• ウグイスカグラの育て方・栽培

ウグイスカグラの育て方・栽培

ウグイスカグラの…

出典:育て方ラボ

ウグイスカグラを栽培するときの環境は日当たりの良いところを選びます。木の種類なのでバランスよく育てる必要があります。日当たりがある方向に偏ると成長が偏ってしまうかもしれません。日当たりの良いところにまんべんなく日光が当たるように育てるとバランスよく成長させることができます。

ウグイスカグラの育てる環境について

テキスト引用
ウグイスカグラは、山野草の樹木ですから、育て方は容易です。庭に地植えにしておけば、根づいて生育していきます。耐寒性も耐暑性も強いほうです。冬の霜にも強く、積雪地帯でも育ちます。北海道の生息地と、本州南西部の生

傾いたりすることがないので、きれいな見栄えになるでしょう。日陰でも自生していますから必ずしも育てられないわけではありません。しかし日当たりがないところだとどうしても枝が間延びしたりしてバランスとしては良くなくなります。日当たりの良いところだと花が付きやすくなり、当然実もなりやすくなります。

後で花や実を楽しみたいなら余計に日当たりの良いところを選ぶのが良いといえるでしょう。木として育てることが多くなるので植木鉢よりも地植えをすることが多くなるかもしれません。耐寒性、耐暑性それなりにあり、冬に霜が降りたとしてもそれですぐに枯れてしまうことはありません。

雪が積もるところでも何とか育てることができるようです。ただし寒い地域と暖かい地域では枝ぶりなどが変わってきます。寒い地域だとどうしてもこじんまりした枝ぶりになってしまいます。高くなると3メートルぐらいにまで達します。人の高さの2倍近くあるので管理が難しくなることがあります。そうならないうちにうまく剪定をするようにします。形を重視して、きれいにまとまるように行うとよいでしょう。

ウグイスカグラの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ウグイスカグラは、乾燥気味に育てたほうが、生育が良くなります。水やりは、あまり頻度を多くしないようにしたほうが良いでしょう。鉢植えやプランターであれば、土の表面が乾燥してから水やりします。庭に地植えしている場

ウグイスカズラの育て方では種付けに良い土は乾燥気味になるようにします。通常は水はけを良くしたり水持ちを良くするなどがあります。この植物では水はけを重視します。地植えをすることが多いでしょうから、一般的な土であれば特に考慮せずに植えることができます。粘土質のところや極端に痩せているときには土を掘り起こして新たに土を作ってその中に入れて育てるようにします。水やりの頻度には注意をしなければいけません。水をあまり好まない植物になります。

鉢植えで行う場合は乾いたときにその都度与えるぐらいで問題ありません。庭に直接植えているなら雨水だけで十分でしょう。夏場に晴れが続くようなときに気になるなら水を与えます。木の様子を見て元気がなくなっていそうなら少したっぷりめに与えるといいでしょう。花壇に植え付けるときなどは高温多湿状態を避けなければいけません。風通しを良い状態にします。寄せ植えをすると自然に他の植物都の隙間が無くなって混み合うことがあります。

寄せ植えをするときは同じような傾向のものと一緒に植えると育てやすく管理もしやすくなります。ハーブなどは乾燥気味に育てることが多い植物なので一緒に育てるのにはあっているといえます。肥料は特に必要ないとされています。どうしても与えようとするなら2月ごろに与えます。株周りに油かすであったり堆肥を少し施す程度で十分です。冬の時期に行うことで、春に花などにいい影響を与えてくれます。

ウグイスカグラの増やし方や害虫について

テキスト引用
ウグイスカグラの増やし方は、挿し木でも、株分けでも、種子から発芽させても、いずれも可能です。どの増やし方も容易です。注意したいのは、挿し木をするときは、雑菌の少ない土壌で行うことです。理想的な挿し木の方法は、

ウグイスカグラの増やし方としてはまずは種まきがあります。この植物は実がなり、実を美味しく食べることができるとして知られています。果実が熟して来たらその果実の果肉を取りきれいに洗います。そして乾燥させることなくすぐにまきます。すぐにまかないなら乾燥させないように注意しておきます。湿らせた砂に保存しておくと良いでしょう。乾燥によって発芽力が弱ってしまいます。簡単なのはその場ですぐに植えてしまうことでしょう。

