• エレムルスの育て方・栽培

エレムルスの育て方・栽培

エレムルスの育て…

出典:育て方ラボ

エレムルスを栽培するときの環境として気を付けることが何かです。まず直射日光が当たるような環境に置くようにします。時期としては10月の上旬位から6月の上旬ぐらいまでです。なぜこの時期になるかですが、この花は秋から少しずつ起き初め、冬には花を咲く準備をし、そして春に開花します。

エレムルスの育てる環境について

テキスト引用
栽培をする上での環境としては、秋に植えて初夏に変えて咲くことになります。寒さには強いとされます。乾燥にも強いので、冬に関してはそれなりに育てやすくなりそうです。冬は咲く準備を懸命にしていますから

その後徐々に休眠の準備に入り、夏には休眠します。6月を過ぎてからは少しずつ上の部分が枯れてきます。こうなると日光に当てる必要はありません。静かなところで保管するのが良いとされます。冬にも積極的に屋外に置くようにしますが寒さの対策は怠らないようにします。

霜対策が重要で、秋ぐらい、春ぐらいには十分に注意をします。休眠をしているときには鉢に入れたまま乾かして管理することができます。さらには掘りあげてそれを乾いた土に埋めておく方法もあります。どちらも日光に当てたり水をやったりするわけではありません。

休眠中でも適度に水を与えるタイプがありますがこの花はそうではありません。冬に管理をするときにはマルチングをするとよいとされています。これはシートで土の表面を覆う方法です。冬に野菜を育てるときなどに寒さ対策として行うことがあります。

この方法での注意は日当たりです。確かに寒さを防ぐにはよさそうですがその分日当たりが妨げられることがあるからです。植木鉢などであればこまめに寒さ管理ができますが、地植えをするとなるとそれが難しくなる場合があります。

エレムルスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
育て方において、植え付けは秋に行います。耐寒温度としては0度位なので一般的なところなら冬越しもそれ程難しくありません。土が凍るような地域でも育てたい場合があります。その時には土が凍らないようにしておけば

エレムルスの育て方では種付けの方法があります。植え付けを初めて行うなら季節は秋です。春に行う植物が多いので勘違いしやすいですが、この花は夏に休眠をして秋に起き始めます。春に行うと生育期の冬を経験できないので育つことができません。体感温度としては0度を目安にします。冬でもしっかりと日当たりに当てながら管理を行います。用土としては水はけのよいものを選ぶようにします。市販している花と野菜の培養土を使うことができます。

さらに水はけを良くしようとすると川砂を混ぜると良いかもしれません。冬の寒さに対抗しようとすると植木鉢の方が管理がしやすくなります。乾燥を好み過湿を嫌うので水やりは乾燥気味になるように注意します。土が濡れているのに水をやると傷みやすくなります。雨が続いたりするときは植木鉢を雨の当たらないところに移動するなどしないといけません。庭に植えた時には特に水やりは必要なくなります。

植え付け直後に固めるために水を与えますがその後は雨から得られる水分で十分育てられます。夏の日照りは管理には関係がないのでまず水を与える必要はないといえるでしょう。周りに花を植えているときについでに水を与えてしまうことがあるかもしれません。庭に植えるときには周りの植物にたくさん水が必要な物がないかをチェックしておきます。この花は他の花とは育て方が大きく異なります。単独で育てられる植木鉢の方が育てやすいといえそうです。

エレムルスの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やす方法としてはまずは種をまく方法があります。種については花の後につくことがあるので、それをしっかりととっておく必要があります。花自体が非常に小さく、種も取りにくくなることがあるので、花が終わりかけの時には

エレムルスの増やし方では種まきがあります。この花は球根なので、最初に購入した時は球根から始めるかもしれません花が咲いた後に種が取れるのでそれを利用することで増やすことができます。花は非常に小さいです。そのためか種も取りにくくなることがあります。花が終わりかけそうになったら種が落ちないように袋などに包んでおくと良いでしょう。下にシートなどを敷いておけば落ちたとしても土などの中に入ってわからなくなることはありません。

