• クラブアップルの育て方・栽培

クラブアップルの育て方・栽培

クラブアップルの…

出典:育て方ラボ

育て方は、他の植物に比べて比較的簡単です。クラブアップルは、寒さに強く、暑さにもある程度強いので、育てる環境に関しては、細かな注意は必要ありません。日向を好むので、日当たりのいい場所で管理するようにします。寒さに関しては、マイナス30度まで耐えることができます。

クラブアップルの育てる環境について

テキスト引用
クラブアップルは非常に優れた耐寒性を持っているために、育て方に苦労することがないビギナー向けの品種でもあり、マイナス30度の寒気が訪れる厳寒地でも成育でき、冬越しも問題ない樹木として国内でも南から北地方全域に普

それで、日本の一番北、北海道でも冬越しをすることができます。暑さに関しては、できれば、真夏の直射日光と西日を避けたいところですが、ある程度丈夫に育ちます。日に当たりすぎると、葉っぱが枯れてまったり、実のつきが悪くなります。

それで、できれば半日陰の場所か、優しく日が差し込む場所で栽培管理するのがベストです。土壌に関しては、バラ科なので風通りの良い場所が適しています。湿度が多すぎると、カビなどの病気にかかりやすくなります。それで、ある程度の通気性を考慮する必要がります。耐寒性に優れているので、やや乾燥している、水はけの良い場所に植えるとよく育ちます。

それで、高台や、傾斜のある場所で、地植えをするのが適しています。剪定は、クラブアップルの葉が落ちる真冬に済ませるようにします。剪定をすることで、他の部分に栄養をいきわたるようにできるだけでなく、加湿を避けることもできます。それで、間引き感覚での剪定を時折行うことも、病気の防止に役立ちます。特に5から6月は梅雨で雨が多く降ります。それで、この時期にこまめに剪定を行うことも、クラブアップルを上手に育てる際の一つのポイントといえます。

クラブアップルの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
クラブアップルの育て方としては、果実の種子からも育てることが可能ですが、発芽した後、実を付けるまでには数年掛かる場合が多く、長い歳月を掛けずに育てられる株から育てるのが適しています。種子からの場合には果実から

クラブアップルは、種からでも、株からでも育てることがあります。種から育てる場合は、実をつけるまでには数年かかりますが、その分実がなったときのうれしさもひとしおです。その年に、実がなるのを見たいという人には株から育てるのがおすすめです。

種付けをする場合は、まず果実から種子を取り出します。土に関しては特に気を配る必要はなく、市販の培養土や赤玉土をポットに入れて、種を植えるようにします。発芽しやすいように、日陰で管理します。鉢植えの場合は、成長した場合に備えてできるだけ大きめ、7号以上の鉢にします。ただ、鉢植えの場合は、水切れが起きやすく、こまめに管理するのが大変だと感じる場合には、庭植えのほうがおすすめです。水やりは、表面の土が乾いてから、たっぷり水をあげるようにします。

地植えの場合、保水性に優れているため、頻繁にあげる必要がありません。目安としては、土表面が乾いて、地割れが見えてきたら水を与えます。水やりの頻度は時期によっても違います。枝や株の成長期、果実が成長していく時期は注意して、水をやる頻度を増やすようにします。反対に落葉後の休眠期は、少量で構いません。

盆栽用として育てる場合には、水を含ませたコケを土表面に覆うようにして、コケが乾いたタイミングで水をやるようにすると上手くいきます。肥料は、春と秋に2回与えます。春は、新芽の栄養となり、秋は果実を付けた後の栄養を補うものとなります。リン酸、カリ・窒素のバランスの良い緩効性肥料を土に混ぜ込むと、病気を防ぐこともできます。

クラブアップルの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としては、果樹や樹木同様に挿し木また接木によって増やすことが可能です。種子から増やすことも可能ですが、上記で述べた通りに実を付けるまでに歳月が掛かるために、挿し木また接木で増やす方法が的確です。クラブアップル

クラブアップルの増やし方は、挿し木や接ぎ木によって増やしていくことができます。種付けの場合は時間がかかるので、より確実で、早いのは挿し木という方法です。クラブアップルは育てやすく、水やり、肥料などほかの植物の栽培に比べて手がかかりませんが、害虫予防には注意が必要です。

バラ科の花木なので、毛虫やアブラムシが付きやすく害虫対策には気を配ります。薬剤散布か、直接手で取り除く方法があります。薬剤の場合、花の咲くころ、春先に浸透移行性を持つ殺虫剤をもちいて、アブラムシ類などの吸汁性害虫を予防します。

