹木の種付け業者がいるくらい樹木の種付けは難しいので、一定の技術と長くみる気持ちが必要になります。あまり神経質にならない程度に長い目で見る事が大切で、種が手に入って種から育てたいという気持ちがある場合には、庭に蒔くか鉢植えで育てたり、種をポポットに蒔いて発芽させてから植えて育てます。

シロヤマブキの増やし方や害虫について

テキスト引用
株分けと挿し木が一般的な増やし方になります。種から増やす場合には、開花後、数日中に花が落ち、種ができるので、熟すまで待ちます。種子は、黒く光沢がある状態のものが用いられます。株分けの場合、枝を5本くらいずつ株分

増やすためには、株分けや挿し木が一般的で、種から増やす場合には開花したら数日で花が落ちてから痩果ができるので熟すまで待って種を取ります。種子は黒く光沢があるのを使います。株分けをする場合には、枝を5本ずつぐらいに株分けして、2~3月、10~11月ごろまでに行います。

挿し木の場合には枝先を5cmほど切り取って使いますが、挿し木用の土壌などは購入する事ができるので、専用の土を購入して利用する事もおすすめです。挿し木をしたら多くの水を与えておきます。レッドリスト・絶滅危惧IB類に分類されている品種ですが、もともとが日本全国で植物観賞をするために伐採された事が原因とされていて、自然に育っている場合には、昔どおりに自然に種を落として、発芽して育っていくので、自分で育てる時にも細かく気に掛けなくても自然に育っていく、考えられているよりも栽培のしやすい植物です。

古き枝は垂れさがって株元から勢いある枝が伸び、4、5年で枝が古くなるので根元まで切り戻すと根元から新枝が出てきて株が若返ります。育てる方法も、通常の観賞用の樹木と大きく違う点がなく大きな病害虫の心配もなく、ごくたまに病害虫がついてしまった事があるぐらいです。万が一病害虫がついてしまっても他の樹木と違いなく、ついてしまった時には適切に処理すれば問題がなく、山吹と育て方は似ているので、白と山吹色のグラデーションを造るガーデンニングにする楽しむ方法もおすすめです。

シロヤマブキの歴史

テキスト引用
江戸城を築城したことで知られる武将、太田道灌は、山吹と併せて語られる人物です。白山吹そのものを示すものは確認されていませんが、山吹を題材にした和歌は有名です。「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞかなしき

江戸城を築いたとされている武将、太田道灌が山吹と一緒に語られる人物です。太田道灌が父を訪ねて越生の地を訪れた時に雨に降られて農家で蓑を借りようとしたら娘が出てきて山吹の花を一輪指田事に腹を立てたが、実は後拾遺和歌集の兼明親王の歌に掛けていて、農家が貧しく蓑をひとつも持っていなかった事を奥ゆかしく答えた和歌だった事を知り、後に道灌は歌道に励んで歌人として名を高めたという事で山吹と一緒に語られますがシロヤマブキを示すものとは語られてはいません。

シロヤマブキと似ている山吹はバラ科ヤマブキ属の植物です。シロヤマブキはバラ科シロヤマブキ属と属性が違っていますが、同じ場所に生息している事が多いです。京都市西京区にある松尾大社の庭園で一緒に見る事ができ、シロヤマブキの種は松尾神社では清めのシロヤマブキとして授受しています。古き万葉集では、山吹は山振と記載していて、属性の区分がなかった頃には、シロヤマブキなのか山吹なのか示しているか歌からはわからず、歌に込められた想いを読み取って、心の中でどちらの花なのかを想像してどちらなのかを想像を膨らます事によって歌った歌を読み取る事になります。

国内での生息地は岡山県のみで自然に生えて育ってていますが、観賞用では日本全国の多くの庭園などで見る事でき一般家庭でも育てる事は可能です。環境省にて自生しているものはレッドリスト・絶滅危惧IB類として指定されていて保護の注目が集まっています。

シロヤマブキのシロヤマブキの特徴

テキスト引用
前述のとおり、シロヤマブキは、落葉低木で、バラ科シロヤマブキ属です。山吹色として知られるヤマブキとは別の属ですが、しばしば、「白いヤマブキ(山吹)」と呼ばれるくらいその姿形は似ています。厳密には、シロヤマブキの

シロヤマブキは、落葉低木で山吹色として知られているヤマブキとはバラ科という点は一緒ですが異なる属性で、姿がとても似ている事から白い山吹とも言われています。シロヤマブキは、がくが4枚でヤマブキは5枚、花びらが山吹が5枚、シロヤマブキは4枚で、シロヤマブキは葉は対生につくなど細かい違いはあります。

バラ科の植物の場合には花びらが5枚ですが、シロヤマブキは4枚という特徴がありバラ科としてはめずらしく、対生葉という点もバラ科で唯一という事もあり特徴的です。春4月ぐらいから5月ぐらいまえ開花しますが花は色は綺麗な白色です。開花後に痩果と呼ばれる果実が4個付き、夏になると実が黒くなります。

自然界に生えている生息地は国内では岡山県だけとされていますが、海外では中国や朝鮮半島でも自然界にて生えている事が確認されています。原産地日本ですがアメリカでも一部地域で育てる事が可能です。木の高さが1mから2mまでなり、花は2cmから5cmになります。シロヤマブキは漢字で書くと白山吹となり学名はRhodotyposscandensで、日本語で記載する山吹と間違えそうですが山吹は学名がKerriajaponicaという事で完全にわけられています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

レッドリスト・絶滅危惧IB類として指定されていて、自生しているものは見掛ける事ができる場所は限られていますが、全国の植物園や庭園で見る事ができ、家庭でもガーデニングとして取り入れている家庭もありますが、種から育てる事は難しく、普通にホームセンターや園芸店、インターネットにて苗は購入して植えた方が育てやすいです。

シロヤマブキの育て方・栽培に関連する無料素材

  • シロヤマブキ

    シロヤマブキ

    シロヤマブキです。きゃらめるでございます。植物やガーデニング用品のイラストです。植物や、野菜、ガ…

    0

    376

    131.6

このまとめのキーワード

「シロヤマブキ」に一致する育て方

  • シロヤマブキ

    シロヤマブキ

    白い花が咲き、実を長く鑑賞することができ…

    486

    0

「シロヤマブキ」に一致する植物図鑑

「シロヤマブキ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

2,965view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

2,768view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

3,294view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

3,921view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,115view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,690view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

2,672view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

2,049view