• バーゼリアの育て方・栽培

バーゼリアの育て方・栽培

バーゼリアの育て…

出典:育て方ラボ

バーゼリアの育て方の環境として特に何をしないといけないと言うこともなく、他の植物などに比べると基本的なこと以外特に難しいものではないです。ですから初心者の方でも簡単に育てることができる植物です。しかし、夏の暑い時期に、直射日光を浴び続けていると、バーゼリアは耐暑性がある植物ですが、ダメージを受けてしまいます。

バーゼリアの育てる環境について

テキスト引用
バーゼリアの育て方について書いていきます。ポイントとしては、この植物の耐暑性や耐寒性という性質を把握して、置き場所をきちんと考えることが重要です。まずは、その性質についてです。耐暑性が非常に強いので、戸外でも

葉が枯れてしまったり、それに葉が焼けてしまうことがあります。ですからあまりにも日の光が強いところになってくると、一旦避難をさせて室内で飼育したほうがいいです。もともと生息地が南アフリカの植物です。ですから基本的には、暑さに強い植物です。しかし余りにも暑いときは注意をしてあげることがおすすめです。

また、耐寒性もかなり強い植物です。ですから冬の寒い時期に室内で育てる必要もないです。かなり寒い場所の場合は、冬越しをするのが困難な場合もあるので、冬越しが難しいときには、室内で飼育することが基本です。耐寒性としては、気温が0度になっても耐えることができます。しかし霜が付いてしまったら、注意が必要になってきます。ですから霜が付く時期などは室内に避難をしてあげるといいです。

他の植物よりも極端に気を使うことはないですが、あまりにも暑い環境で直射日光にさらされてるなどになると、葉が焼けたり枯れたりしてしまいます。枯れたり焼けたりした部分を取り除いたらいいですが、一度焼けてしまったりすると成長するまで元に戻らないので注意をしてあげます。

バーゼリアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培方法としてポイントになるのが、水やり、肥料、種つけの3つです。肥料について書いていきますが、水はけの良い用土を使って適宜与えることが重要です。その際は固形肥料ではなく液体肥料を使うと良いです。最適な置き場所

バーゼリアを育てるための栽培方法のポイントは、水やりと肥料と種つけの3つになります。丈夫に育てるためには、まずは水はけのいい土に植えてあげます。そして肥料を固形の肥料を与えるのではなく、液体肥料をあたえることがおすすめです。

水はけのよい土に日当たりのいいところに置くことがおすすめです。乾燥気味になってしまうと弱ってしまいますので、注意が必要です。冬以外の春から秋にかけては外で育てることが一般的です。しかし乾燥には気をつけないといけないです。どうしても定期的に面倒をみるのが出来ない方の場合は、室内で育てることもできます。

その場合には、日の光がしっかりと浴びることができる室内の中でも明るいところに置くことがおすすめです。室内でも乾燥する時期には、水やりは気をつけてあげます。水が少なくて乾燥状態が続いてしまったりすると、ドライの状態になってしまって枯れてしまいます。ですから枯れてしまわないように、土の表面が乾いてきたときに、水をたっぷりと与えてあげます。

また冬の水やりは、バーゼリアが休眠状態になっているのであまり水をあげないようにします。冬の休眠のときに多く水を与えていると、活発になってしまって、開花の時期などが早くなってしまいます。通常よりも早い時期に花が咲くのは長く楽しめそうですが、冬の時期に開花してしまうと、弱い花になってしまいます。元気な花を咲かせるには、やはり春が一番です。種付けは、花と花をくっつけて受粉をさせるのが一般的です。

バーゼリアの増やし方や害虫について

テキスト引用
バーゼリアの害虫と増やし方について書いていきます。害虫は特にありませんので、特別な対策は必要ではありません。しかしながら、夏頃になると、アブラムシが発生することがあります。アブラムシは繁殖力が非常に強く、毎日

バーゼリアには目立った害虫はないです。しかし夏ごろになってくると、どうしても時期的が害虫が増えてその中でもアブラムシが発生する場合があります。アブラムシは少しの量を見つけたとしても、すぐにかなりの数になってしまうので、被害が拡大してしまう前に駆除をしておくことが大事です。

アブラムシは特に葉を食べたりすることはないですが、茎の汁を吸って花を弱らせてしまうので、早めの駆除をおすすめします。特に病気も決まったものはないです。また増やし方については、さし木で増やすことができます。さし木を行なう場合には、新しく育った枝がおすすめです。そしてその新しい枝を切って、葉も数枚にしておきます。

