• コプロスマの育て方・栽培

コプロスマの育て方・栽培

コプロスマの育て…

出典:育て方ラボ

コプロスマの育てる環境について、日当たりのいいところに育てることがおすすめです。日に当たるところ以外に、明るい日陰のところでも育てることが十分できるのですが、日当たりが不足してしまうと、冬の時期になると、赤や、褐色などになって葉の色がきれいになるときに色が鮮やかではなくなったりします。

コプロスマの育てる環境について

テキスト引用
コプロスマは日当たりの良い場所を好むので、育て方としては日の当たる明るい場所に置いて栽培します。丈夫な植物なので明るい日陰でも十分育ちますが、日照が不足すると冬の時期に赤や褐色などの葉の色が美しく

ですからできるだけ日当たりのいいところで育てることが大事です。ですから冬の色合いをよくしたい場合は、普段から日当たりのいいところで管理をすることが大事です。そして耐寒性のあるものなので、-5度まで耐えることができたりしますので、冬に鮮やかになるためにしっかりと日の光を当てておくことがおすすめです。

そしてもしも、冬に霜が当たったりすることがある場合は、多少の対策をすることが大事です。あまり低温にならない場合は、きれいな色の葉っぱを冬でも楽しむことができます。冬場はあまり鮮やかな色合いの植物が少なくなります。ですから冬でもきれいな色の花を楽しむことができるのが、コプロスマのいいところです。

色合いが寂しくなる冬でもいろいろな色のコプロスマの種類があるので、十分楽しむことができます。成長が早いので、剪定などを行なうことは大事ですが、冬の間でも楽しむことができる植物です。そして花は咲きますが、小さくて目立つものではなく、存在感もあまりないです。ですかからあまり花のことは気にしないで、お手入れを行なうことがおすすめです。

コプロスマの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
水はけの良い場所を好むので、水やりは土が乾いた時に行うようにします。夏場の土がすぐ乾くような時期には毎日水を与えますが、気温が低くなってきたら水やりの回数を徐々に少なくしていきます。コプロスマは湿度の高い環境

コプロスマは水はけのよい場所で育てることが大事なので、水やりを行なう場合には、土が乾いた状態になったときに与えるようにします。そして夏場の土が乾くような時期には、毎日の水やりが需要になってきます。そして夏以外にどんどん気温が低くなってきたら、今度は水やりの回数を減らしていきます。コプロスマは湿度の高い環境を苦手としている植物です。ですからあまり気温が高くない状態で、水を与えすぎると根ぐされをしてしまったりします。

また夏でも頻繁に与えすぎると、与えすぎになるので注意が必要です。必要以上に水は与えないことが大事ですが、庭で育てる場合に、ほとんど水やりはしなくてもいいですが、植えた当初は根が張ってくれるまでは、しっかりと水を与えてあげます。そしてそれ以降は、何も水を与えなくてもいいですが、雨が降らない日が続いた場合は、与えるようにします。コプロスマは通気性のよい土に植えることが大事で、植える時期に関しては、4月から6月がおすすめです。

また9月から10月にも植えつけることができます。植えつけるときには、適度に根を崩してから植付けするようにします。できるだけ根を張りやすくするために、少し根を崩しておきます。鉢植えの場合、鉢の底から根が伸びてきてしまっている場合、根詰まりを防いで生育を促すため植え替えを行います。根詰まりを起こしてしまうと、どうしても水の通りも悪く成長が止まってしまうので必要です。植え替えをする時期は4月から5月くらいです。

コプロスマの増やし方や害虫について

テキスト引用
コプロスマは挿し木で増やすことができます。挿し木をする時期は4月から6月、または9月から10月が適していて、5cmから10cm程度に切り取った挿し穂を準備して、土に挿す部分の葉を取り除いておきます。挿し穂はしばらく

コプロスマの増やし方については、種付けではなく、挿し木で増やすことができます。挿し木を行なう時期に関しては4月から6月ぐらいと、また9月から10月ぐらいがおすすめです。5cmから10cm程度に切り取った挿し穂を準備しておいて、土に挿す部分の葉を取り除きます。そして挿し木にする挿し穂はしばらく先端を水につけておき十分に水分を吸わせておきます。そうすることによって成長しやすい挿し穂になります。通気性のよい水はけのよい土に挿して、根が出てくるまでは水やりを忘れないようにします。

