• アークトチスの育て方・栽培

アークトチスの育て方・栽培

アークトチスの育…

出典:育て方ラボ

アークトチスを栽培するときの環境として適しているのは日当たりが十分あるところです。アフリカでも南部から中央部分とされています。日差しの強いところでどんどん伸びていく花になります。花によってはあまり日差しが強いところに弱い場合がありますが、この花は1日を通して日当たりがあるところが良いとされています。

アークトチスの育てる環境について

テキスト引用
アークトチスの育て方としては日当たりやはり必要になるでしょう。一日を通して日当たりが確保できる場所に置いてあげるようにしたいです。この植物の場合は日当たりが不十分だと成長にも影響がでてきてしまいますので注意

午前中だけ日差しがあるなどだと少し物足りないかもしれません。庭が南向きであったり、マンションのベランダが南向きであれば日差しが常に当たるのでちょうどよいかもしれません。日当たりが不十分だと成長するのが難しくなることがあります。

雨などが多くて日差しが少ないと花が咲かないこともあるので注意しなければいけません。日本では1年草の扱いにされることがありますが冬越えをすることができれば数年にわたって楽しめる場合があります。寒さには決して強くはありませんが一定の耐寒性があります。本州であれば屋外に置いていても冬を越すことができるとされています。

雪が降ったり積もったりする寒冷地は寒さがより強くなるので屋外では育てるのが難しくなるかもしれません。5度や10度を下るような場合には自宅内に入れることで寒さ対策をすることができます。室内に入れるときには日当たりがあるところに置くようにしないといけません。窓際においておけば日当たりも確保することができます。状況に応じて置くところを変えればうまく育てることができるでしょう。

アークトチスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
アークトチスは寒さには強い植物ですが、高温多湿にとても弱いのが特徴です。ですからそうした事も頭に置いておく必要があるでしょう。特に水やりはそういった部分に直接影響を与えることもあるため気をつける

アークトチスの育て方としては種付けの方法を知っておくようにします。日本で育てるときに気をつけないといけないのが高温多湿に弱いところです。日本は高温多湿として知られています。この気候で弱ってしまって枯れてしまうこともあります。水やりをするときにも大きく影響することがあります。水は植物にとって必要です。しかし過剰に水をあげすぎるとそれによって傷みやすい場合があります。乾燥気味を好む植物に水をたくさん与えると傷むことがありますが、むやみにあげすぎないようにしなければいけません。

水をやるタイミングとして土の表面を確認します。表面が乾くようであれば少し足りなくなっているので与えます。他の植物からすると乾いていて心配と感じるぐらいまで水を与える必要はありません。少し乾燥気味を意識します。水を与えったときに少しぐったりしているようならしばらくは水を控えるようにします。水を与えないことにより元気を取り戻してくれる場合があります。

水をたくさんあげると水分も多く与えられますが蒸れる状態になります。湿度が上がることで花にとってはあまりよい状態にならないことがあります。水が多すぎた状態は茎がひょろひょろと頼りなくなります。肥料は必ずしもたくさん与える必要はないとされます。地面に直接植えるなら地面から栄養を得ることができるのでそれほど必要ありません。植木鉢に新たに植えるときなどには緩効性のタイプを置き肥するとよいとされます。

アークトチスの増やし方や害虫について

テキスト引用
アークトチスの場合はあまり害虫などもつきませんので育てやすいでしょう。いろいろな害虫がつく植物もありますが、これはそういったことはあまりないようです。害虫がついてしまうと何かと手間もかかりますしお世話も大変ですが

アークトチスの増やし方では、種をまいて増やすことができます。この花は日本の夏に弱いとされます。冬の寒さは適度に耐えてくれます。タネをまく時期としては秋になります。その後冬越しをして春から夏にかけて咲く花を楽しみます。水の管理をきちんと行って湿度が高くなりすぎないようにすれば、夏も越すことができます。雪が積もるような寒いところであれば春に種をまきます。その後に成長をして夏に花をつけることがあります。

寒い地域だと冬越えが難しくなることがあるので注意しなければいけません。花に無理をさせないよう管理しなければいけません。多年草なので株分けをすることもできそうですが、一般的には種まきを行います。こちらの方が確実に増やすことができるとされています。害虫対策では何かしないといけないかですが、この花はあまり害虫がつかないことで知られています。

