• びわの育て方・栽培

びわの育て方・栽培

びわの育て方・栽…

出典:育て方ラボ

ビワを栽培するときの環境ですが、寒い地域よりも温暖な地域の方が良いとされます。中国の南の地域が原産とされ、日本でも広く栽培されていますが寒い地域ではあまり見られません。木としては成長しても花が咲かなかったり実をつけない場合もあります。

びわの育てる環境について

テキスト引用
ビワは中国系移民によってハワイに持ち込まれた他、日本からイスラエルやブラジルに広まりました。現在の生息地は広範囲に渡り、トルコ、レバノン、ギリシャ、イタリア南部、スペイン、仏南部、アフリカの北部等でも

栽培農家が多いところとしては長崎、千葉、鹿児島などとされています。温暖な気候のところで栽培がしやすいことがわかります。冬の最低気温がマイナス10度ぐらいまでなら何とか生育、結実することができるようですが、北海道では寒い時期が長いだけに花が咲きにくいこともあります。

木として植えることになるでしょうから最初にどこに植えるかで将来の状態が変わることになります。日光を好むことから日当たりのいいところを選んで植え付けるようにします。実をつけたい場合は花をきれいに咲かせる必要があります。

花が寒さに当たると良くないとされています。木が育ったとしても実をつけることができないくらいの寒さのところでは植えても葉っぱと木を楽しむくらいになるかもしれません。植える場所がなくて日当たりのよいところを選べないことがあります。

この時には半日陰状態の所も育てることが可能です。隣の家の影がある、自宅にある別の木が邪魔をするようなときに日当たりがあまり良くないことがあるかもしれません。日陰でも花は咲き実をつけることができます。しかし果実の味に少し変化が出るかもしれません。甘さが少し足りないと感じることがあります。

びわの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ビワの育て方としては、栽培種を蒔くと簡単に発芽させることができます。葉の形や色も良いので観葉植物として楽しむことが出来ます。その場合は、生長が速いので、剪定しながら小型に育てる方法が良いでしょう。実生苗の結実

ビワの育て方として種付けがあります。将来的に花を咲かせて実をつけたいと考えるなら栽培種と呼ばれる種を用意します。これは一般的に果実から得るものではありません。スーパーなどで購入すると大きな種が入っています。それをまくとどんどん成長するかですが発芽もしない場合があります。通常は果実には発芽抑制物質が含まれていることが多いです。ビワも同様で、食べた後そのまま土に埋めたぐらいではその物質により発芽せず、結局分解されてしまうことがあります。

栽培種は発芽をするために発芽抑制物質をきれいに洗浄してあります。ですから発芽がしやすくなっています。実がなるかどうかはその土地によっても異なりますが、花が咲かないと実はつきません。10年ぐらいはかかるといわれるのでじっくりと待って育てるしかないでしょう。地植えをすることが多いでしょうが、種をまいてから発芽までは計画的に水やりをしてあげます。

表面が乾いたときに十分に水を与えます。ある程度の大きさになれば地植えの場合は水やりは不要になります。夏場に日照り状態で水分が少なくなっているようならたっぷり与えてもいいでしょう。特にやりすぎなどを考える必要はありません。肥料は寒い時期に有機質の肥料を与えます。速効性の強いものを与えます。秋の9月ぐらいに与えることもあります。これにより花の付き方が変わることもあります。肥料はあげすぎに注意しないといけません。花が付きにくくなることがあります。

びわの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は実生や接木ですが、挿し木でも可能です。摘果後に袋かけをすれば、病害虫による被害を防ぐことができます。1果ごとに袋かけを行い、茂木では1果房ごとに袋かけをします。害虫としては、キクイムシというカミキリムシ

ビワの増やし方として理想は食べた果実の種をまくことでしょう。たくさんの実があればたくさん増やすことができそうです。しかし果物の種をそのまままいて育てるのは非常に難しいとされています。なかなか成功させることができない場合があります。一般的な増やし方としては接木があります。台木を用意してそちらに継ぎ木をすることで増やすことができます。時期としては2月から3月です。種から増やすことができないわけではありません。その時には種をしっかり洗浄し、乾かすようにします。