タネを取ったら乾燥させたりせずそのまま取りまきをします。大本はこれから休眠に入るところなので心配でしょうが乾燥させることが良くないのでこの方法が良いとされます。自然界でもこの方法で増えているはずです。次の年には芽が出るかもしれませんが花が咲くわけではありません。何年か経ってようやく球根ができてくるのでそこで初めて花をつけることができます。5年から6年はかかるとされています。じっくり増やす方法は分球です。

植え替えをするときに球根に小さい球根がつくようになります。それを外して植えればすぐに次の年に花を咲かせる場合があります。球根が小さすぎるときには数年かかることもあります。小さすぎるときは無理にそこでは外さずに次の年まで待つ方がいいでしょう。この花の害虫対策はあまり気にすることがないとされます。他の花とは咲き方、成長の仕方が異なるので虫がつきにくいかもしれません。他の花から来たときは取るようにします。

エレムルスの歴史

テキスト引用
花においては、一つの茎に一つの花だけつけるものがあります。また茎は一本でその茎から沢山花をつけるものの、花同士が特に密集しているのではなく独立しているタイプがあります。どちらにおいても1つずつの花をそれぞれ楽しむことが

誕生日などではケーキを買ってもらって祝うことがあります。ケーキには年の数だけろうそくを立ててもらいそれを吹き消すのが定番です。子供のころなら良かったですが、年齢が高くなるとろうそくの数も多くなるので消すのが大変になることもあります。この時のろうそくに似ている花としてエレムルスと呼ばれる花があります。花名がいくつかあり、それが非常にわかりやすくなっています。一つがデザートキャンドルです。ケーキに立てているろうそくに似ていることからその名前が付けられたのでしょう。

この花がお店にあるとまるでろうそくがたくさんあるのでスイーツ店のように感じるかもしれません。実際にスイーツ店に飾っていることもありそうです。その他にもかわいい別名があります。フォックステイルリリーです。フォックスはきつね、テイルは尻尾です。狐のしっぽに似ていることからこの名前が付けられたのでしょう。原産地、生息地としては中央アジアの西部とされています。

日本にはいつ頃どの経路をたどって入ってきたかははっきりしたことがわかりません。シルクロードから伝わってきたのか、一旦ヨーロッパやアメリカで広まってからほかの花と一緒に持ち込まれたとも考えられます。花としては一輪の大きな花が目立つタイプではなく小さい花がたくさんつくタイプです。一見草原に生えているすすきのように見えることもあります。でも近づいてよく見るとこの花のことをよく見ることができます。

エレムルスの特徴

テキスト引用
花の特徴では、ユリ科に該当します。花が咲く時期としては4月から7月になります。咲き方としては1年を通して咲く多年草になります。高さは比較的高くなり、1メートル50センチを超えるようなタイプもあります。草原などに

エレムルスの特徴では、生物学上ではユリ科に該当します。その他にはツルボラン科に属するとの意見もあります。花の高さは50センチぐらいが一般的ですが、種類によっては2メートルを超えるタイプも存在します。花が咲く時期は4月から7月とされています。

一つの花長く咲き続けるのではなくいくつかの種類がありそれぞれが咲くのが4月から7月の間に散らばっています。別名がいくつかあり、動物やろうそくのように見えるほかキングススピアと呼ばれることもあります。スピアは槍のことを意味し王様が持っている槍として表現されています。

なんとなく先がとがった花であることは想像できそうです。この花を単独で見かけることは少ないかもしれませんが、切り花の中に入れられていることがありそこで見かける場合があるかもしれません。この花は耐寒性が強いとされています。

中央西アジアは乾燥しているイメージがありますが、比較的北の地区になるのでしょう。寒さには強いですが寒さ対策をしなくてよいわけではありません。防寒をして凍らせないようにします。凍らせると芽が出ない可能性があります。夏の耐暑性はあまり気にする必要はありません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

夏になる前に枯れてしまいます。でも根が残っていて土の中で休眠状態になります。花の色としては白が良く知られています。白以外では黄色、オレンジ、ピンクなどもあります。花は小さいものがたくさんつくタイプで、数百ついているとされています。

エレムルスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「エレムルス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,219view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

3,719view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

7,900view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

5,925view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,257view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

5,200view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

25,135view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

5,806view