• ブルークローバーの育て方・栽培

ブルークローバーの育て方・栽培

ブルークローバー…

出典:育て方ラボ

生息地が標高が高い地域であり、また冬でも花を咲かせることから寒さに強いという特色を持っています。また、湿度が高いところに棲んでいるので、育て方としては、乾燥するというケースを避けて湿り気のある環境で育てるのが適切です。

ブルークローバーの育てる環境について

テキスト引用
元々高山帯に生息する植物ですので寒さには強い性質があります。属名の由来の通り、水を好む植物ですので、乾燥しないように湿り気のある状態で育てるようにしましょう。 ただし暑さには弱いので、

暑さに弱いところがあるので、夏場は直接日光が当たるようなところに置かないように気を付けておきます。夏でも育てられるように置き場所を日陰になっている場所に移したり、日よけを設置したりするというのも有効な手段です。秋へ季節が変わった場合は日当たりの良いところで育てれば、咲かせる花の数が多くなるので、花の観察を楽しみたいのであれば、行うことをおすすめします。

前に書いたように寒さに強いので、多少霜が付いたぐらいであれば生育に差し支えはありませんが、氷点下になる場合は寒さの対策を講じるのが大切です。蔓が伸びすぎるというケースなどが発生した場合は切り落とす作業を行うようにします。また鉢植えで育てているのであれば、植え替えをするというのも重要であり、春の早いシーズンもしくは秋が植え替えるのに相応しい時期です。

またその時期でも気温が比較的低い日を選ぶようにします。気温が高いと根っこが腐る事態になるので、排水性の優れた土で栽培するように心掛けますが、鹿沼土が主に含まれている土などが良いです。ただ、気温があまり高くならない地域であれば、土の種類にこだわらなくても支障はなく、観葉植物に使われる土で事足りると言われています。

ブルークローバーの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ブルークローバーはとにかく乾燥に気をつけることが育て方のポイントです。鉢植えで育てている場合は、用土の表面が乾いてきたら鉢底から水が滲み出るくらいたっぷりと水を与えるようにしましょう。庭などに地植えしている場

乾燥しないように育てるのが、ブルークローバーの適切な育て方であり、水を与えるようにするのがポイントです。とりわけ鉢植えで栽培しているのであれば、土が乾いたら充分に与えます。また庭で育てるという場合でも、植物の植え付けを済ませた後はよく水を与えておきます。排水性が悪いと根っこが腐る結果につながるので、前にも書いたように排水性の良い土を選択します。肥料を与える場合、秋になって少し気温が下がったあたりに与えるのが良く、理由は咲かせる花の数が多くなるからです。

鉢植えでの生育では、月に一回程度のペースで化成肥料を与えますが、肥料の種類は遅めに効果が出てきて、その効果が長く続くというタイプの肥料です。液体肥料であれば月に二回又は三回のペースで与えてもブルークローバーの生育に支障はありません。庭で栽培しているのであれば、植物を植え替えた場合に周辺に肥料を与えておきます。反対に5月の気温が上がっていく時期になったら、肥料を施さないようにします。

ブルークローバーを繁殖させる方法として、株分けなどの方法が列挙されています。あまり頻度が多くないですが、種子が実るという現象が生ずることがあるので、種付けされた種子を蒔いて育てる方法もあります。ですから、ブルークローバーを育てるのに慣れてきたというのであれば、種子から育てるのに挑戦してみるのも悪くないです。温度や湿度に気を付けて栽培すれば、失敗するということは少ないと考えられます。

ブルークローバーの増やし方や害虫について

テキスト引用
ブルークローバーの増やし方は種まき、挿し芽、株分けで行います。時期は10月~5月頃の涼しい時期が適しています。剪定をした際などに切り落とした部分などを挿し穂にしてあげるよよいでしょう。繁殖力が旺盛なので比較的容

種子から栽培することも可能ですが、切り取った部分を挿し穂に利用することもできます。切り取った部分を土に挿せば芽が伸びてきますので、捨てるのがもったいないという人にとってはお勧めの方法だと思われます。病気はかかることはほとんどないですが、アブラムシやナメクジといった害虫には用心する必要があります。アブラムシは植物の養分を吸い取るので放置しておくと大変なことになるので、そうならないように対策を講じるようにします。

