• ベニサラサドウダンの育て方・栽培

ベニサラサドウダンの育て方・栽培

ベニサラサドウダ…

出典:育て方ラボ

ベニサラサドウダンの育て方は、湿り気の多い場所で育てるとうまく育ちやすいでしょう。ベニサラサドウダンは亜高山帯の低木林の中や湿原周辺に自生しています。湿り気の多いところが好きな植物です。鉢植えや庭植えで育てることもできます。

ベニサラサドウダンの育てる環境について

テキスト引用
自生している環境が亜高山帯の低木林の中や、湿原周辺が多いことから、ある程度湿り気が多い場所を好む傾向にあります。鉢植えや庭植え等で育てる場合には、ある程度風通しがあって、日当たりの良い場所が望ましいのですが、

場合はある程度の風通しと、日当たりの良いところで育てるようにしましょう。夏の日差しはとても強いので注意が必要になります。あまり強い日差しに当たると葉焼けになってしまう恐れもあります。ベニサラサドウダンは観葉植物としてとても人気のある植物です。花が咲いていない状態でも緑がとても綺麗に見えるので、観葉植物にはもってこいです。

紅色の花が咲くのですが、花が咲いている様子もとても可愛らしくて美しいです。葉っぱの緑だけでも楽しめて、花が咲いても楽しめて、楽しみが多い観葉植物だと言えるでしょう。ベニサラサドウダンは寒さには強い植物です。でも冬場の強風は避けるようにしたほうがいいでしょう。花は5月から6月に咲きます。

花が咲き終わり次第、すぐに剪定に入りましょう。夏ごろになると来年の春の花芽が作られ始めます。だから早めに剪定することが大切になります。あまり遅くなると花芽ごと切り落としてしまうことになってしまいます。花芽が切り落とされてしまうと来春に花が見られなくなってしまいます。そうなってしまうと残念ですよね。だから剪定を早めに行うことがとても重要になります。来年も美しい花を見ましょう。

ベニサラサドウダンの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
種から育てることもできるのですが、一般的に育て方として苗木から育てます。土壌としては、保湿性のある有機質に富んだ土が適しています。庭等に植え付ける場合には、そこにあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおくようにしましょう

ベニサラサドウダンの栽培は、種から育てることも可能です。でも一般的には苗木から育てることの方が多いでしょう。種付けをする土壌は、保湿性があって有機質に富んだ土がいいでしょう。庭植えなどにするときは、初めから腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおくといいでしょう。腐葉土はホームセンターに行くと売っているので気軽に購入することが可能です。または自分で作ることもできます。自分で作る場合は、秋の落ち葉や剪定の時に出たくずを原料にするといいでしょう。

一年のうちいつでも自分で作ることが可能です。自分で作るのは手間も時間もかかります。ですがその分いいこともあります。落ち葉などのごみがなくなるのでエコロジーです。また自分で作ったという満足感を感じることもできます。自分で作るなら大きいバケツを用意して、中に落ち葉などを入れて踏んでおくとできます。最後に重石を乗せておくといいでしょう。出来上がりまでには半年ほど時間がかかります。

その間は雨が当たらないところに保管しておきましょう。ベニサラサドウダンを鉢植えで育てるには、赤玉土または鹿沼土6、腐葉土4の割合で混ぜた土を使うと一番いいでしょう。うまく育てることができます。水やりも一日に一回ぐらいはしなければいけません。でもあまり水を与えすぎるのはいけません。鉢植えで育てるときは、表面の土が乾いてきたなと感じたら水をあげるぐらいで大丈夫でしょう。夏場は一日二回の水やりがいいでしょう。

ベニサラサドウダンの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としては、挿し木で増やして栽培することが可能です。適期としては、新しい枝が十分に充実した5月から6月頃にかけてが良いでしょう。今年伸びた新しい枝を付け根からハサミを使わないで、直接手でもぎ取ります。

ベニサラサドウダンの増やし方は、挿し木で増やして栽培しましょう。時期は5月から6月が一番いい時期でしょう。そのころになると新しい枝がたくさんできるからです。新しい枝を付け根から手でもぎ取りましょう。ハサミを使わないことがポイントになります。そして下の方の葉を取り除きましょう。そのあとに土に挿しておくと大丈夫でしょう。直射日光には気を付けて、そして乾燥にも十分に気を付けましょう。育てていくと2か月ほどしたら根ができてくるようになります。

