• アンゲロニアの育て方・栽培

アンゲロニアの育て方・栽培

アンゲロニアの育…

出典:育て方ラボ

アンゲロニアを栽培する上で良い環境としては、中南米の熱帯の気候になります。もちろん日本は熱帯の気候ではありません。でも日本の夏だけを取り出すと熱帯に近い気候と言えるでしょう。高温多湿なので、この植物がしっかり成長できる気温が整っています。

アンゲロニアの栽培方法

テキスト引用
アンゲロニアの育て方を考えるときに注目したいのがこの植物の原産地の環境です。メキシコやブラジル、西インド諸島など日差しが強いエリアで生まれた品種ですから、日当たりの良い場所に植えることが大事です。夏の暑さに負

日当たりのいいところとないところではいいところを好む花です。そして風通しの良い環境が良いとされています。1日中日当たりがないといけないかですが耐陰性もある植物です。午前中だけ日差しがある、午後だけ日差しがあるような日差しでも十分育てることができます。注意としては西日が強く当たるところです。西日は日差しが強くなるだけでなく土を乾燥させることが知られています。

この植物は乾燥はあまり好きではありません。日差しがあるとしても西日だけであったり、西日が強いところは避けた方が良いとされています。いくつかの種類があり中には寒さに強いタイプもあるようです。一般的には寒さに弱い花として分類されています。冬越しをするには最低温度が10度でないと厳しいとされます。

本州だと南部でも真冬には5度ぐらいまで下がることがあるので、厳しいかもしれません。寒くなるとわかっているときに部屋の中に入れるなどうまく管理を行うことで冬越しをすることができる場合もあります。庭に植えている場合には冬になったら植木鉢に移し替えます。そして部屋の中に入れます。そして春になったら再び庭に移し替えることで冬越えができます。

育て方の注意点

テキスト引用
このアンゲロニアは寒さが苦手なので冬越しにも10度程度の温度は必要です。10度以下になる地域で栽培する場合の育て方は基本的に堀上げて鉢植えにして軒下などで管理して保温してあげれば冬越しをすることができます。

アンゲロニアの育て方として種付けの時の土があります。少し難しい条件が必要で、水はけがよいのと水持ちが良いの両方を備えた土が必要とされます。全く別の要素なのでそんなことができるかと考えがちですがうまく考えられています。この土が欲しいときには水持ちをする成分と空間をうまく作ってくれる成分を合わせることで可能になります。赤玉土と腐葉土、そして酸度調整済みのピートモスを配合します。赤玉土は中粒を5割、腐葉土が3割、ピートモスが2割ぐらいです。

水はけのみを重視すると赤玉土が7割ぐらいになるでしょうが若干それより減らし気味にします。それだけでも水を保持する力をアップしてくれます。水やりをするときにはあまり乾燥しないように心がけます。原産地は熱帯地方で暖かくもあり雨も適度に降るところです。あまり乾燥する地域ではありません。土が乾いたときにしっかりと水をあげるようにします。夏は朝と夕方の二回与えるようにします。

それ以外の季節は朝に一回与えれば十分でしょう。地植えの場合は基本的には不要ですが乾いてきたと感じたら与えるようにします。1週間雨が降らなければ与えるようにします。肥料は鉢植えの場合は6月と10月に緩効性の肥料を与えます。液体肥料も併用することがあります。地植えの時は6月から10月に緩効性の肥料のみを使います。春から夏にかけてどんどん生育していきますがこの時に肥料があると元気よく成長してくれます。

水やりと種付け

テキスト引用
アンゲロニアの栽培の際の水やりは高温多湿の故郷での原産ですから、やや湿り気を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして株の根までしっかりと水が行き届くようにしましょう。背丈が高くなる植物ですから成長期

アンゲロニアの増やし方ではまずは種まきがあります。種をまく時期は5月から6月の暖かくなった時期です。多年草の場合はすでにこの時期に花を咲かせますが、この花は花が咲く期間が長いので5月にまいても問題ありません。比較的早く成長して花を咲かせてくれます。期間が必要と3月や4月にまこうとすることがあります。本州でも4月に霜が降りることがあるなどあまり好ましくありません。確実に暖かくなっている5月中旬から6月ぐらいがベストと言えるでしょう。

