• ビデンスの育て方・栽培

ビデンスの育て方・栽培

ビデンスの育て方…

出典:育て方ラボ

ビデンスを栽培するにあたって良い環境は日当たりのいいところになります。1年中日当たりのあるところでも構いません。半日陰など一部が日陰になるくらいなら良いですが、完全に日陰になるところとなると花が咲かなくなることがあります。

ビデンスの栽培、上手な育て方

テキスト引用
種付けは春なら3月から5月くらい、秋なら10月下旬までに行います。ポットに種付けをした場合は本葉が5枚くらいになれば8号鉢に3株くらいの目安で植え替えるようにします。 ビデンスは日

草自体は伸びますがよれよれで力ない状態になることがあるので必ず日が当たるところで育てるようにします。耐寒性は種類によって異なるので一概には言えませんがないものだと冬に枯れてしまうことがあります。一方で冬に特に対策をしなくても耐えてくれるものもあります。元気に花を咲かせているタイプもあります。

花の特徴を一つと考えず、その中のどの種類に該当するかを知っておく必要があります。園芸店やホームセンターでは育て方、育てるのに良い環境などが示されている場合があります。冬でも管理がしやすい、冬に家の中に入れた方がいいなどと記載されていることがあるでしょう。

水はけは良いところが好まれます。あまり湿っているところ、水が常時たまっているようなところだと育ちにくくなります。冬にもきれいに花を咲かせることがありますが、冬の管理場所として適しているのが南向きの場所です。南向きは一日を通して日差しを受けることができるところです。寒くても日差しによって暖かく育てることができます。庭の中にはどうしても湿気が多いところがあります。この時は盛り土などをします。少し土を変えることで育てられる場合があります。

ビデンスの増やし方

テキスト引用
ビデンスは開花後の種を採取してまた種付けを行う方法のほかに、株分けや挿し芽で増やすことができます。株分けをするときは植え替えを兼ねて行うようにします。根ごと鉢から抜いて周りの土を落とし、はさみなどで株を分けてそれぞれ

ビデンスの育て方として種付けの時の注意があります。水はけのよい場所ならあまり土質は選びません。雑草として育つくらい栄養分も必ず必要とする花ではありません。でもせっかく育てるならそれなりに成長させたいと考えることもあります。この時には用土をうまく配合するようにします。赤玉土の小粒を7割ほど、腐葉土を3割ほど配合するとうまく育てられる場合があります。苗を植え付けるときの適期としては3月から6月ぐらいになります。

多年草などは株がどんどん大きくなるので複数植えるときには間隔に気を配ります。20センチぐらいは最低開けた方が良いかもしれません。新芽の先を摘んで枝数を増やすように管理をします。水槍の方法としては表面が乾いて来たらたっぷり与える方法を取ります。冬は種類によって異なります。冬に花を咲かせているものはその他の季節よりも乾かし気味に管理をします。冬に休眠をするタイプもあるのでこの場合はさらに水を与えないようにしないといけません。

肥料は植え付けをするときに緩効性のものを混ぜておきます。その後は追肥を行います。1箇月に1度程度液体肥料を与えて管理をしていきます。多少荒れたようなところでもどんどん成長するタイプなので必ずしも肥料がいるわけではありません。少なめでも十分育てられます。肥料を与えすぎてしまうと茎や葉っぱがどんどん育つのに花が付きにくくなることがあります。花を楽しむためにも適度を心がけます。

ビデンスを育ててみる

テキスト引用
ビデンスは丈夫で日当りが良い場所で管理をし、乾燥しない程度に水やりを行っていれば初心者でも栽培することができるような、比較的育て方が簡単な花です。しかも春先や夏に咲く花ではなく秋の終わりごろから冬にかけても可

ビデンスの増やし方としては種まきをすることができます。時期は秋と春に行えます。秋に行うなら9月から10月が良いとされます。春なら3月から4月です。少し寒い、少し暑いぐらいの時期に行っても問題ありません。一年草として管理するときには秋まきにして冬を越すことになります。霜よけをしながら行います。多年草で管理できるものは株分けを行うことができます。植え替えを4月から5月の間に行うときに株の様子を見ながら行います。