病気にもかかりにくいので育てやすい花として知られています。害虫や病気などにあまり気を遣わなくてよいとされますが手入れをすることで長く楽しめるようになります。やっておくとよいのが花がらを取り除くことです。花は枯れてきたとしても栄養や水分をどんどん吸収しようとします。他にも花があるのに枯れている花に栄養分が行くのは少しもったいないでしょう。そうならないように枯れてくれば摘み取ってあげます。その後に咲く花が十分に栄養を得ることができるので、長く楽しむことができるでしょう。

アークトチスの歴史

テキスト引用
アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいらしく可憐な雰囲気のある花ですが、キク科という事もありとても身近に感じるのではないでしょうか。見た目だけだと日本的な感じのする植物です。ただこの植物の場

日本ではキクと言えば良く知られた花と言えるでしょう。国の花としても知られています。種類も非常に多く、日本に古くからあるタイプもあれば海外から持ち込まれた種類のものもあります。良く知られているのはたくさんの花びらが広がるようについているタイプです。その他花びらが八重についているタイプも良く知られています。アークトチスは見た目はキクに似た日本でも人気の出そうな花です。原産や生息地を聞くと意外に感じるかもしれません。

それはアフリカの南部だからです。日本に古くから生えていても違和感のない花と言えるかもしれません。南アフリカから熱帯アフリカのあたりに多く見られる花になります。花としては多くの種類があります。歴史上日本に入ってきた最も最初の種類はグランディスと呼ばれる種類になります。比較的新しい時代に入ってきたとされて昭和の初期にはやってきていたようです。

単独で楽しまれることもありますが、寄せ植えとして使われることが多い花です。日本に最初に来たものがシンプルな物だけにイメージが先行してしまうことがありますが、もっと鮮やかなタイプも見ることができます。現在はそれらの種類もどんどん入ってきて、たくさんの種類を合わせて楽しむことができるようになっています。多くの色の種類もあるので自分のイメージに合わせて使いやすい花とされています。シンプルな色、明るい色、クールなイメージの色も選べるようになっています。

アークトチスの特徴

テキスト引用
アークトチスは南アフリカから熱帯アフリカに生息している植物です。その種類も65種類と多く、色についてもたくさんのものを見る事ができるでしょう。また外観は50センチから70センチと小さく、素朴で可憐な花を咲かせてくれる

アークトチスの特徴としては、生物学的にはキクの仲間になります。被子植物、双子葉植物、キク目、キク科、キク亜科、ハゴロモギク属となります。別名としてハゴロモギクと呼ばれることがあり日本的な名前も付けられています。花の色としては黄色であったりオレンジ色などの鮮やかなものがあり人気です。原産がアフリカなこともあり鮮やかなものも多くなっています。

一方で日本で最初に来たものは白っぽい薄い色になります。さらにはコスモスのように淡い紅色のものもあります。茎や葉っぱには白い毛がたくさん生えています。葉っぱは茎にどんどんつくよりも根生葉のものがあります。茎に葉がつくタイプの場合は互生になります。柄がついていて切れ込みが入っています。花が咲く時期としては春に楽しむことができます。

でも暑いところで咲く花だけに春以降の夏にも咲いている様子を見ることができます。花は種類が60種類以上あるとされています。一部は日本にも取り入れられていますが、まだ日本に入ってきていない種類もあるかもしれません。ガーベラと呼ばれる花が知られていますがそちらに似ています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花の大きさは5センチから10センチほどなので咲くと大きく広がってくれます。高さはそれほどありません。茎はまっすぐ伸び、その先に一輪の花をつけます。茎はそれほど太くないので一見か細く見えますが同じ体勢で咲き続けてくれます。現地では多年草ですが、日本では一年草での扱いになります。

アークトチスの育て方・栽培に関連する無料素材

  • アークトチス

    アークトチス

    アークトチスの写真です。花びら自体はガーベラのようですが、キク科ということもありはやり花びらがと…

    0

    1,105

    386.75

このまとめのキーワード

「アークトチス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,678view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,035view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

33,321view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,299view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

8,429view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,524view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,722view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,693view