その他の増やす方法には挿し木があります。真夏に行うのは良くありませんが、それ以外の春、秋ごろに行います。行うのは鉢植えなどに行います。簡単に行うことができるためどんどん行って詰まった状態になることがあります。すると風通しが悪くなってしまうことがあります。注意しながら挿し木をするようにします。花壇などであれば余裕をもって行うことができるかもしれません。

害虫対策で気を付けるのはアブラムシとナメクジです。アブラムシが出やすいのが5月から10月ぐらいです。事前に行う必要はありませんが、出てきたときに防除しておきます。梅雨の時期に多くなるのがナメクジです。昼間の日差しの強いときには表にはいません。植木鉢の下あたりにいるようです。夜に出てきて葉を食べてしまうことがあります。見つけたら捕殺しておきます。ナメクジ専用の駆除剤があるのでそれを植木鉢に置いておくことで対処することがあります。

アンゲロニアの歴史

テキスト引用
アンゲロニアはオオバコ科の植物でその生息地はメキシコからブラジルといった中米から南米、そして西インド諸島に広がります。原産が中南米ということもあって暑さに強いこの植物はさまざまな品種改良がなされて現在

日本と気候などが異なる地域が原産の花は日本では育てにくい場合があります。日本は四季がはっきりしていて、夏は高温多湿です。冬はかなり寒くなります。1年中暖かいところもあれば、適度な湿度のところもあります。アフリカであったり中央アメリカ、南米となると日本とはかなり異なる気候のイメージがあります。アンゲロニアの原産、生息地は中央アメリカから南アメリカとされています。それも熱帯から亜熱帯です。日本は沖縄がやっと亜熱帯に該当するぐらいなので少し環境が異なるといえそうです。

しかし、環境は異なるものの比較的栽培やしやすいとして知られています。日本では北海道などでラベンダーが良く咲くことがあります。広大な敷地にラベンダーが一面に咲いている様子を見られる場合があります。この花は別名としてエンジェルラベンダーの名前を持っています。ホームセンターや園芸店などでその名称で売られているのを見かけるかもしれません。

そのことからラベンダーの仲間と考えることがありますが種類などが同じではありません。確かに遠目に見ると同じように見えないこともないですが、近くで見るとかなりイメージが異なります。どちらも鮮やかで涼しげな花であることには間違いありません。日本にいつ頃入ってきたかはわかっていません。南米の花はヨーロッパを経由してヨーロッパの国から入ることが多いです。この花もヨーロッパで人気になった時に日本に入ってきたのかもしれません。

アンゲロニアの特徴

テキスト引用
この植物は夏の暑い日差しに耐える中南米から西インド諸島原産の植物で、毎年花を咲かせる多年草です。冬場でも葉を落とさない常緑の草花ですが、残念ながら耐寒性はないので霜が降りるような寒冷地では元気をなくして

アンゲロニアの特徴では、草花、熱帯植物の部類になります。現地での形態は多年草です。しかし日本では1年草の扱いになります。夏の暑さは問題ありませんが、熱帯の植物なのであまり寒いところは好みません。冬の寒さでやられてしまうことが多くなります。沖縄などであれば庭でも冬越しができるでしょうが、それ以外の地域だと外で冬を越すのは難しいとされています。草の高さは通常は30センチくらいです。

1年草として育てるならそれほど大きくはなりません。でも原産地で1年枯らさずに育てる環境であれば1メートルぐらいになることもあります。花の色として人気があるのは紫や青でしょう。夏でも涼しげな色を見せてくれます。その他紫に近いピンク、さらに色が薄くなって白っぽい色も見つけることができます。

一色だけで咲くこともあれば青と紫、ピンクなどが少しずつ混じった複色タイプもあります。夏の暑さには強い耐暑性がありますが、日本の冬には耐えられません。耐寒性は弱い植物になります。花は6月ごろに咲き始め、10月ぐらいまで咲いています。花が咲く時期が長いので楽しみやすい花と言えるでしょう。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

一般的な種類はまっすぐ縦に伸びるタイプです。それ以外に横に這うようにして伸びていくタイプもあります。横に広がっていくとしてもそれほど大きく広がるわけではありません。品種によって開花時期がずれています。ですから複数種類をうまくそろえることで長く楽しめるようになります。

アンゲロニアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「アンゲロニア」に一致する育て方

「アンゲロニア」に一致するマメ知識

「アンゲロニア」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

9,185view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,903view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,981view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

26,891view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,238view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,708view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

6,030view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

34,185view