品種や成長具合によって毛虫が大量発生する場合があります。その場合には、様子を見ながら引き続き1週間に2回散布するようにします。果実を食用として利用したり、周りで他の草木を育てている場合には、この方法よりも、直接取り除くほうが適しています。その際は、害虫を一匹ずつ割りばしで取り除くか、ある程度枝が大きい場合には、揺さぶって落とすこともできます。

落葉した後に、葉をそのままにしておくと食害虫を繁殖させてしまうことがあるので、葉を落として焼くことで、予防もできます。また、枝や幹の分かれている根元部分に卵がつく場合もあります。その場合にも、事前にブラシを使ってこすり落とすことによって、次の年に害虫が増えないように、木を守ることができます。特に挿し木を用いた定植の場合は幹肌があれやすいので、肥料を十分に与えることも大切です。

クラブアップルの歴史

テキスト引用
科名はバラ科であり属名はリンゴ属、学名をMaluspumilaと言い、和名をヒメリンゴと呼ぶのがクラブアップルです。リンゴの原種に近い品種であり、その種類にはマルス属となる改良された園芸品種も現在では流通し普及しており

クラブアップルとは、リンゴの品種の一つです。リンゴというと、一般的に食べられる果物の代表で、歴史も古く紀元前6000年の地層から、炭化したリンゴが見つかっています。もともとの原産地は、ロシア南部のコーカサス地方です。それがのちに民族間の移動に伴って、ヨーロッパに生息地が広まっていきました。

ヨーロッパでは、リンゴがもっとも栽培の歴史の古い果物です。そのうち、栽培技術が進歩し、品種改良がおこなわれるようになっていきました。16世紀までは、リンゴというと、小さくて、酸味と苦みがあり、サイダーの原料として使われる、クラブアップルが一般的でした。16世紀以降になって、イギリスで大玉の果物用の品種が発達し、いま一般的に食べられているリンゴの種類になりました。

つまり、クラブアップルは、今のリンゴの元になった品種です。リンゴは品種がたくさんあり、品種改良も行われるため、正確な数は分かっていませんが、約1000種はあるとみられています。そのうち、現在はクラブアップルは、観賞用として用いられ、見た目のかわいらしさから庭木や盆栽として多くの人に人気です。

世界的に有名なターシャ・チューダーの庭にも植えられていました。クラブアップルは、酸味が強く、食べると思わず苦虫を噛み潰したように、顔をしかめてしまいます。つまり、「クラビーな顔」になるので、クラブアップルといいます。クラブとは、「カニ・シラミ」のことをさします。

クラブアップルの特徴

テキスト引用
クラブアップルは和名をヒメリンゴまた別名にアルプス乙女という名がつけられている小さな果実をつける果樹また園芸樹で、観賞用と果樹の2通りの栽培を可能とする特徴を持ち合わせています。春には品種によって、八重桜などの

クラブアップルは、バラ科のリンゴ属で、和名は姫りんごです。または、その可憐さからアルプス乙女とも呼ばれています。花と果実を楽しむ、観賞用のリンゴとして栽培されています。花の特徴は、華やかなピンク色や、赤紫です。

一重の花が5-6月ごろに咲きます。葉の色はモスグリーンの淡い色で、若葉は柔らかく、落葉するころには固い葉へと変化していきます。果実は、小さくて1.5から2センチほどで、9月中旬から11月の秋に緑色から赤く色づいていきます。小さな実がたくさんなるので、日を追うごとに色が変わっていく様子を楽しむことができます。

また生食できる品種も普及しています。果実は、通常のリンゴよりも粗く、酸味が強いのでジャムやジュースの原料、また果実酒としても用いることができます。花粉が多いため、他のリンゴの受粉樹に適しています。また、その果実の成分から、他の植物の開花を促すという、魅力的な特徴があります。それで、他の植物の近くに植えて、栽培を促すということもできます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

一本でなる、自家結実性の特徴があります。成長すると2から3メートルになる落葉高木で、葉張りが広く、1-3メートルになり、見栄えが良い木になります。また、盆栽としても栽培できるため、50センチほどに抑えることもできます。たいへん育てやすく、全国どこでも栽培することができます。また寒さに優れており、暑さにもある程度適応でき、初心者にもおすすめの花木です。

クラブアップルの育て方・栽培に関連する無料素材

「クラブアップル」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

2,912view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

2,947view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

2,764view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

10,204view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

2,811view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,132view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

7,794view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

5,828view