専用の薬剤を撒いたり、ガムテープなどを使ったりして駆除しますが、テントウムシを利用したり、水と牛乳を混ぜたものを撒いたりする方法も効果的です。水と牛乳を混ぜたもので駆除する場合は、1対1の割合で混ぜるようにします。テントウムシを利用する方法、水と牛乳を混ぜたものを撒く方法はいずれも農薬を使いたくないという人にはうってつけの方法なので、実践する価値はあります。ナメクジの場合は薬を撒いたり、ビールを使って退治したりする方法がありますが、銅でできたものを置くという方法もアリです。

今日では、園芸用の銅線などが販売されていて、それを置くことによって近づかなくなると言われています。これは、ナメクジが銅のイオンを好まないからだとされています。ナメクジは卵を産む場合もあるので、近くに産んで欲しくないという場合でも銅線は役に立つと言えます。近所にショップがないというときでも10円玉を置いておけば効果があります。

ブルークローバーの歴史

テキスト引用
ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原産はヒマラヤやスリランカ、東アフリカなどで、主に高山帯を生息地としている、ツル性の植物です。名前のイメージから、よくあるクローバーを想像

クローバーのような形状の葉っぱが生えるという特色があり、また青い花を咲かせることからブルークローバーと呼ばれています。しかし、本家のクローバーとは別の種類であり、クローバーと呼ばれているシロツメクサはシャジクソウ属に分類されています。他方、ブルークローバーはパロケツス属の植物だとされていて、またマメ科に属しています。

ブルークローバーの学名はパロケツスコムニスですが、パロケツスという名前は小川と近いの両方の言葉が組み合わさって名づけられたと考えられていて、事実湿度の高い環境を好むと言われています。ちなみに、シロツメクサの学名はトリフォリウムレペンスであり、学名からもこれらの植物は全く違う種類だということができます。ブルークローバーという呼ばれ方は我々が住んでいる国で名づけられた名前であり、英語圏の国でその名前を言っても伝わらないです。要するにこの名前は我々が住んでいる国で作られた英語で表記されているということになります。

英語では、ブルーオキザリスあるいはシャムロックピーという表記になるとされています。同じ種類でも生息地によって複数に分けられる場合もあるという性質もブルークローバーが持っている性質だと言えます。我々が住んでいる国でも知られている種類ですが、原産は剣を持ったライオンの国旗の国や国内総生産第二位の国などが列挙されています。また標高が高い地域を生息地としている植物でもあります。

ブルークローバーの特徴

テキスト引用
ブルークローバーは蔓性の植物ですので、匍匐するようにどんどんツルを伸ばしていきます。その為、背丈はあまり高くなく、10センチ程度にしかなりません。深い緑色の葉は三枚一組で、周囲は細い鋸歯状になっています。一般的

本種は葉っぱがクローバーに似た形をしていて、かつ青色の花を咲かせるという特徴を有していますが、他にも特徴が存在しています。植物の高さは10センチ程度とさほど高くないですが、蔓を伸ばすという特徴があります。その性質からハンギングバスケットなどを使って栽培するスタイルを採ることがあると言われています。

また秋になると花が咲くようになり、翌年の春まで次から次へと咲いていきます。冬の時期も開花のシーズンと重なっているので、他に冬に咲く花を栽培していないのであれば、ブルークローバーの花の観察を楽しみやすくなります。なお、ブルークローバー以外にも開花のシーズンが冬と重複するという植物は存在していて、山茶花やマーガレットなどが挙げられます。

冬でもガーデニングを堪能したいという人にとっては、この植物は勧めることができる種類です。ブルークローバーの栽培を楽しむのも悪くないですが、蔓が伸びてくる性質を利用してハンギングバスケットで育てるというのも良い方法です。ハンギングバスケットで育てた場合、部屋のインテリアとしても使えます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

なので、家の中をおしゃれにするという意味で、ブルークローバーをそのバスケットに植えるのも一興です。言うまでもなく、他の植物と一緒に植えるスタイルも素晴らしいということができます。生息地に近い環境で育てるよう注意しておけば、生育の途中で枯れたり、病気になったりする事態にならなくて済みます。

ブルークローバーの育て方・栽培に関連する無料素材

「ブルークローバー」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

5,905view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,201view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

24,823view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,423view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,103view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

7,960view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,750view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

5,925view