• サルビアの育て方・栽培

サルビアの育て方・栽培

サルビアの育て方…

出典:育て方ラボ

栽培をするときの環境では、日当たりを良く好みます。水はけのよい土地であることが必要です。かといって水分が全くないところだと乾燥してしまいます。あまり乾燥を好みません。自然にも自生していますから特に土質をこだわることはありませんが、腐植質に富む土が理想とされています。

サルビア(一年性)の育てる環境について

テキスト引用
サルビアをスクスクと育てる環境は、太陽の光がよく当たる場所がベストです。土の状態も、水はけが良いことも大切です。日あたりをよくすることは大切なポイントとなりますが、状態が乾燥しすぎないことも必要です。土の質については

自然の環境の中にはうまくその環境ができているところもありますが、人工的に作るのは少し考える必要がありそうです。生育するのに適する温度として15度くらいから25度ぐらいになります。ですから日本でも春から秋にかけて適温となります。しかし冬の寒さには強くありません。霜には弱いので、霜が降りる地域では枯れてしまいます。

15度で生育をしますが、何とか5度を割らない環境であれば越冬することができます。温室までとはいかなくても室内に入れておくだけで十分冬を越すことができるかもしれません。暑さには強い方ですが、30度を超えるようになってくると弱ることがあります。

日本では猛暑と呼ばれる暑さになることがありその温度では弱ってしまうことがあります。あまり熱すぎる場合には日当たり以外の場所や少し日陰を作る、朝の間だけ日当たりのあるところなどに置くなど工夫をするとよいでしょう。地植えにすると移動をさせにくくなりますが、植木鉢であれば気候に応じて移動しやすくなります。排気ガスにはあまり強くありませんから、道路沿いに面する花壇などには植えられません。内側に置くようにします。

サルビア(一年性)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
サルビアの植え替えや植え付けについてですが、タネをまくのは、気温もだんだん上がってくる5月上旬位の時期がベストシーズンになります。20℃くらいが、発芽には適切な気温です。タネは、発芽するために光が必要なタイプですから

サルビアの育て方では種付けが必要になります。冬を越すことができれば必要ありませんが、通常は種をまいて育てていきます。ポイントはいつ頃にまくかになります。高温発芽性に該当する花なので3月や4月にまいたとしても全く発芽してくれません。この時期にまくのは良くありません。気温が20度から25度ぐらいになるときに発芽がしやすくなります。日本の本州であれば5月から6月あたりになりそうです。5月の頭だとまだ寒い気候のこともありますから中旬ぐらいから天気予報と相談しながら行うようにするとよいでしょう。

水やりとしては、用土が乾いてきたらたっぷり与えるタイミングで行います。水きれをさせるのは良くありません。地植えなら水分がなくなることはほとんどありませんが、植木鉢だと少し雨がなければすぐに乾いてしまいます。夏なら数日雨がないだけで乾きます。それが原因で枯れてしまって種も取れなくなることがあります。花が咲いた後もきちんと管理をしてあげます。

この花は夏から秋にかけて開花期間が長くなります。それも管理をきちんとした時になります。肥料を与えるタイミングを間違えないようにすればきれいな花を咲かせ続けてくれます。地植え、鉢植えともに定期的に与えるようにします。肥料が切れた状態だと生育が止まり花が咲かなくなります。月に1回程度緩効性の肥料を置き肥します。液体肥料の場合は効果が短期的なので数回行う必要があります。その時の状況で判断しないといけません。

サルビア(一年性)の増やし方や害虫について

テキスト引用
サルビアを育てるにあたって、つきやすい害虫は、アブラムシを筆頭に、ハダニやヨトウムシなどがいます。一般的な他の草花と同じような害虫のメンバーが名を連ねますが、対策は抜かりなくしておくことです。ヨトウムシやアブラムシ

サルビアの増やし方として、1年草とみるなら種を取って増やすことになります。前年に種をとっておき、冬の間は乾燥させて保管をしておきます。そして気温の状態を見ながら植え付けを行います。1年草でありながら挿し芽をすることで増やすことができます。面倒な作業がいりませんからこの方法で行う場合があります。切り戻しをして行う方法、摘心をして苗を作って、成長して来たら植え替えをしてあげます。それによって増やすことが可能になります。

