• クラウンベッチの育て方・栽培

クラウンベッチの育て方・栽培

クラウンベッチの…

出典:育て方ラボ

クラウンベッチを栽培するときの環境としては、どんどん増えてもいいところで育てることです。植物には育てたくて育てる植物と育てるつもりもないのにどんどん生えてくる植物があります。どちらも学術的には一定の名前などがある植物でしょう。

クラウンベッチの育てる環境について

テキスト引用
地植えでクラウンベッチを育てる場合、何か環境的なことで留意する点があるとすれば、それは増殖しても構わない環境で育てることであります。この植物は本当に増殖力が強いですから、お手入れのできない環境で栽培することは

でも一方は育てるのに苦労し、一方はどんどん育って困る場合があります。この植物は場合によってはあまり育つと困る植物の一つになります。繁殖力が旺盛で家畜の牧草用として取り入れられたとされています。安易に庭などで栽培しようとすると瞬く間に庭中がこの植物でおおわれることもあります。目的があるなら良いですが、庭の一部だけ咲かせたいぐらいの気持ちなら困ります。

そうしないためにもここにはこの植物でいっぱいになってもいい場所を確保します。一般の家庭では難しいこともあるでしょう。もちろんきちんと手入れができるなら狭いところでも一定以上増えないように育てることは出来ます。北海道で自生するぐらいに増えていますから低い気温を好む植物になります。

その割に暑さにも対応できる植物です。それぞれの土地で適度に環境に対応することができる植物を言えるでしょう。この植物はマメ科であることからツルの性質も持っている植物です。近くに建物や木などがあるとそれらを伝って伸びていくことがあります。つるが伸びて行ってそこから根をつけて子株を作ることもあります。他の雑草よりも強いので雑草をなくす意味では良い植物です。

クラウンベッチの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
種付けでありますが、クラウンベッチの種が入手できた場合では、自然界と同様に秋に種をまくことも可能です。また、苗を入手した場合でありますと、春季または秋季に植えることが可能です。そして水やりにつきましては、苗で

クラウンベッチの育て方で種付けです。苗などは3月ぐらいから少しずつ市場に出回るようになります。寒さに強い植物として知られるのであまり防寒対策などは必要ありません。北海道でも自生するので霜に当たったとしても枯れることはありません。3月前後に苗として出されるものはその直前は温室の生ぬるい環境で育てられています。いきなり寒い厳しい環境に置くと寒さにやられてしまうことがあります。徐々に寒さに慣らすようにしなければいけません。

基本的には植え替えをすることはありません。移植を嫌うこともあり、地面に植える場合、植木鉢で育てる場合はそのまま育てることになります。種をまいて育てようとするときには秋にまく方法が知れています。苗であれば春と秋に植える方法があります。苗で植える場合の注意としていわれるのが水をしっかりと与えることです。水を切らしては植物を傷めてしまうことになりかねません。

植木鉢の底からどんどんミグが出てくるくらいしっかりと水やりをしないといけないとされています。一方でたくさん水を与えた場合にこぼれ出てくる水をどうするかがあります。そのままにすることもあるでしょうが必ずすぐに捨てるようにします。肥料は特に必要がない植物とされています。繁殖性が強く、特に土を選ぶこともありません。できるだけ早く育てたい場合などに適度に施すと良いかもしれません。速効性があるタイプより穏やかに効いてくるタイプを選びます。

クラウンベッチの増やし方や害虫について

テキスト引用
クラウンベッチにおきましては増やし方や害虫についても、それ程難しい点はありません。そもそも増殖力が強い性質を持つ植物ですから、増やし方に関しましては、人為的に行う必要もありません。自然に任せておきますと、余程

クラウンベッチの増やし方としては特に何かをする必要はないとされます。庭などに植えていれば自然に繁殖をして増えていきます。水きれなどがあると育ちにくいことがあるのでそれさえ避けるようにすればどんどん増えていきます。種を取ってまくなどしても手間がかかるだけです。それよりも簡単な方法としては株分けです。つるがどんどん伸びてその先に子株ができることがあります。それを分けることで別の株として育てることができます。