しっかりと発根をするかどうかはわからないので、複数の挿し木を作っておくといいです。病気や害虫に関しては、特に心配するようなものはないです。もしも病気や害虫の被害にあった場合には、早めの対策が大事です。害虫なども少しの量を見つけると、どんどん増えていってしまいます。そして被害も大きくなってしまうので、できるだけ早めの対策をすることが大事です。

コプロスマは特に害虫や病気の被害がない植物ですが、水のやりすぎで、土の中が過湿になってしまうと、害虫や病気は出てきたりします。またコプロスマ自身も水のやりすぎには弱いので、根ぐされを起こしてしまったりしますので、気をつけないといけないです。ですから特に気をつけることというのは、やはり水やりの仕方によって、過湿になってしまったりすることを気をつける育て方をすると、健康で元気なコプロスマを栽培して楽しむことが可能です。

コプロスマの歴史

テキスト引用
コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オーストラリアやニュージーランドを生息地としていてます。コプロスマにはおよそ90もの種類が存在していますが、その多くがニュージーランド原産です。3月から5月

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木です。生息地はオーストラリアやニュージーランドで、90種類ぐらいの種類が存在しています。そして多くの種類のほとんどがニュージーランド原産です。3月や5月ごろに花は咲いたりはしますが、あまり目立ったおのではないので、ほとんど花を観賞するものではなく、葉の色などが特徴的なので、観葉植物などや、庭木などに用いられることが多いです。草丈は20cmから200cmなど幅が広く、また耐寒性にはやや弱く、耐暑性には強いので、冬は寒い地域の場合は室内に移動したほうがいいです。

常緑性なので、グランドカバーに使ったり、日陰でも育つので、カラーリーフとしても使うことがあります。日本では冬は室内に入れないといけない地域もあるので、グランドカバーにするには、暖かいところになります。コプロスマは種類によって、さまざまな葉色や、また育ち方なども違った形のものが多いので、いろいろと育てると、違った形で楽しむことができます。

葉の色を楽しむことができるので、寄せ植えなどにも使うことができたり、また生け垣などに多く利用することができる植物です。生息地のオセアニアではとても一般的な庭木になり、公園などでも利用されていますが、日本ではあまり歴史が長いものではないです。日本の寒い地域では、冬越しをするのが難しかったりするので、グランドカバーにするには、暖かい地域でならばグランドカバーとして外で育てることができます。

コプロスマの特徴

テキスト引用
コプロスマは50cmから100cmほどの丈に生長し、原種の他にも園芸品種として交配が進んでいるので、さまざまな色や形が見られます。園芸店でも多く流通していてよく栽培されている品種では、暖かい時期は緑色ですが冬になると

コプロスマは50cmから100cmほどの丈に成長して、大きさもばらばらです。そして販売されている種類なども多く、葉に特徴があって、いろいろな色彩を楽しむことができるので、交配なども進んでいて、数多く流通しています。

暖かい時期には、緑色ですが、冬になると葉が赤茶色になるものなど、つぎつぎと新しい品種が増えてきているのも魅力となっています。コプロスマは品種によって、大きさや成長の広がり方や、また耐寒性なども若干変ってきます。

ですから野外で育てたいけど、冬が心配という方や、冬が少し寒いところで生活をしているという方の場合は、種類を選ぶことができます。コプロスマという種類の品種は、病気や害虫の被害にあいにくく。比較的丈夫な植物で育てやすいというのが特徴です。

ですから自分にあった、品種を選んで植えるといいです。園芸初心者にも向いている植物です。冬が寒くなってしまう地域では、移動のできる鉢植えやカラーリーフプランツとして寄せ植えで楽しまれることがおすすめです。かなり寒い地域出なければ初心者でも簡単に育てることができるカラーリーフとして使うことができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

耐寒温度は-5度となっています。-5度なので、ある程度の気温があれば冬越しをすることはできます。霜が多少降りる程度ならば外でも冬越しはできます。ですから植えっぱなしで放置することになる庭のカラーリーフとして使うことができます。もしも土が凍るようなことがある場合は、室内に移動できるほうがいいです。

コプロスマの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「コプロスマ」に一致する育て方

  • コプロスマ

    コプロスマ

    斑入りの葉が美しい「コプロスマ」はアカネ…

    2,136

    0

「コプロスマ」に一致するマメ知識

「コプロスマ」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

7,145view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

5,495view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,287view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

7,299view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

9,082view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,978view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

5,993view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

6,105view