• マムシグサの育て方・栽培

マムシグサの育て方・栽培

マムシグサの育て…

出典:育て方ラボ

「食用の植物」と言えば、それ自体は知っていても、『マムシグサ』のことまでは、考えたことが、ないという方も多いです。マムシグサは、日本の場合ですと、関東から西側、九州が野生の生息地であると、一般的には、言われていますが、北側の東北や、北海道でも別名を付けられて、その生息が確認されています

マムシグサの育てる環境について

テキスト引用
野生に自生している生息地は、日本の場合、関東から西、九州と言われていますが、東北や北海道でも別名でその生息が確認されています。この東北や北海道にあるものが、サトイモ科テンナンショウ属マムシグサ種と同一であるかは

。「食用、または、一部を薬用することもある」ということで知られるこの植物は、山林や若干の日が当たる程度の、湿り気のある林床に、自生していることが多いです。よって、生育する際も、これらの条件を満たした環境が、育てる環境には、丁度適しているといえます。

非耐乾性はないため、少し湿っている状態を好み、直射日光を嫌いますが、比較的、明るい場所自体は好むようです。なお、耐寒性があるものの、冬の凍結は嫌うので、そこを気をつける必要があります。サトイモ科に属し、食用、または一部を薬用することもある、マムシグサですが、この植物には、有毒性が有るので、栽培する際には、必ず、他の人の手が届かない場所で、育てる必要があります。

毒性のこともありますが、いざ、「育てる」段階になって、『マムシグサ』の知識が、必要になってから、「難しい事は、何も分からない」、という事態も、珍しくありません。この植物を育てる作業が、「対処の仕方に迷うことも多い」ということを中には、知らない人も珍しくないです。これから先、いつ何時、その知識が役に立つか分かりません。事前にインターネットを用いて、情報を集める必要が、あるのかもしれないです。

マムシグサの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
乾燥を嫌う性質を持つため、たっぷりと水を与える必要があります。通常、多年草の場合、冬の時期にはあまり手間を掛けることはありませんが、冬の時期でも乾いたら、水を与えておきます。特異な形状が知られているように、茎

近頃、テレビや、雑誌等で、「食用の植物」という言葉を耳にする事も、たまにあります。中でも、食用、または一部を薬用することもあり、育てている方も多い『マムシグサ』ですが、今の時点では、「植物」について、今まで深く考えたことが無く、『食用の植物』に対して、あまり関心がないという人も、珍しくないでしょう。

この植物は、乾燥を嫌う性質を持っているため、水は、たっぷりと与えてやる必要が、あります。全体的に特異な形状をしていることで、知られており、その形状は、複雑な構成をしていて、それほどの強度を持っているわけでは無く、比較的、折れやすいと言える植物です。そのため、水を与えるときの水圧や、水の重さすら、耐え切れずに折れてしまうことも考えられる為、小鳥谷利の際は、できるだけ、茎の部分に対して、集中的に水を与えるように心がけましょう。

毒性をもっていることもあり、よく、その対処の仕方に迷うことも多いと、言われることも多々ある、『マムシグサ』を育てるという作業なので、育てる際には、事前にこの植物のことについて、詳細を詳しく、検索して調べてみる等の準備をしておいて、損は無いでしょう。なんにせよ、『マムシグサ』は、「マムシ」という名前の割に意外と繊細な植物であるようなので、何かあったときのためにも、何かと、知らないことも多い『マムシグサ』を育てることについて、今一度、良く調べておいたほうが、良いかもしれません。

マムシグサの増やし方や害虫について

テキスト引用
雌雄異株のため、交配をさせる必要があります。交配のタイピングは、開花から3日から1週間以内に、仏炎苞の中から、肉穂花序を露出させます。雄株と雌株の見分け方は、雄株の場合、先端に花粉が出ていて、雌株の場合には、受

それほど、「食用の植物」のことを、気にしたことが無くそもそも、「『マムシグサ』について、何も知らない」という人も、少なくないかもしれません。知っていても、栽培や、種付けなどの繁殖方法を含めた、育て方までは、余り知られていないでしょう。

サトイモ科に属し、食用、または一部を薬用することもある、この植物は、雌雄異株であるため、交配をさせる必要があります。交配のタイピングとしては、開花から1週間の間に、「仏炎苞」の中から、「肉穂花序」を露出させ、綿棒などを用いて、雄株から花粉を取り、受粉用に先端が突起した場所に対して、やさしく叩くようにして花粉を付けます。実がなれば、受粉は成功です。

