• アプテニアの育て方・栽培

アプテニアの育て方・栽培

アプテニアの育て…

出典:育て方ラボ

アプテニアを栽培するときの環境ですが、アフリカ原産となっていますから暖かいところに置くのがよさそうです。日当たりが良いところが良く、日陰などでは日差しが得られないことになるので注意しないといけないかもしれません。

アプテニアの育てる環境について

テキスト引用
生息地としてはアフリカ南部とのことで暖かいところが良さそうです。日当たりについてはきちんと当たるところで育てるようにします。茎が伸びてその先に花を咲かせるタイプではありません。地面から直接花が咲いているようにも

この花は茎がどんどん伸びるタイプではありません。高く伸びてそこで花を咲かせるのではなく、地面の近くで葉っぱの上にちょこんと花が咲くようなタイプになります。その他の植物などが周りにあるとそれらの陰になってしまって育ちにくくなることがあるので注意が必要になります。単独で育てる場合には問題ありませんが、他の植物も一緒に育てようとするときには場所をうまく考えながら行うようにします。

植木鉢などを使うなら他の植物より少し高めのところに置くことによって陰にならずに済ませられるかもしれません。原産地では自生していますからもちろん地面に直接植えても構いません。管理の仕方としては植木鉢に植える方が行いやすい場合があります。夏の暑さにはそれなりに耐えてくれますが、冬の寒さはあまり強くありません。

寒くなる地域、季節によっては家の中などで保管をしながら育てないといけない場合があります。それが行いやすいのが植木鉢での管理と言えます。冬であったり春などに霜が降りるところは育てるのが難しいとされています。寒い地域の場合は家の中に入れる、家の中でも窓際に置くなどによって育てることが可能になります。対処により雪が降っても何とか耐えられます。

アプテニアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培をする時、育て方としては用土についてはどのようにするかです。この土の状態によって水はけであったり、栄養分の吸収の仕方などが変わってくるので花の育ちも変わってくるとされています。土に関してはあまり

アプテニアの育て方として種付けをどう行っていくかがあります。用土選びをしていくことになりますが、特にどの用土でないといけないなどはありません。通常なら栄養分が豊富であること、水はけがよい、粘土質が良いなどが求められます。特にそれらの条件がありません。花の土が余っていればそれらをうまく活用するとよいかもしれません。配合を考えないといけない場合細かく分けないといけない場合もあるので、何もしなくていいのは育てやすい植物の中では重要になります。

土を選ばないといっても痩せている土、湿った土はあまり好みません。ごくごく一般的に売られている花の土を使っておけば間違いはないでしょう。アフリカで自生しているだけに水分が必ず必要なわけではありません。乾燥に強い植物とされています。多湿はあまり好まない植物です。緑が鮮やかなので逆のようですが、多肉植物は乾燥に強いタイプは良くあります。

水やりとしては、植木鉢には表面の土が乾いたときに与えるようにします。他の植物に毎日与えているからと一緒に毎日与えてしまうことがあるかもしれませんが、あまり上げすぎると水のやりすぎになります。そこから根腐れの状態になってしまう場合があります。水切れは水を入れればよいですが根腐れは根をつぶしてしまうので注意が必要になります。肥料は必ず必要なわけではありません。与える余裕があるなら液体肥料を少し与える程度にします。肥料を与えすぎると葉っぱの勢いが良くなります。

アプテニアの増やし方や害虫について

テキスト引用
植え替えに関しては、地植えにしているのであれば必要ないとされています。植木鉢で管理するときには一定頻度で行います。増やしていくうちに鉢の中が根でいっぱいになってしまうことがあります。そうすると水分や栄養などを

アプテニアの増やし方は種をまくよりも挿し木を行うことが多いかもしれません。行う時期としては4月から5月ぐらいになります。茎を適当に切り土に挿して置きます。すると根が出てきます。これで増やすことができます。この花を増やすメリットとしてあるのがグラウンドカバーにすることができることです。地面をどんどん這うように広がっていきます。その他の方法として植木鉢を空中につるす方法があります。するとどんどんつるが下に垂れて枝垂れのようになります。そこにも花が付きますから植木鉢の下に花が咲く様子を見ることができます。