掘りあげた時に十分な大きさになっていたら分けるといいでしょう。分け方はそれほど気を遣いません。スコップなどでざっくりと分けることができます。挿し芽を行うときの適期は4月から6月ぐらいになります。茎を目の先から10センチくらい切り取ります。それを用土を入れた容器にさしておきます。乾かさないように管理をしていると芽が出てくるので成長に合わせて植え替えなどをしていきます。

害虫対策として必要なのがハダニです。状況としては高温で乾燥した状態で発生することがあります。真夏に雨があまり降らない状態が続くと高温乾燥の状態になることがあるので注意をします。ハダニと言われるくらいなので小さいこともあり見つけにくいこともあります。葉の裏などをチェックしながら駆除していきます。薬剤などを使うときれいに行うことができます。アブラムシも暖かい時期には多く発生します。新芽に付くことがあるので、よく見て防除します。

ビデンスの歴史

テキスト引用
アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は200種類以上あり、日本で現在栽培されているものはフェルリフォリア種とラエビス種です。

コスモスは漢字では秋の桜と書きます。古くからこう書くと考えがちですが実際はある歌にこの漢字が充てられてそれから使われるようになったとされます。秋に咲く花として定番で桜のようなきれいな色なので違和感なく受け入れられています。ビデンスと呼ばれる花があります。これだけを聞いても花の様子はわかりません。別名はウィンターコスモスと呼ばれています。冬に咲くコスモスの意味になるので非常にわかりやすくなります。

原産地、生息地はメキシコなどとされていますが世界中で見ることができます。種類がそれなりにあるとされていて、今栽培されているものはフェルリフォリア種とラヴィス種がメインになっています。それらの種類の亜種、交配種が世界で見られるとされています。フェルリフォリア種はメキシコが原産になっているのでこの花がメキシコから始まったといわれることがあります。コスモスの名前が付けられていることもあり関連性が気になるところですがキク科であることは同じですが属性などが近いわけではありません。

実際に姿を見ると両方とも菊の雰囲気は持っていながら違いがあります。花の雰囲気であったり咲き方が似ているためにこの呼ばれ方をするようになったとされます。日本では古くから咲いている花としてセンダングサが同じ種類とされています。この花であれば日本各地で広く見ることができます。栽培するよりも雑草として道端でよく見かける花の一つかもしれません。

ビデンスの特徴

テキスト引用
別名を「ウインターコスモス」といいキク科の花です。一年で終わってしまう種類のものもと毎年咲く種類のものもあります。主に栽培されているフェルリフォリア種はメキシコが原産で茎が立つものと這うタイプのものとがあります

ビデンスの特徴は多年草として管理されるもの、1年草や2年草として管理されるものがあります。ウィンターコスモスと言われるくらいで冬にも花を咲かせるとされます。種類があり冬に花をしっかり咲かせるものは何年も咲かせることが可能です。しかし春から秋ごろまで咲いてその後に枯れてしまうタイプは1年草になります。

草の高さは雑草のように生えているものだと10センチ程度です。多年草で十分成長するようになると1メートルぐらいになることもあります。開花時期が種類によって大きく異なるとされます。多年草として管理されるものだと1年を通じて花をつけることもあります。

温暖な地域で育つものになるでしょう。その他1年草として管理されるものだと春くらいから夏、秋の終わりごろまで咲くものがあります。ウィンターコスモスと言われますが冬を越せない種類もあります。耐暑性は強いタイプですが必ずしも耐寒性があるわけではありません。冬を越しているのは暖かい地域での実績になります。花の色はいくつかありますが良く知られているのが黄色と白のコントラストがきれいなタイプです。その他ピンク色のものもあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

日本で良く知られているものとしてはひっつき虫として衣服に草の一部がつくタイプがあります。これは種子に当たる部分になります。とげなどがついているものを見かけるでしょう。花を知らなかった人もいるかもしれません。花は5枚の舌状花が周りにあり真ん中に筒状花が付きます。

ビデンスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ビデンス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

8,026view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

5,925view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,601view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

13,790view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,452view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,098view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

32,769view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,632view