その後、発芽するような場合には、別に鉢植えなどに移して育てます。知識というのは、この先、何処で役立つか、わからないですし、中には、「『マムシグサ』を育てる」と至ったときに、良く考えてみたら、「詳しいことを、よく知らない」、ということも、多々あります。

一般的に、『マムシグサ』を育てることは、「何から準備をしたら良いのか、わからない」、「対処の仕方に迷うことも多い」と、言われることも多いので、あらかじめ、この植物のことについて、インターネットなどで、評判を見る等して、色々心がけておくということも、大切です。何はともかく、何かと、知らないことも多いこの植物のことや、育て方については、語学のためにも、事前にくわしく調べておくというのも、大切なことです。

マムシグサの歴史

テキスト引用
マムシグサは、その模様がマムシに似ていることから、蝮草と名付けられました。しかし、有毒性も併せて、名前に意味を込めたのではないかと言われています。マムシグサに限らず、有毒性を持ちわせる植物には、何かしら毒性を

『マムシグサ』は、サトイモ科に属し、食用や、または一部を薬用することもある、「食用の植物」です。この植物は、「マムシ」に似ている模様を持つことや、有毒性を持っていることも併せて、「蝮草(マムシグサ)」と名付けられたのでは、無いかと言われています。

この植物に限らず、毒性を有している植物に対して、何かしら毒性を暗示したような名称が、付けられていることは、けっして珍しくありません。ただ、昔から、有毒性の植物というのは、その毒が、恐れられる一方で、「薬用」としても、使用されると言う、一面を持ち合わせているということも、少なくありません。古くから、アイヌの人々には、伝統的に薬用や、食用とされており、今も、八丈島や、伊豆諸島の一部などの地方では、毒性のある部分を、適切な処理を行ったうえで、餅の様にして、食する方法が、伝えられています。

このように何かと、知らないことや、わからないことも多い『蝮草』のことについては、事前に詳しく知っておく必要性が、あるのかもしれません。この『蝮草』の場合ですと、リウマチや、神経痛等に用いられることが、多いですが、それらは、専門家が用いるから、薬となるのであって、知識を持ち合わせていない素人は、絶対に触っては、いけないです。現代でも、アイヌの血を引く人々は、子どもに対して、「むやみに触っては、いけない植物」として、代々伝え聞かされており、『マムシグサ』は、その長い歴史の中で、日本人の生活の一部として、現代まで、取り入れられて来ました。

マムシグサの特徴

テキスト引用
マムシグサは、サトイモ科テンナンショウ属です。サトイモ科に属するので、毒性はあるものの、用途としては、毒を取り除いて食用にする、または一部を薬用として用いるなどなれてきました。サトイモと同じようにイモができるため

サトイモ科に属し、食用、または一部を薬用することもある、『マムシグサ』ですが、その名のとおり、毒性こそあるものの、「食用の植物」でもあり、用途としては、「毒を取り除いた」上で、食用とされたり、または、一部を薬用として、用いる等されて、今まで利用されてきました。サトイモ科に属している、サトイモの仲間なので、他と同様にイモが出来るため、食用にする際には、そのイモの部分を取って、食べることになります。

なお、薬用に使用する際には、茎の部分が用いられることが、多いです。マムシグサは、「多年草」ですので、冬に休息期間をはさんで、次の春頃までには、ふたたび成長を再開させ、その晩春には、茎の頂点に、高さ約15センチほどの「仏炎苞」に包まれた、とても珍しい形をした花を咲かせ、秋ごろになると、実が熟し、赤くなり、トウモロコシの様な、見た目になることでも、よく知られています。なお、マムシグサの原産地は、日本以外にも生育しているため、よくわかってはいません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

このように今でも何かと、わからないことも多い『マムシグサ』という植物は、今よりもさらに、詳しく知りたいときには、この植物のことについて、知っている人に、詳しく聞いてみるのが、良いでしょう。知識は、いつ何時、役に立つ時が来るか分かりませんし、何かと、知らないことも多い『マムシグサ』特徴や、その育て方については、いまからくわしく知って置いて、損は無いです。

マムシグサの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「マムシグサ」に一致する植物図鑑

「マムシグサ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,726view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,021view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

15,962view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

5,782view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

5,935view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,038view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,990view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,587view