• シスタスの育て方・栽培

シスタスの育て方・栽培

シスタスの育て方…

出典:育て方ラボ

では、実際に家で育てるにあたっては、どういう環境づくりをこころがけたらよいのでしょうか。植物を育てるときの環境づくりの基本は、原産地の環境にできるだけ近づけてあげることです。先ほど申し上げた通り、シスタスは一般的にヨーロッパの岩場などの日当たりがよく、乾燥した環境を好んで成長します。

シスタスの育てる環境について

テキスト引用
シスタスを育てる際には、きちんと環境に配慮してあげなくてはいけません。特に、鑑賞時期が秋から冬にかけてになりますので、直射日光などをたくさん浴びせないように気をつけましょう。そして、出来る限り庭にそのまま育てるのではなく

日本はヨーロッパに比べてはるかに高温多湿なので、何も配慮せずただ植えるだけでは、うまく育てることができないどころかあっという間に枯れさせてしまいます。特に夏場はシスタスにとってはとても育ちにくい環境になります。

初めてこの花を育てるときは光と水分、温度と湿気に気を付けてあげればうまくそだてられるでしょう。日陰よりは日向に植えて、しっかりと太陽の光を浴びせてあげましょう。土を選ぶときは水はけのよさがとても重要になります。これを心がけるだけでも花の寿命はとても長くなるのでぜひ参考にしてください。

また花はいくつも咲くので、群れさせないように注意して植える必要もあります。あまりにたくさん植えてしまうとうまく育たないのもそうですが、せっかくの香りがきつくなりすぎてしまうので、最初は少しずつ育てるといいでしょう。花の色はピンクや白など様々あるので、いくつかの種類を一緒に植えると、咲いた時の見栄えが素敵になります。以上がシスタスを育てる環境に必要なことです。ヨーロッパの気候に近づけてあげる、ということを押さえておきましょう。

シスタスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
シスタスは、聖書に登場する花として、大変有名です。特に、ヨーロッパ地方では大変人気で、数多くの園芸品種があります。ピンク色などが一般的ではありますが、中には白色などの花をつけるものもあり、それらはスノーホワイト

では実際にシスタスを種から育てるときに気を付けるべきことにはどういったてんがあるのでしょうか。次は実際にガーデニングでの育て方についてです。室内でも室外でも育ちますが、うまく育つと2mくらいまではあっという間に伸びてしまうので、屋外のほうが無難でしょう。

外のほうがたくさん植えられるので、開花した時の見栄えも大変良いです。この植物は通年育ち、花も様々な時期に開花しますが、主な開花時期は初夏なのでどちらかというと春先に植えておくとよいです。ちなみにシスタスは8月9日の誕生花なので合わせて覚えておくといいでしょう。鉢植えで育てる際は水はけのよい土を選び、夏期以外は日のよくあたるところに置きます。夏期は風通しの良い半日陰のほうがよく育ってくれます。

なお、緩効性の肥料を少量入れてやると、さらにすくすくと育ってくれますのでぜひ入れましょう。水やりについては用土の表面が基準になり、土の表面が乾燥して来たらたっぷりと水をやります。種類にもよりますがヨーロッパの気候に対応しているシスタスは、比較的寒さには強いほうで、おおよそ氷点下数度くらいまでなら平気です。

したがって年間を通して育てる際は寒さよりも暑さについて細かく気を遣ってあげてください。夏場にうっかり世話を怠ってしまうと、一気に元気がなくなり枯れてしまします。以上のことに気を付ければ普段はあまり神経質にならなくてもしっかり育ってくれるので、初心者でも十分に育てられます。

シスタスの増やし方や害虫について

テキスト引用
シスタスは、大きくなると2メートル前後まで成長をする花になります。その香りが独特な事から、日本ではアロマオイルとして大変人気があります。園芸品種もとても多く、ピンク色や白色、そして藤色などもありますので、様々な

シスタスは小さくてかわいいたくさんの花を咲かせるので、群れて窮屈になったら適宜植え替えをしてあげましょう。植え替え時は種付けとおなじく、水はけのよい用土選びが大切です。花が枯れた後は種もできるので、新しく育ててもいいでしょう。

増やし方はさほど難しくありません、自分でアロマオイルを抽出する場合は大量の花が必要になるので、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。ヨーロッパでも屋外が基本で、広いスペースにたくさん植えます。それらが一気に花を咲かせる姿はとても素敵です。スペースが許す限りたくさん増やしてあげましょう。一方で、害虫対策に関してはかなり気を付けてあげないといけません。

