• カラスノエンドウの育て方・栽培

カラスノエンドウの育て方・栽培

カラスノエンドウ…

出典:育て方ラボ

カラスノエンドウの育て方は他の植物に比べて簡単で、初心者でも育てやすい植物といえます。むしろ、気を付けていないと繁殖しすぎてしまうので、適度に栽培できるように抑制することも大切です。特に空き地や畑が近くにあると、種子が自然にはじけ飛んだ時に広がっていくことがあります。

カラスノエンドウの育てる環境について

テキスト引用
カラスノエンドウは雑草として取り扱われてしまうことが多いので、庭で栽培するときは近隣の敷地に広がっていかないように注意しましょう。とくに畑や空き地が近隣にあると、はぜた種子が飛散していく可能性が高いです。日当

そこで、日当たりを抑制することで、繁殖をある程度押さえることができます。生垣用の庭木を植えたり、土の表面が日陰になるようにして植えるようにします。庭植える場合は特に気をつけて、敷地の境目に生垣や低木を植えておくと、繁殖しすぎを防ぐことができます。さやが緑色から熟していくと、黒くなっていきます。この時期見栄えが良くないと感じる場合には、花が咲き終わった時点で刈り取ることもできます。

こうすることで、種の飛散を防ぐという効果もあります。さやを緑色の状態の時に収穫しておいても、種子は取り出して、また植えることができます。それで、乾燥した場所に置いておくか、刈り取ったまま土の表面に置いておくと、また発芽します。耐寒性が強く、秋に発芽しますが、そのまま冬を越すことができます。

耐暑性も強く、真夏であっても枯れてしまうことはほとんどありません。それで、害虫対策をしっかりしておくなら、夏の時期でも緑で鮮やかなじゅうたんとして楽しむことができます。てんぷらや若芽のソテーなど、食用にすることもできるので、見ても楽しく、収穫も楽しめる初心者におすすめの植物です。

カラスノエンドウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
カラスノエンドウは自然の雨水だけで、充分に生育できます。水やりの必要は、基本的にありません。ただし鉢植えやプランターで栽培を楽しみたい場合は、乾燥しすぎに注意しましょう。繁殖力が高いので、成長するにつれて葉も

カラスノエンドウは秋の時期に種をまくことで発芽します。もともと丈夫な植物なので、特に土壌を作る必要はありません。近隣の敷地に増えて広がらないように注意します。このため、種付けの場所に気を付けます。日当たりの良いところや、広すぎる場所を避けるようにします。また、近隣に種子が飛んで広がっていかないように、低木を植えることも方法の一つです。水やりも基本的に必要はありません。庭に植えている場合は、自然の雨水だけでも十分に成長します。

鉢植えやプランターで育てる場合は、乾燥しすぎないように気を付けます。この場合は、葉が乾燥して枯れてしまわない程度に水を与えるようにします。この植物は成長も早く、葉も成長とともに増えていきます。光合成もよく行うので、その分水分も必要とします。地中の水分がなくなると、葉や茎が乾燥し、しなびてしまいます。それで、からからに乾燥してしまう状態だけは避けるように気を付けます。肥料も基本的に与えなくても問題なく育ちます。

ハーブのように栽培し、赤や紫の花を見たい場合は、米のとぎ汁をまいておくことができます。また、肥料を与える場合は、粒上の化成肥料よりも、液体肥料のほうが栄養吸収の効率が良く、花を長持ちさせることができます。液体肥料を用いる場合は、薄めてから散布します。花も実もつくので、かなり土の栄養が植物に使われてしまいます。それで、土壌をやせないようにする、という目的で、肥料を与えるようにすることが大切です。

カラスノエンドウの増やし方や害虫について

テキスト引用
カラスノエンドウは、簡単に増やせます。たとえ狭い空間であっても、一度生えてしまうと、そこから自然に広がっていきます。他の雑草を繁殖させたくないときに、カラスノエンドウを利用して繁殖させることは容易です。すでに

カラスノエンドウは、簡単に増やすことができます。横に広がっていくという特徴があるので、生えた場所から横に増え広がっていきます。他の雑草を繁殖させたくない時などに、この植物の特性を生かして、繁殖を防ぐことができます。種をまくか、茎を刈り取って、葉やしたい場所の土の上に置いておくだけで、秋には新しく発芽します。害虫は比較的つきやすく、いくつかの対策が必要です。主に蝶やガの幼虫が付きやすく、繁殖もしてしまいやすい特徴があります。

