• プルモナリアの育て方・栽培

プルモナリアの育て方・栽培

プルモナリアの育…

出典:育て方ラボ

プルモナリアの育てる環境は、特に日当たりの状態などは気にしなくても十分育ちます。逆に半日陰を好む傾向もあります。高温と乾燥に弱いので、水やりを慎重に行います。種付けの時期は収穫した後がベストです。育て方としてお花が咲くまでは日当たりの良い場所が良いのですが、咲いた後は日陰になるように工夫するとよいです。

プルモナリアの育て方

テキスト引用
プルモナリアは高温と乾燥には弱いですから開花するまでは日当たりが良く、その後は日陰になるような場所が向いています。ただし日陰になるとはいっても水はけは良くないと根腐れを起こしやすくなってしまいます。土は山野草

水はけはよくないと根が腐ってしまいます。使用する土は山野草用の用土がベストです。そこに腐葉土を混ぜ合わせたものを使用します。小粒の赤玉土、鹿沼土、軽石、腐葉土を2対3対2対3の割合で入れるとよいです。表面の土が乾いてしまうと枯れてしまいますし、根っこに水分が長時間溜まってしまうと根腐れしてしまいますので、水はけのよい状態にして水をたっぷりと上げます。

また、プルモナリアを育てている土の温度が上昇しすぎないようにマルチングの補充をしておきます。栽培している時に温度の上昇を防いでくれます。基本的に特に気を使う事なく育てる事が出来ます。ちょっとした管理として、咲き終わったお花を切り取る事で今後の花付きがよくなります。また逆に花付きが悪くなったら、植え替えをしたり、周囲の土の環境を整えてあげる事で改善されます。

花も葉も美しいので、多くのファンがいます。お手入れも簡単なので安心して育てる事が出来ます。また梅雨場は注意が必要です。その年によっては雨の日が続く事があります。根腐れを起こしてしまうと、成長が悪くなります。なめくじの発生にも十分注意を払っておくと安心です。

プルモナリアを栽培する上での注意

テキスト引用
栽培している時に特に注意したほうがいいのは病気ですとうどんこ病です。うどんこ病は梅雨から夏にかけて葉に白い小麦粉がかかったようなカビがついてしまう病気です。予防するには育て方のコツでもありますが、風通

プルモナリアの植え付けの時期は3月から4月になります。寒さに強いので冬場の植えつけはおすすめです。庭に直接植える場合は、直射日光を避けた場所がおすすめです。落葉樹の下などを耕して植えるのもおすすめです。鉢植えの場合は、土の配合には十分気を付ける必要があります。水はけと水持ちのバランスが重要になります。苗を植え付けた時には十分な水分を補充してあげる事重要になります。肥料は芽吹く時期に与えてあがるとよいです。

粒状の肥料から液状の肥料があります。プルモナリアの増やし方は株分けして増やす事が出来ます。株分けした時には十分な水分を与えてあげます。寄せ植えにする場合は、入れるお花のカラーに統一感を出すようにすると素敵になります。肥料をあげなくても十分育てることは出来ます。またさらに丈夫に育てる際には肥料は役目を果たしてくれます。10日に一回位のペースで液体の肥料を与えると丈夫に育てることが出来ます。園芸店で苗の購入する事が可能です。

お庭に植える際にはお手入れいの楽な植物のほうが結果的に広がりをみせてくれます。植えたままで十分育っていく事ができます。有機肥料を使用する場合は、置き肥をするとよいです。大変丈夫な植物な為、路地植えする事もあります。夏場は肥料を与えないほうがよいです。春先がベストになります。夏場は葉が茂った状態になりますが、あまり日当たりが良すぎてしまうと葉の色が悪くなる事があります。

種付けをして育てることはできる?

テキスト引用
プルモナリアは基本的には株分けをして増やしていきます。種付けをすることはもちろんできますが、種から育てることが少し難しいといわれています。種付け自体は花が咲き終わった後にそのまま花茎をカットしないで置いておくと

プルモナリアの増やし方は、主に、秋頃に株分けをします。冬場の寒さには強い植物なので、冬場にしっかりと育つ事が出来ます。春になりますと新しく芽吹いてお花を咲かせます。害虫としては、梅雨の時期にはなめくじに注意をします。またうどんこ病にも注意が必要です。うどんこ病にかかると白い粉をかけたような状態になります。気が付いた時には、白くなった部分を切り取ります。被害を最小限にする事が大事です。予防対策として薬剤を散布する方法があります。