それによって発芽抑制物質を抑えられる場合があります。害虫対策として気をつけないといけないのがモモチョッキリと呼ばれる虫です。成長期などに増えるわけではなく実に付くことがあります。厄介なのは果実に穴を空けることがあります。空けられてしまうと食べられなくなります。この虫を追い払うために殺虫剤をまくと食べるときに心配になります。そこでネットをかけたり袋をかけたりして虫を防ぐようにします。それで抑えることができます。

果樹を育てるときに重要になることとして剪定があります。方法を誤るとせっかくの木に実がならなくなることがあります。特に選定に気を付けることはなく、普通にしておくだけで自然に育てることができます。前年に付いたから今年はつかないなどのことはありません。ですから触ることはありません。生い茂ってしまって大変なときも不要な部分を切っても問題ありません。

びわの歴史

テキスト引用
枇杷(ビワ)は、中国南西部原産で、バラ科の常緑高木です。日本には古代から持ち込まれています。インドにも広がっており、非常に古い涅槃経と呼ばれるなどインドの古い仏典の中に登場しています。その中で枇杷は大変優れた

びわは果物の一つとしても知られています。季節になるとスーパーや果物店で売られているのを見かけます。それ以外に町の住宅などにたくさん実がなっている様子を見かけるかもしれません。もちろんそれぞれの自宅でなっているものも美味しく食べることができるはずです。歴史としては、原産は中国南西部とされています。日本にも古くから持ち込まれ、古代にはすでに日本に伝来していたとされています。中国から日本だけでなくインドや東南アジアなどにも広められたようです。

インドに古くに伝わったことはインドの古い仏典の中に登場することでわかっています。薬としての薬効があるので、食用よりも薬として使われていたようです。生息地は中国をはじめとしたアジア地域です。アメリカやヨーロッパなどでは見ることができません。古くからのいわれとしてはいろいろな逸話に登場することがあります。医療施設などで葉っぱを利用した療法が行われていた事が記されています。

今多くのお寺などで気が植えられて実がなっていることがありますが、古くから葉っぱに薬効があるといわれたことからとされています。お寺は単にお経を唱えるだけでなく、庶民の問題点も解決してくれる場所でした。何かいいものがあると取り入れられるのがお寺でした。葉っぱだけでなく実などにも一定の効果があることからどんどん栽培されるようになり、広まるようになります。いい役割があるだけにそれに反する考えなどもあるようです。

びわの特徴

テキスト引用
ビワは晩秋から冬にかけて開花し、初夏に果実が成熟します。自家結実性があり1本でも受粉するので、受粉樹は不要です。葉は互生しています。葉柄は短く、その形は20センチ前後の長楕円形となっています。葉は厚くて堅く、その

ビワの特徴では、園芸上の分類としては果樹になります。高木まで成長することがあり、樹高は2メートルから5メートル近くになることもあります。果樹によっては受粉樹が必要になることがありますが、こちらは一つの木で受粉を行うことができるので一本で実がつけられるようになります。

日本全域でみられるもののあまり寒い地域では見られないこともあります。耐寒性は決して強い方ではありません。耐暑性はそれなりにあるので、夏の猛暑でもきれいな葉っぱをつけ続けてくれます。常緑樹なので冬でも葉っぱが落ちることはありません。

生物学の中では被子植物、真正双子葉類に分類されます。バラ類、ナシ亜科、ビワ属になります。葉っぱの生え方としては互生しています。葉の大きさは20センチ程度で長い楕円形になっています。比較的厚くてかたい葉っぱが特徴になっています。常緑樹なので葉っぱのイメージが強い木ですが、花が咲いてそのあとに実をつけます。

花が咲くのは一般的な植物とは異なり寒い時期です。11月ぐらいから2月ぐらいとされています。決して目立つ花ではなく、小さい5枚の花弁がついた花をつけます。小さいだけに一つの木にはたくさんの実をつけることになります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花が終わった後に実をつけますが、受粉はその木のみで行えます。自家受粉も可能です。実がなるのが初夏にかけてになります。オレンジ色の卵形をしたものがたくさんついている様子を見かけます。果実自体は偽果です。

びわの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「びわ」に一致する植物図鑑

「びわ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

10,687view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,146view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

15,600view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

16,761view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,191view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

1,741view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

2,672view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

3,144view