また、他の植物についた虫が飛んできてついてしまうと、葉を食べてしまします。ガの幼虫は、葉を食べるだけでなく、糞をし、その糞が分解する過程でカビが発生することがあり、衛生面での問題が起きやすくなります。予防として、食用の酢やリンゴ酢を希釈し、葉全体に散布するという方法があります。そのほかにも繁殖力が強すぎるため、密生しすぎると湿気が多くなり、衛生面での問題が出ることがあります。

それで、密生しすぎないように、適度に間引くことによって風通しの良い環境を作ることができます。全体としての特徴は、カラスのエンドウは日本各地どこでも栽培することができ、耐寒性、耐暑性に優れ、水やりもたくさんする必要のない、ガーデニングという視点で見ると手のかからない魅力があります。子供と一緒に植物を育て、成長したら豆をてんぷらにしてみたり、豆部分を加工して、笛にしたりと、いろいろな楽しみ方のできる植物です。

カラスノエンドウの歴史

テキスト引用
カラスノエンドウは日本各地で見られます。生息地は野原や土手など、あらゆる自然環境に存在しており、道路の道端や空き地などにも生息しています。現在では雑草のように取り扱われることが多いのですが、このように生命力が

カラスノエンドウは、マメ科ソラマメ属の植物です。一見すると、ソラマメとは似ていないので、仲間に思えません。でもよく見ると、茎が角ばっていることや、豆のへそ部分が長いという特徴を満たしています。植物学的に標準的に用いられてる名前はヤハズエンドウです。原産地は、オリエントから地中海地方です。この地方での歴史は古くからあり、古代麦作農耕が始まった時期にエンドウと同様に栽培され、食物として利用された証拠が、考古学的資料によって得られています。

ただその後は、食用としての利用はほぼなく、今日は一般的に食べられることはなく、雑草として使われています。ただ、若芽、や若い豆果を食べることはできますし、熟した豆も炒って食用にできます。また、未熟な果実の両端を切り落として、口に当てて空気を入れると音がすることから、草笛として遊ぶ子供たちもいます。また中国の歴史にもカラスノエンドウは登場し、史記で伯夷・叔齋が山で餓死する前に食べて飢えを凌いでいたものも、野豌豆の類といわれています。近縁種がいくつかあり、スズメノエンドウや、カスマグサといったものがあります。

それぞれ特徴が似ており、路上で育つ一般的な草で生育の季節や環境も似ているため、しばしば混生しています。異なっているのは花の形で、カラスノエンドウは大きな花を多数つけ、スズメノエンドウは小さな花を多数、カスマグサは小さな花を少量つけるという特徴があります。欧米には、より大型のオオヤハズエンドウがあり、牧草としても利用されています。この主は近年日本にも伝わってきています。

カラスノエンドウの特徴

テキスト引用
カラスノエンドウの最大の特徴は、つる性だという点です。つる性なのですが、ツタのように伸びるわけではなく、むしろ面積を広げながら平らに繁殖していきます。発芽は秋で、越冬して春に背丈を伸ばします。高津は60センチメートル

カラスノエンドウは日本各地で生息しているマメ科の1~2年草です。生息地は本州から四国、九州、沖縄など、いたるところにあります。秋に発芽し、春になると60から150センチまで成長します。葉っぱは、羽状複葉で、先端部分が矢はず形の小葉4~8対になっています。

茎の部分には、巻きひげがあり、近くのものに絡みつくこともあります。互いに絡み合いながら成長していくこともありますが、大部分は直立して成長します。しかし、成長していくと、自分自身の重さでゆっくりと下がっていきます。地面を這うように伸びていくので、平地であれば、地面を覆い尽くす形で広がっていきます。茎の形は、全体に毛が生えており、四角柱の形をしています。

花の咲く時期は、3から6月で、エンドウに似た小型の紅紫色の花をつけます。花の形は蝶型で、長さは15mmほど、柄は短く、葉腋部分に1~2個ずつ花を咲かせます。花が咲き終わるとさやが実ります。豆果は、熟すと黒くなり、晴れた日に裂け、種子を遠くにはじけ飛ばします。食用にされているのは、さやが緑色で若い状態のときです。春に急激に成長するので、空き地などの広い場所で育つ場合、あっという間に一面に広がります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

日当たりの良い場所でよく成長するため、高い樹木や半日陰の場所では、成長は緩やかです。突然カラスノエンドウを植えていない場所でも生えてくることもあります。これはカラスノエンドウが種子を自然に飛ばすという特性があるからです。

カラスノエンドウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「カラスノエンドウ」に一致する植物図鑑

「カラスノエンドウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,672view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

24,823view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,363view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,534view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,094view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,201view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,156view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

11,961view