• ザゼンソウの育て方・栽培

ザゼンソウの育て方・栽培

ザゼンソウの育て…

出典:育て方ラボ

ザゼンソウを栽培するときの環境としては南限を確認すると良いかもしれません。日本で最も南の地域で見られるのは滋賀県の北部とされています。この地域は冬はかなりの雪が降るところで気温もかなり低くなります。これより南の地域では見られることがないとされています。

ザゼンソウの育てる環境について

テキスト引用
座禅草の分布は、カナダのノバスコシア州とケベック州南部からアメリカ合衆国ミネソタ州の北アメリカ東部にかけてから、南限はノースカロライナ州とテネシー州、また北東シベリア、中国北東部および日本等の北東アジアまで広

アメリカなどでも見られていますが、カナダとアメリカの国境あたりが南限とされています。かなり寒い、涼しいところでないと育てられない可能性が高いです。もし家庭で栽培をするとすれば明るい半日陰を作ると良いかもしれません。

完全な日陰だと太陽の光を受けることができません。これはあまり好ましくない環境です。かといってあまり当たり続けるところも良くありません。湿地に生えることが多いことから水の近いところが良いとされます。自宅の中で水が多いところを作ったりするのは難しいですが、湧水、池などを作っているならその周辺などを利用すると良いかもしれません。

水が日常的にあるところであればそれほど暑くなりません。湿り具合も確保することができます。植木鉢などで育てる場合の環境としても半日陰が維持できるところが理想になります。乾燥した状態が良くないので、植木鉢が常に水に浸かっているぐらいに湿っていると良いかもしれません。植木鉢より一回り大きな入れ物を用意してそれに水をたっぷり入れます。そしてその中に植木鉢を入れておきます。これによって水分の多い状態を作ることができます。

ザゼンソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
育て方としては、種子からでも可能です。種子はよく水洗いしてから乾かさずに播いて、そのまま乾燥させないようにします。開花するまで数年かかります。ある程度育ってきたら植え替えます。鉢植えする場合には、6から8号の大

ザゼンソウの育て方の種付けでは種子から行うことができます。直接花から採取をして行うときにはそのまままくのではなく良く水洗いをします。種子をまくときはそのままの方が良いとき、きれいに洗った方がいいとき、洗った後に乾かした方がいいとき、乾かさない方がいいときがあります。この植物は水洗いをして、乾かすことなくすぐにまくようにします。乾燥は良くありません。種から育てるときには1年目から花が咲くわけではありません。

数年は待たないといけないかもしれません。それでもじっくり待つようにします。成長の度合いによって植え替えを行います。植え付けるときの土は赤玉土、桐生砂を等量混ぜたものに腐葉土を2割ほど混ぜた土を使います。排水を良くし、栄養分もそれなりに得られるようになっています。管理としては風通しの良いところがベストポジションになります。水につけて管理をするときには水やりはあまり意識することはありません。水が無くなっていないかどうかを見ることになります。

この時の水はあまり水温が高くなるのは良くありません。3日に1度ぐらいは水の入れ替えを行います。ずっと同じ水を使っていると水が傷むこともあります。すると株にも影響してきます。肥料は有機質の固形肥を置きます。花が咲き終わった後に油かすであったり緩効性の肥料を与えます。月に1度ぐらい置き肥をします。夏の暑い時期にはあまり肥料は与えません。涼しくなってから再び開始します。

ザゼンソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としては、種から育てる他に株分けで増殖することもできます。病気や害虫については、あまり心配することはありません。適切な水の入れ替えや、風通しを良くするなど、基本的な注意をしていれば、特に問題

ザゼンソウの増やし方では種まきを行うことができます。種を取ることができるので、花が終わった後に種を取っておいてそれをまきます。ただし種まきはそれほど早く花を見ることができません。一定期間かかることがあるので時間を十分見ておく必要があります。早く見たい場合に行うとよいのが株分けになります。この植物は早春ごろ植え替えをすることができます。株を見て大きくなっていれば分けることが可能です。分けた株に根がつくようにはさみで切断します。