そして水はけのいい新鮮な用土にさしておきます。挿す環境は、あまり直射日光の当たらない場所で育てます。まずは成長するために、直射日光は必要ないので、育ってきたらゆっくりと日に当ていきます。また水やりはこまめに行ないます。乾燥したりすると、根が出にくくなるのでできるだけ水を与えて乾燥しない環境にしてあげます。芽や根が伸び始めたら成長のために液体肥料を徐々に与えていきます。

あまり焦って早めに土に植えなおしたりしないで、ゆっくりと大きくなるまで待ちます。そして植え替えの時期なども寒すぎるときや暑すぎるときなどは避けて、植物に負担のかからない状態のときに植え替えたり、また挿し木を行なうことが大事です。そしてゆっくりと成長を見守ります。

バーゼリアの歴史

テキスト引用
バーゼリアは南アフリカを原産地としています。この南アフリカからヨーロッパに移って日本に渡来しました。南アフリカで生息していたものをヨーロッパに持ち込まれて、イギリスのヴィクトリア朝時代でもっとも人気を博しました

バーゼリアは南アフリカで栽培されていて、原産地です。ブルニア科ベルゼリア属に属します。生息地が南アフリカで、それがヨーロッパに持ち込まれて、ヴィクトリア朝時代のときに人気になった植物です。バーゼリアは南アフリカからヨーロッパに移って日本に渡来しました。開花したときに白い花が咲いて可愛らしい形なので人気です。

花は普通の花のような形ではなく、ボンボンの花に似ています。また開花をしたときの香りも特徴的です。現在は栽培はオーストラリアで行なわれていて、今は日本に輸入されていることが多いです。開花時期は4月から5月ぐらいの時期で、花の色は白い色です。針葉樹に似た針状の短い葉を互生しています。花言葉は情熱です。

丸くて可愛いらしい姿が、心の中に芯を持っているような印象を与えています。また小さな勇気という花言葉は、白い花がたくさん咲く様子から名付けられています。最近は鉢植えでもよく見かけるようになってきています。バーゼリアは耐暑性にすぐれていて、耐寒性も非常に強いです。ですから夏でも冬でも野外で育てることができて、育てやすい植物です。また増やす場合には、種付けではなく、さし木で増やすことが可能です。

さし木をするときには、きれいな用土にさして、直射日光を当てることなく、そしてしっかりと水分を与えてあげることが大事です。乾燥には気をつけて、水を与えてあげます。そして成長してきたら、ゆっくりと日なたに持っていきます。あまり暑い日差しは避けるようにすることが大事です。

バーゼリアの特徴

テキスト引用
バーゼリアのいくつかの特徴を挙げていきます。植物としては、常緑低木に分類されます。開花時期としては、春頃です。4月から5月にかけてが最も咲く時期です。晩秋になると、つぼみがつきます。その状態がしばらく続いて春になってそのつぼみがふくらみます

バーゼリアの特徴は常緑低木に分類されます。ブルニア科ベルゼリア属に属します。ベルセリア属の植物は、非常に種類が多くて、その数は10種以上あります。用途としては、ドライフラワーとして使われることが多いです。またボンボンのような可愛い花を咲かせてくれますが、開花時期は春ごろになります。

4月から5月ごろになると、多くの花がさきます。晩秋になってくると、蕾が付き始めます。そして、その蕾の状態が続いて、春になると蕾が膨らんで花になっていきます。花の形は、ボンボンに似ていて他の花と違って変った形です。白い小さなボンボンのようなものをたくさんつけてくれます。そしてバーゼリアの花の特徴は、時期によって色が変っていくところです。蕾のときは緑色の状態から、花が咲く状態になると白色になります。

またバーゼリアは耐暑性や耐寒性という性質を持っています。ですから寒い時期にも強く暑い時期にも強いです。あまり寒すぎたりする場合は室内に避難させてあげたほうがいいですが、特にあまり敏感になる必要がないです。また暑い時期も比較的育てやすいですが、あまりにも暑い時期になると日焼けを起こしてしまうこともあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ですからあまり日焼けをしないように注意をしてあげることがおすすめです。そして日当たりのいいところを好む性質がありますが、半日日陰の状態のところでも育てることができるので、あまり育てるのに難しいといった植物ではないです。

バーゼリアの育て方・栽培に関連する無料素材

「バーゼリア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

7,929view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

3,937view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,130view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

9,530view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,782view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

4,530view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

3,783view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,700view