先述の通りシスタスは日本の高温多湿な夏がとても苦手です。しかも夏は害虫が発生する時期でもあるので、油断すると一気に枯れます。屋外にて育てることが多いと思うので、害虫も発生しやすくなります。シスタス自体は比較的強い植物ですので、発生した害虫を一匹ずつ駆除するよりは、肥料などを夏場にしっかりとあげて植物自体を丈夫に育ててあげるほうが効果的です。あわせて、少量なら市販の駆除剤を撒いてあげても良いでしょう。

高温多湿な夏場にしっかりと育ててあげることができれば、それ以外の季節は十分に育てることが可能です。勝負は夏場ですので、愛情と肥料をしっかり注いでやってください。以上がシスタスの基本的な栽培方法です。たくさん育てて見事な花を咲かせましょう。

シスタスの歴史

テキスト引用
シスタスは、ロックローズとも呼ばれる花になります。大変小さくて可愛らしい事から、ガーデニングをする人に大変人気があります。主に原産地はスペインになります。香りが大変独特で、ムスクに似たところがある事から、昔から

シスタスという花をご存知でしょうか。シスタスは別名「ロックローズ」とも呼ばれるピンク色の花で、原産地は主にスペインですが、ヨーロッパ、北アフリカなど、非常に広範な地域を生息地とし、幅広く分布しています。ガーデニングで育てている家庭も多いです。

シスタスに関する文献は古くから存在し、キリスト教の聖書にもその名前は登場しています。花の可愛さと、後述する香りのよさも相まって、ヨーロッパではとても人気の高い花のひとつです。シスタスの学名は古いギリシア語が由来のClstuslabdaniferus、ハンニチバナ科の花です。ロックローズとは呼ばれていますが、バラ科ではありません。

ムスクにも似ているといわれるシスタスの香りは大変独特で、現地では香料としても重宝されてきました。現在では主にアロマオイルとして用いられるので、この花を育てた経験がなくても、アロマオイルが趣味の方はご存知かもしれません。花の香りには不安や緊張、怖れといった気持ちを和らげる効果があります。嗅覚に限らず、そのかわいい花は視覚をもしっかり刺激してくれます。

和名はゴジアオイで、ゴジは午時と書きます。これはシスタスの、正午前後数時間の間に花を咲かせる性質が由来となっています。なお、花言葉は「人気」です。ガーデニング等で育てるときや、育てた花を誰かにプレゼントするときは、この花言葉を意識するといいでしょう。育て方もそこまで難しくありません。

シスタスの特徴

テキスト引用
シスタスの特徴は、なんと言いましてもその独特な香りになります。ムスクに似た香りを放つ事から、もしかしたら苦手だという人もいるかもしれません。その香りの良さから、アロマオイルとしても大変重宝されております。少し

シスタスの特徴といえばやはり、まずはその独特な香りでしょう。その香りはムスクに似ているといわれています。ムスクは荒涼として昔から大変人気ですが、それ以上に貴重なため、ムスクの代替としての需要も相まって大変な人気を得ました。

その香りは嗅いだ人の感覚を刺激することで、忘れてしまった記憶を取り戻すことができるともいわれています。忘れ物をしたときなどにふと嗅いでみるといいでしょう。香り成分を抽出してオリジナルのアロマオイルにする方もいらっしゃいます。香りの好みは人それぞれなので、一度花屋さんなどで実物の香りを堪能してみましょう。さて、香りに負けず劣らず特徴的なのはその花びらです。

シスタスはピンク色の小さな花を咲かせますが、形のかわいさからスノーホワイトとも呼ばれています。先述の通りロックローズとも呼ばれますが、古くから人気の花は様々な愛称で親しまれていますね。花びらは小さいので強い風はとても苦手です、花が散ってしまうこともあるので育てる際には注意しましょう。花びらの質感ですが、きれいな紙を少しくしゃくしゃにしたような印象をうけます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

うまく育てることができれば、太陽の光を浴びて正午前後に咲きますが、花自体は一日しか咲きません。一見すると枯れてしまったかのように見えますが、新しい花が次々と育って咲いていくので心配しないでくださいね。生息地は主に産地で、岩場でも咲きます。ロックローズたる所以ですね。

シスタスの育て方・栽培に関連する無料素材

  • シスタス

    シスタス

    きゃらめるでございます。シスタスの花素材です。開花時期は、夏で、英語名を、rock rose と…

    0

    329

    115.15

このまとめのキーワード

「シスタス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

8,458view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

3,506view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

2,508view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

3,563view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

1,741view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,546view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,115view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

3,277view