次の年の春に植え付ける時期になるまで、そのままの状態で育てていきましょう。植え付けをするのは落葉期が一番適しています。厳寒期には植え付けをしないようにしましょう。根は細く広く張っていきます。だから植え穴を掘るときは大きめに掘るのがポイントになります。土には堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。植える場所は日当たりのいい場所がいいですが、あまりに強い直射日光が当たる場所はやめておきましょう。

でも影に植えてしまうと秋に紅葉を楽しむことができなくなってしまいます。だから植える場所は慎重に選ぶようにしましょう。風通しのいいところに植えましょう。冬になると落葉します。冬でも耐寒性があるので特に心配はありません。害虫には注意が必要です。カイガラムシやハダニアブラムシ、カイガラムシが付く恐れがあります。もしも害虫がついてしまったら、手で取り除くか薬剤などを散布しておくようにしましょう。

ベニサラサドウダンの歴史

テキスト引用
ベニサラサドウダンは、サラサドウダンの変種です。漢字では紅更紗満点星や紅更紗満天星と書きます。ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木で、花冠は長さ5ミリ程度の深紅色で、本州においては東北地方、関東地方、中部地方の高

ベニサラサドウダンはサラサドウダンの変種で、漢字で書くことができます。漢字で書くと「紅更紗満点星」「紅更紗満天星」という風に書きます。そしてツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木です。花冠は長さが5ミリぐらいの深紅色になります。東北地方や関東地方、中部地方の高地で生息しています。日本原産の種です。空に星がまたたく様なイメージという意味のある花です。とてもロマンチックな名前が付けられています。見た目も美しくて愛らしい花なので、昔からたくさんの人々に愛されてきました。

そしてベニサラサドウダンは晩春の季語として使われてきました。多くの俳人がこの季語を使って俳句を詠んでいます。花言葉もあります。花言葉の意味は「喜びあふれ」という意味や、「恋と出会う」「追想」という意味が込められています。花言葉から見てもわかるように、とてもロマンチックな雰囲気のある花です。サラサドウダンは「灯台躑躅」と表記することもあります。

これは見た目をそのまま言葉にしました。枝分かれしていく姿が燈明台のように見えるからです。ベニサラサドウダンは日本固有の自生種ですが、見た目が本当に綺麗で美しいので園芸種と思われている人もよくいるほどです。山などに行ってみるとよくこの花を見つけることができます。自然の中で美しく咲いているので、見つけたらとても嬉しい気持ちになれます。日本各地で見ることができる花です。5月ごろになると花が咲きます。

ベニサラサドウダンの特徴

テキスト引用
ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5メートル程度にまで生長します。若い枝は無毛で、その葉の長さは、おおよそ3ミリから10ミリ程度となっています。葉柄をもって枝先に集まって互生するのですが、

ベニサラサドウダは大きな植物です。その大きさは2メートルから大きくなると5メートルぐらいにまで生長することがあります。若い枝は無毛です。葉の長さはだいたい3ミリから10ミリぐらいです。葉柄があります。枝先に集まって互生します。外観は花の上で手を広げているように見えます。葉の部分は倒卵形になっています。長さが2センチぐらいから、大きくなると5センチぐらいのものまであります。

葉の幅は2センチぐらいあります。葉の表面は短い毛があります。これはよく観察しないと気が付かない程度の短さです。葉の裏面には側脈がありますが、こちらにも褐色の縮れた毛が沢山生えています。紅色の花を咲かせます。紅色は薄いものもありますし、濃いものもあります。色のバリエーションがあるのでどんな花が咲くのか楽しみでもあります。

花は直径1センチぐらいの大きさです。そして下向きに咲きます。花が咲いている姿を遠くから見てみましょう。沢山の赤い実がなっているよう見えます。紅色の花がたくさん咲きほこり、その下には緑の葉がたくさんあるので見た目にもとても鮮やかです。見た目がとても綺麗なので園芸品種としてとても人気があります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

サラサドウダンとベニサラサドウダンには違いがあります。生息している環境などに違いがあります。そのほかにも花の色味で違いを付けています。花の色か薄いか濃いかで違いを分けていることが多いです。生息地はベニサラサドウダンのほうが標高の高い場所に生えています。

ベニサラサドウダンの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ベニサラサドウダン」に一致する植物図鑑

「ベニサラサドウダン」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

41,448view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,860view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,499view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,164view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

14,502view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

6,285view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

9,185view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,126view