場所を変えて育てたい場合などはこの方法を取るとよいかもしれません。その場でどんどん増やすときには株分けをする必要なく、広げたい場所さえ用意すれば問題はありません。害虫対策として何かをしなければいけないかです。付く虫としては青虫があります。付く時期がある程度決まっているので、その時に見つけて一つ一つ取っていくことがあります。少し大変ですが確実な方法になります。増えてくると密集するようなこともあります。

その時には葉っぱごと切ってしまうこともあります。せっかくの葉を切るのに抵抗があることもありますがその心配はいりません。心配することなくどんどん生えてくるからです。成長期であれば少しぐらい切ってもその後にどんどん伸びてくれます。広い範囲に広がったときには他の植物のためにもいろいろ考える必要があります。スプレーなどを利用して広範囲に薬剤をまくことがあります。これによりこの植物以外の害虫対策もできます。

クラウンベッチの歴史

テキスト引用
クラウンベッチはヨーロッパが原産であり、ツルの性質を持つ、マメ目マメ科の多年草です。また、日本におけるクラウンベッチの歴史には、先の太平洋戦争の後、牧場などで用いられる牧草用に導入されたという経緯があります。

植物は花を楽しむ目的もあれば野菜や果物のように食用として使われることもあります。植物は人間が食べるだけでなく家畜が食べるものもあります。牧草は人間は食べませんが家畜などが食べるので重要な餌となります。栽培をするとなると大変ですが、自然にたくさん生えていたり、育てるのが楽ならそれを餌として使うこともあるでしょう。クラウンベッチと呼ばれる植物があります。原産、生息地としてヨーロッパとされています。日本では元々はありませんでした。

しかし北アメリカ、中近東などは見ることができ、日本でも北海道を中心として多くみられるようになっています。日本では1981年に帰化が確認されています。外来種でありながら日本で自然に自生するようになっています。日本にはいつ頃導入されたかですが、太平洋戦争後とされています。日本では工業化が進められましたが、北海道では広い土地を利用して農業、畜産業が盛んに行われていました。畜産業をするには家畜のえさとなる牧草を与える必要があります。

そこでこの植物が導入されたとされています。日本に持ち込まれてからは名前もきちんと和名が与えられるようになりました。玉咲草藤、タマザキクサフジと呼ばれています。繁殖しやすいので家畜のえさをコストを少なくして作ることができます。また緑肥として用いることもあるようです。これを育てた後に土と一緒に耕して別の作物を作るなどです。農業や畜産が盛んな地域で重要であったことがわかります。

クラウンベッチの特徴

テキスト引用
クラウンベッチの特徴と致しまして、茎が真っ直ぐ真上に伸びることはまずなく、斜めに伸びたり、地面を這うように成長していきます。その長さは、概ね1メートル位まで伸びることがあります。また、五月から七月頃にかけて開花

クラウンベッチの特徴では、生物学では被子植物、双子葉植物、マメ目、マメ科、コロニラ属になります。別名としてコロニラと呼ばれることもありますしタマザキクサフジの和名もあります。多年草の一つとされています。茎はまっすぐに伸びることはほとんどありません。

斜めか匍匐をするように伸びます。高さとしては1メートルほどに伸びることもあります。花が咲くのは夏から秋にかけてです。花は淡い紅紫色で、蝶のような形をしています。一つ一つが咲くのではなく、たくさんの花が固まって咲きます。

和名ではタマザキクサフジと呼ばれています。フジは木に咲く花ですがこちらは地面から草が生えて咲きます。花の付き方もなんとなくフジに似ているように見えるかもしれません。春に蓮華の花が咲くことがありますが花自体は蓮華に似ているようにも感じます。

花びらをよく見ると平たいわけではありません。丸みを帯びています。色は薄い紫、ピンクが多いです。花弁は上部と下部に分かれていて、それぞれ少し色が異なります。一色ではないのでたくさん花が咲いたときには色合いも美しく見える場合があります。葉っぱは奇数羽状複葉です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

1枚1枚の葉は細くて長いタイプになっています。でも鋭角になっているわけではありません。1枚の長い楕円形がたくさんついています。小さい葉が左右対で生えます。利用としては牧草としての利用が一般的で北海道で広く栽培されています。その他道路法面に使われることもあります。

クラウンベッチの育て方・栽培に関連する無料素材

「クラウンベッチ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,424view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,625view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

13,790view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,156view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,029view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

11,961view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,534view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,505view