株分けをすることもできます。植木鉢で管理をするときには植え替えをすることがあります。そのタイミングで行います。株を分けておき、それに土をかぶせておくことで簡単に根が出てきます。種から育てるより簡単に増やすことができます。挿し木も行えます。3月下旬ごろに前年に伸びた枝を切り取ります。15センチぐらいでいいでしょう。それを土に入れた鉢にさしておきます2年から3年経つとしっかりと根も張ってくるようになるのでその後に植え替えをします。

花が咲くには3年から4年かかりますが、簡単な方法として知られています。害虫対策をする必要がありますが、あまり発生しにくい植物です。風通しが良くない状態だとカイガラムシがつくk十があります。またアブラムシがつくこともあります。他に多くの植物を一緒に育てているとそれに影響することがあるので注意をしながら育てるようにします。この植物単独ではそれほど気にすることはないでしょう。

ウグイスカグラの歴史

テキスト引用
ウグイスカグラは、スイカズラ科スイカズラ属の植物です。落葉性であり、低木です。高さは1メートルから3メートルほどに成長します。漢字で表記すると、鶯神楽になります。和名である鶯神楽の由来は、鶯が茂みの中で、岩戸神

春を告げる鳥は様々です。その中でややこしいとりにウグイスがいます。鳴き声は良く知られていますがそれ以外にウグイス色と呼ばれる色があります。この色が緑っぽいのでウグイスも緑のように感じるでしょう。実はウグイスはあまりきれいな色ではなく茶色っぽい色です。この時期にいるメジロと混同してウグイスも緑色のように感じることがあります。こんな春の鳥ウグイスの名前がついている花があります。それはウグイスカグラと呼ばれる植物です。

なぜこんな名前が付いたかですが、花自体がウグイスの体そのものに似ているわけではありません。ウグイスが茂みの中で岩戸神楽を踊っているようだとのことでつけられた名前のようです。実際のウグイスの色に似ているとか形が鳥のような形をしているわけではありません。原産、生息地としては日本固有の植物とされています。本州の中西部から四国、九州などで見られる花です。日本ではいつぐらいから知られるようになったかですが、平安時代の書物の中に別の名前で登場しています。

その当時からウグイスの意味の言葉がその花に付けられていました。江戸時代の有名な農学書にも記載されています。その農学書にはウグイスが鳴くころに花を咲かせるとして記載されています。華道の世界では季節の花を準備するのが重要なポイントになります。春の花としてはこの花を良く用いていたようです。鑑賞用としても使われますし、自生している様子を見ることもできます。

ウグイスカグラの特徴

テキスト引用
ウグイスカグラは、落葉性の低木です。スイカズラ科スイカズラ属の植物ですが、カズラではありません。名前の語感がカズラと似ていることから、つる性の植物ではないかと誤解されることがありますが、落葉性の低木です。カズラ

ウグイスカグラの特徴ですが、生物学上の分類としては被子植物、双子葉植物、キク亜綱、マツムシソウ目、スイカズラ科、スイカズラ属に該当します。落葉低木の種類になります。別名としてウグイスノキと呼ばれることもあります。

樹高は1メートルから高くなると3メートル近くなることもあります。茎があるよりも木として見られることがあり、株もとからどんどん枝を出して茂っていきます。春に花が咲きその後に果実が実ります。花が咲く時期としては4月から5月ごろになります。

淡いピンク色の花で、星のように5つに開きます。すべてが開き切るのではなくラッパのように開きます。これはスイカズラの特徴でもあります。この花の後に果実ができます。楕円形で6月の梅雨のころになると赤く熟してきます。実は食べることができ甘みを感じることができます。

この実も非常に美しいことが知られています。最近は園芸用の品種が出回っています。原種はピンク色がおもでしたが、改良されたものには白っぽい色のものもあります。葉っぱは楕円形をしていて、向かい合って生えるタイプになります。対生の植物になります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

きれいな楕円の葉なので、ノコギリ葉などのようにとげとげとしているわけではありません。葉の裏側にはけが生えています。この葉の縁は通常は緑色ですが、少しずつ赤みを帯びてくることがあります。花、実、葉も楽しむことができる花になるので、いろいろな用途に使うことができそうです。

ウグイスカグラの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ウグイスカグラ(…

    ウグイスカグラ(鶯神…

    きゃらめるでございます。ウグイスカグラ(鶯神楽)(の花素材です。開花時期は、春で、スイカズラ科ス…

    0

    1,156

    404.6

このまとめのキーワード

「ウグイスカグラ」に一致する植物図鑑

「ウグイスカグラ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,109view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

14,685view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

15,442view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,580view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

6,073view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

8,480view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,283view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,835view