土を選ばない植物であることから植え替えの必要性もあまりありません。同じ土を使い続けることができます。ただしたくさん増えすぎている場合は大きめ植木鉢に変更することを考えるようにします。どんどん広がるとすぐに植木鉢に一杯になってしまいます。害虫対策で何か行わないといけないかですが、あまり困ることはありません。

病気にもなりにくいとされています。簡単に育てることができますが、湿気と寒さには気を付けるようにします。花の中にはしっかりと手間をかけることで良く育つ、きれいに育つタイプがあります。一方で手間をかけることでうまく育てられないこともあります。この花はあまり手間をかけられたくない花の種類に該当します。一度花が咲いたら後はそのままにするぐらいでもよいでしょう。育ちすぎることもあるので、増やすときには計画的に行います。

アプテニアの歴史

テキスト引用
花の色はいろいろあります。この色から色が作られることもありますから、色の基本になっていることがあるかもしれません。赤であったり黄色であったり非常に不思議です。その反面葉っぱに関してはほとんどが緑になっています

花の名前はいろいろつけられています。まず学名があり、英名があります。そして和名がつけられることがあります。それぞれは必ずしも一つだけではありません。いろいろな名前が付けられるには歴史があります。植物は種類によって分けられますが、詳しい研究によって元の種類とは別になることがあります。また複数に属するような花もあります。アプテニアと呼ばれる花があり比較的多くの名前を持つ花として知られています。原産地、生息地は南アフリカの東部とされています。

アフリカは乾燥して暑いイメージがありますが、南アフリカはかなり南になります。灼熱地獄のような暑さではなく、日本に近い部分もあるかもしれません。名前としてより知られるのがベビーサンローズです。全く違う名前なので同じ花だとわかる人は少ないかもしれません。日本では和名で売られていることもあります。ハナツルクサと呼ばれています。いつ頃日本にやってきたかはわかりませんが、アフリカからは多くの花が来ています。

主に明治時代から昭和の初めころに伝えられることがあります。南アフリカから直接来るよりはヨーロッパなどを経由してそこから持ち込まれることが多いといえるでしょう。その地で栽培などが難しければ伝えにくくなりますが、気候などがうまく合えば育てることができます。日本で栽培されるときにも同様になります。この花は立派な日本名がつけられていますから、日本になじむ花としてしっかり根付いています。

アプテニアの特徴

テキスト引用
この花については、ナデシコ目、ハマミズナ科となっています。多肉植物です。葉っぱを見ると肉厚なのがわかります。またツヤのあるのも特徴的といえるでしょう。草の高さとしては10センチほどなので非常に低いところに咲く花

アプテニアの特徴として植物学上の分類がります。被子植物、双子葉植物、なでしこ目、ハマミズナ科、アプテニア属になります。葉っぱを見るとわかりますが多肉植物です。葉っぱがぷっくりと膨らんでいるのがわかります。草の丈はそれほど高くはありません。5センチから10センチ程度になります。

花の期間は夏から秋にかけて長く咲いてくれます。花の色は鮮やかな赤色が良く知られていますが、かわいらしいピンク色の花も見つけることができます。花自体の大きさは1.5センチ程度の大きさです。別名の方が良く知られている花で、別名の方が実際の花をイメージしやすいです。多肉植物なので鮮やかな緑色の葉っぱを備えています。

その葉っぱの上に赤い花びらを備えた花が咲きます。小さいですが非常に目立ちます。花弁はとにかくたくさんあります。5枚や6枚どころではなく何十枚の細い花びらが中央から延びています。たくさんの花びらがありますが、それほど長くはないので垂れ下がることはありません。すべてピンと外側を向いてくれています。葉っぱは花よりも少し大きめのものが茎についています。楕円のような形をしています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

外側に広がるのではなくて器のようになっているので雨が降ったりすると水がたまるようになることもあります。葉っぱは光沢のある葉で、葉っぱだけを見ても楽しむことができるといえます。もちろん小さい花が咲いている様子を楽しむことも可能なので楽しみ方がいろいろあります。

アプテニアの育て方・栽培に関連する無料素材

「アプテニア」に一致する育て方

  • アプテニア

    アプテニア

    アプテニアの育て方を紹介します。アプテニ…

    748

    0

「アプテニア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

5,716view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,076view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

6,311view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

6,518view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,762view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

4,135view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

10,746view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

22,461view