挿し芽をする時期によって管理に気を付ける必要があります。また冬を越すことになるのであまり寒いところに置き続けるのも良くありません。冬を越させる場合には自宅の中に入れる、小屋の中に入れるなどが必要です。害虫対策として行わないといけないのがアブラムシ、ヨトウムシ、ハダニです。他の植物でも問題になりやすい虫でそれぞれで対策をしているかもしれません。その時に同時に行うようにします。アブラムシやヨトウムシは殺虫剤を使います。

ハダニは水まきを行うときに水と一緒に流れてしまいます。乾燥をさせないようにすればハダニは付きにくくなります。殺虫剤が必要な虫は出てきてから行う場合もありますができれば防除するようにします。出る前に行います。出だした時には別のところにも広がって殺虫どころでないこともあります。こまめに行ってあげることで対応できる場合があるので、時期を見計らって防除を庭などに行うようにします。

サルビア(一年性)の歴史

テキスト引用
サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多年生ではありますが、日本国内において扱いは一年性となります。日本では良く、公園などでも栽

サルビアは小学校の時にも栽培することがある人気のある花の一つです。比較的育てやすい花の一つになっています。原産地としてはブラジルとなっています。生息地としてはブラジルをはじめ、ヨーロッパ、アジア、そして日本でも広く見ることができます。サルビアは別名としてセージと呼ばれることがあります。セージとつく言葉として良く聞くのがソーセージかもしれません。このセージと同じ意味です。セージは古くから香辛料としての役割があります。

ソーセージには生肉を香辛料を入れてゆでて作るのでその名前が付けられたとされます。現在のソーセージはいろいろなタイプがあるので必ずしも使われているわけではありません。日本でもあまり食用としての使われ方はしていないようです。サルビアの花言葉としていわれることがあるのが尊敬であったり知恵、家族愛、よい家庭などです。家族の絆には必要な花として長らく知られているといえます。花言葉がつけられる時にもセージの意味が強く反映しています。

英語では賢人を意味する言葉であることから、敬うような言葉として使われだしたとされています。名前が付いたのはラテン語のサルビスから来ているとされます。サルビスは健康や安全などの意味になります。古代のローマ時代からすでにヨーロッパでは咲いていて、これらが薬草として使われていたことを示します。薬として使われていますから、観賞用としてだけでなく、生活にも密接にかかわっていたといえます。

サルビア(一年性)の特徴

テキスト引用
ハッとするような艶やかなレッドカラーで、ギュッと群れになって咲いている花は、サルビアの特徴的なものです。秋の花壇にはメインの花としても輝きを増す花です。育てやすい上に、開花時期も長い花です。日本人にとって特に

サルビアの特徴として、園芸の分類では草花になります。形態は耐寒性がない多年草になります。原産のブラジルでは多年草として扱われますが、日本では冬を越すことができないために一年草として扱われています。被子植物、真正双子葉類になります。シソ目、シソ科、イヌハッカ亜科、ハッカ連、アキギリ属に属します。

正式な名称としてはサルビアスプレンデンスとなります。草の高さとしては短いものだと20センチぐらいになります。高いものになると160センチぐらいなので、低い人の身長ぐらいの高さになるものもあります。1メートルに達するものは自生するもので、原産国などでずっと枯れずに生えているタイプです。日本では毎年枯れてしまうので30センチから50センチ程度になります。

耐寒性があまりないために冬を越すことは出来ません。一方耐暑性があるので夏は暑さに耐えることができます。もちろん日本の夏でも問題なく咲かせることができます。色としては最も良く知られているのが赤い花になるでしょう。その他にピンクであったり紫、白、青などの色も見つけることができます。葉っぱは対性タイプです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

長さが7センチくらいで幅が5センチ程度になります。きれいなカーブを描くタイプではなく、ノコギリ歯タイプの花になります。花の先端には穂がありそれを手でつまみ取ることができます。その根元部分には蜜があることが知られています。それを吸って楽しむ人もいるでしょう。

サルビアの育て方・栽培に関連する無料素材

  • サルビア

    サルビア

    「サルビア」の写真です。ふわっとした朱色が特徴的ですね。遠くから見ると毛糸のような素材に見えます…

    0

    1,459

    510.65

  • サルビア ガラニ…

    サルビア ガラニチカ

    サルビア・ガラニチカは「メドーセージ」とも呼ばれています。南アメリカ原産の植物で多年草です。背丈…

    0

    1,261

    441.35

このまとめのキーワード

「サルビア」に一致する育て方

「サルビア」に一致するマメ知識

「サルビア」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

5,808view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,899view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,497view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,196view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

5,339view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,329view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,691view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,725view