またネコブセンチュウの発生にも注意が必要です。発生しやすい環境としては、水はけの悪い環境になります。ネコブセンチュウは寄生されてしまいますと根っこの細胞組織がこぶ状になってしまいます。一瞬発見しづらいのですが、植物の生育が悪くなる事で気が付きます。お水や肥料を十分に与えているにも関わらず成長が悪い場合は疑った方が良いかもしれません。ナメクジの駆除には、ビールトラップを仕掛けるか薬剤を散布しておく方法があります。

ビールトラップは簡単なので挑戦してみるとよいです。ナメクジの好きなビールを牛乳パーック等を使ってしかけておきます。数日放置しておくと、中にナメクジが入っています。捨てる際には、手につかないように気を付けて、ビニール袋などに入れて捨てるとよいです。プルモナリアは育てやすい上に管理も比較的簡単なので、庭際に植えてみるときれいです。増やす際に鉢植えにて増やす事で場所を選ばず楽しむ事が出来ます。

プルモナリアの歴史

テキスト引用
プルモナリアはムラサキ科プルモナリア属に属し、多年草です。園芸ではプルモナリアと呼ばれていますが、ハーブティーなどにも使われていて、ハーブの世界ではラングワートという名前で知られています。原産はヨーロッパから

プルモナリアの原産地はヨーロッパから西アジアになります。生息地は寒さに強いので広範囲になります。常緑の多年草になります。ムラサキ科のプルモナリア属に属しています。園芸店ではプルモナリアと言われていますが、ハーブティなどにもよく使用されています。ハーブとしてはランダワートという名前で知られています。薬用ヒメムラサキ、エルサレムカウスリップという別名もあります。ハーブと言う事で、昔からプルモナリアがあらゆる病気の治療に使われていました。

肺病の治療に使われていていました。ラテン語の肺という意味がpulmonarisからきているとされています。白い斑点が入っている葉を肺に連想されている事から名づけられていたと言われています。薬用効果もあり、収れん効果、利尿効果が期待されています。皮膚薬、去痰薬、気管支炎、胃丁障害などにも活躍が期待されています。日本へ渡来した時期ははっきりとわかっていません。日本に入ってきてから品種改良され、多くの園芸店で取り扱うようになってきています。

また日陰などでも育ちやすいという事もあり場所を選ばず彩ってくれるという事で人気を集めています。薬用として利用する人もいます。多少日当たりが悪い場所でも育つ事から木の下で育てたり、プランターなどで栽培する人もいます。日当たりの場所をかわいいお花で彩る事が出来るという点は、大きなメリットになります。株分けの際に鉢植えとして増やしてみるのもおすすめです。敢えて小さく盆栽風にアレンジするのもよいです。

プルモナリアの特徴

テキスト引用
生息地は原産地と同じくヨーロッパから西アジアにかけての地域です。霜や凍結にも強く、ほとんど傷んでしまうことがありません。花が咲いていても成長して葉も大きくひろがっていきます。 鮮やかな青色の花がよく

お花が咲く時期は3月から5月になります。春に花茎が伸びて行きロウト状に花が固まって咲きます。花の色は、赤紫、ブルー、ブルーからピンクに変色したものなどがあります。二色のように見える新しい品種もあります。通常は単色のものが多いです。葉には特徴があって、葉の表面白い斑点をつけて班入りになります。表面にはやや硬い毛が生えていて触るとざらざらした感触です。

株はロゼット状で冬は眠ったような状態になり、元気な時期は根茎が広がります。半日陰を好みますので、シェードカーテンのリーフプランツとして重宝します。高温多湿に多少弱い傾向があります。これから梅雨から夏にかけて注意が必要です。しかし、弱い訳でもなく丈夫に成長していく事が出来ます。日当たりが悪くても十分育ちますが、日当たりのよい方が花付きは良くなります。

また暑さよりも寒さには強い傾向があります。少し湿った場所を好む傾向になります。水はけの良い場所がおすすめです。寒さに強いので寒い地域でも十分育てる事が出来ます。プルモナリアの品種は班の入り方や色違いでいくつかの品種に分けられています。珍しい物は通販で購入すると手に入りやすくなります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

横に広がって育っていきます。鉢植えよりも庭に直接植えた方がよいです。お花だけでなく葉もきれいなので、お花が咲いて無い時期でもお庭の花壇を彩ってくれます。葉の班が特徴なので、班の入った葉がきれいと感じるかどうかは個人差があります。

プルモナリアの育て方・栽培に関連する無料素材

  • プルモナリア

    プルモナリア

    プルモナリアは葉を落とし、根の状態で冬を越した後、早春に姿を見せて可憐な花をつけます。ブルー系や…

    1

    1,392

    490.7

このまとめのキーワード

「プルモナリア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,603view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,432view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,403view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,651view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,785view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,990view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,856view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,246view