そして新しい用土を用意して植え付けるようにします。はさみで切断するときには刃の部分をきちんと殺菌して行います。切った部分から傷みやすくなることがあるので注意しなければいけません。植え付けるときは赤玉の実を使って行う場合があります。深めの植木鉢を使って腰水になるようにしておきます。水に付けていると心配になるのが腐敗です。それを防ぐのによいとされるのが炭です。植物を育てるときに使えるタイプなどがあるのでそれを利用すると良いでしょう。

この植物を育てるにあたってはあまり病気や害虫がありません。ですから害虫対策もする必要がありません。心配が全くないわけではなくある生き物が種子を狙ってくることがあります。それは野ネズミです。住宅地などにもネズミはそれなりにいますからそれらにせっかくの種子を食われてしまうことがあります。それを防ぐためにも一定の対策をしておきます。周りを覆うなどしておくとよいでしょう。

ザゼンソウの歴史

テキスト引用
ザゼンソウは、ザゼンソウ属サトイモ科の多年草の草木です。学名はSymplocarpusfoetidusで、漢字では座禅草と書きます。北海道や本州中部以北の山地や湿地を生息地としています。座禅草の花の形はミズバショウに似ています

日本人は積極的に宗教にかかわる人が少ないとされています。仏教徒が多いとされていますが、特別なことがない限りお寺に行ったり、何らかの行動を取ったりすることがありません。でも最近は観光の一つとしてお寺での経験ができるところがあります。良くあるのは写経です。集中力を高めるのによいとされています。さらには精進料理を食べさせてくれるところがあります。お寺で行うことの一つに座禅があります。僧侶が行うイメージがありますがもちろん誰でも行うことができます。

ザゼンソウと呼ばれる植物があり座禅に少なからず関係がありそうです。漢字で書くと座禅草になります。この植物を見ると一見花には見えません。キノコのような雰囲気にも見えます。黒っぽい覆いがありその中に白い球のようなものが入っています。この黒っぽい覆いがお寺のお堂のようで、さらに白い球が僧侶のように見えます。お堂で僧侶が座って行うこと、つまりは座禅をしているように見えるのでこのように名付けられたとされます。

日本的な植物のようですが原産や生息地がどうなっているかです。日本に古くから存在するとされていますが日本全国にあるわけではありません。北海道、本州の中でも中部地方よりも北の地域とされています。あまり暖かい地域では見られない植物になりそうです。別の呼び方としてダルマソウと呼ぶことがあります。これは花の部分を達磨大師に見立ててつけられた名前なので同じような意味合いになります。

ザゼンソウの特徴

テキスト引用
ザゼンソウは原産は日本やアジア等で、冷帯、および温帯山岳地の湿地に分布していますが、その開花時期は1月下旬から3月中旬頃になります。日本で見られるものはザゼンソウ、ヒメザゼンソウとナベクラザゼンソウの3種で、開花

ザゼンソウの特徴ですが一般的な植物になります。花のような部分がなく、茎や葉っぱのような部分もないために植物でないように感じるかもしれません。被子植物、単子葉植物、オモダカ目、サトイモ科、ザゼンソウ属に該当します。多年草ですからその地で何年も同じ花を咲かせることがあります。主に生息しているところが冷帯、温帯山岳地の湿地となっています。

花が咲くのは1月の下旬から3月中旬ぐらいです。非常に寒いところ、寒い時期に花が咲きますがこの時に少し変わったことが起きます。それは発熱です。この植物は開花をするときに自分で発熱をします。雪が積もっているところで咲くことがありますが、見つけるときは雪に隠れることなくきちんと周りの雪を溶かしています。

ですから目立つことができるようになっています。この花が咲くころは他の花はまだまだ咲いていません。つまりは昆虫などにとってはこの花の蜜などが非常に貴重になります。ですから集まりやすくなります。昆虫を独占することで受粉の確率を上げているとされています。この花は発熱をするときに一定の臭いを発することがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

その臭いがあまりいい臭いでないことから英名ではスカンクキャベツと言われることがあります。一つの花序には100近くの花が咲きます。この花は雄の時期、両性の時期、雌の時期を持っています。寒い時期に咲くためになかなか虫などが来てくれないために結実するのが難しい花になります。

ザゼンソウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ザゼンソウ」に一致する植物図鑑

「ザゼンソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,189view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

8,467view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,576view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,684view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,425view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,102view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,407view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

5,331view