• ケールの育て方・栽培

ケールの育て方・栽培

ケールの育て方・…

出典:育て方ラボ

ケールの育て方・栽培のまとめとなります。ケールは生育旺盛で育てやすい野菜に分類されます。キャベツの仲間ですがキャベツと違って丸める手間がいりません。育て方は、苗がない場合には種から栽培する事ができ、育てやすい植物です。

ケールの育てる環境について

テキスト引用
ケールは生育旺盛であり育てやすいものに分類されることになるでしょう。キャベツの仲間ではありますが、丸める必要性が無いために手間もかかりません。苗が無ければ種から栽培することも出来ますし、中々に育てやすい植物であると

色々な環境で育てる事ができ、寒冷地でも暖地でも、どちらの地域でなくても植え付け時期さえずらせば育てる事ができて、種付けは3月~8月に行い、収穫時期は植えつけ時期でかわるので2月から4月の時期を除く、長期間収穫時期がある野菜です。収穫する時には、仲間のキャベツと違って玉を丸ごと採るのではなく、大きくなった外側の葉から順次採取していきます。

30~40センチほど大きくなって、色が緑になっていたら付け根から切り取る方法で収穫していきます。生命力が大変強く、ある程度の広さがある畑があれば、誰でも育てる事ができるケールは栽培はそれほど難しくないですが、畑の広さがポイントになります。好気性植物のケールは根に十分空気を与える必要があり、成長過程で狭いスペースに密集してしまうと葉同志が押し合ってしまうので、育ちが悪くなってしまいます。

用地は砂質土で団粒組織である事が重要で、粘土質で単粒組織の場合には水分は十分保っても空気がすくなので栽培が難しく、客土したり、土壌改良剤で土質を改善し、緑肥堆肥を行う必要があり耕作が必要です。土壌の老朽化を防止し、衛生面を気をつければ、収穫後また植える事が可能です。植え続けるためには、有機質肥料と石灰を十分施す事が必要です。さらに一度作ったケールは葉や茎、根すべて畑の外に出します。

ケールの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ケールは丸くならない大きなキャベツと理解すればわかりやすい植物です。花が咲くと種が取れますのでそれをまいておくことで育つことになるでしょう。寒さに強いという性質がありますので積雪のある地域でもしゅうかくすることができる

ケールは丸くならないキャベツと認識していれば間違いない植物で、花が咲くと種が取れるので、種をまいておくと育ちます。寒さに強いという性質から雪が降り積もる地域であっても収穫する事ができる野菜です。降雪地帯でも育つ野菜としてもキャベツと似ています。ケールに適した環境は、発芽は10~30℃程度で、15~20℃程度の冷涼な場所で良く育ちます。育てるだけであればさほど難しくありませんが、良質な葉を収穫するためには、株が疲れないように定期的な追肥を行う事が重要なポイントになります。

キャベツと異なり葉が丸くなる事はないので、どんどん広く広がって育っていきますが、葉が大きくなったタイミングで切り取って食用にしていきます。収穫できる期間は非常に長く、多くの養分が必要になるので、追肥が欠かさない様にしなければなりませんし、水やりも重要で、成長するためには大量の水分が必要になります。水はけがよく、水持ちの良い土壌という点は重要になり、適切に水分を補給できる環境は重要なポイントになります。

良質なケールの栽培をするためには、土壌と水分、そして追肥は欠かす事ができない環境条件になります。追肥時期は、定植後根が十分はってきた頃と成長して葉がつき収穫するころです。肥料には、緑肥、堆肥、厩肥、鶏糞、油粕など有機質肥料と石灰を基本とします。新しい用地を開いた時には有機質と石灰分を大量に入れる必要があります。肥料の効果を効かせるために、深耕して本床を作って、そのあと中耕を怠らない様にする事が重要です。

ケールの増やし方や害虫について

テキスト引用
キャベツに似ているケールではありますが、キャベツの様に玉状に育てるのではなく育った葉を切り取って収穫して行くというスタイルになります。そのため収穫する葉の量を巧みにコントロールし、成長力を弱めないように工夫

ケールの増やし方のポイントは、育ってきた葉を切り取って収穫していく事になるので、収穫する葉の量をコントロールして、成長力を弱めない様にする工夫が必要です。株間を広く開けて風通しを良くします。春から夏の間にはウネ間二尺三寸、株間は一尺八寸以上にします。秋から冬の間は株間を少し狭くしても大丈夫です。より風通しを良くして、成長力を盛んにするために下の葉をどんどん取っていきます。1本のケールに10枚以上の葉をつけておかないようにします。

一度に大量の葉を収穫してしまうと弱ってしまいますので、一回の採取は1~2枚程度にしておきます。収穫量をコントロールしておくと、長期間収穫する事ができますが、収穫期間を長くしてしまうと肥料切れにならないように、肥料の追加が欠かす事ができなくなります。ケールはキャベツと同じく大変虫に好まれる野菜で、害虫対策は必須になります。育苗中にはべと病、立枯病に注意して農薬で予防します。

畑ではコナガ、アオムシ、アブラムシなどの害虫などに注意して農薬散布によって早めに駆除します。アオムシも付きやすい種類の野菜で対策には農薬が散布が簡単な方法です。農薬散布を避けたい場合には、トウガラシ関連の辛味成分を含んだ溶液を散布する方法やパセリやミントなどのにおいの強い植物を近くに植えて対策をする方法も効果があるといわれています。シンクイ虫がついていたら処置する事はできないので、見つけ次第株ごと抜き取ります。

ケールの歴史

テキスト引用
ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜の王様と呼ばれている野菜として知られています。日本においては青汁の素材として有名であり、

青汁でおなじみのケールはアブラナ科の緑黄色野菜で、葉の表面やクキに毛がない一年草または多年草でキャベツやブロッコリーの原種です。歴史は古く、紀元前から地中海から中近東が原産地で現在のスペインにあたる地域にイベリア人野生種のケールを食べていた健康で長生きの羊がいたため、身体によい物として栽培されていました。その後ケルト人がヨーロッパ各地に広めた事からケールという名前で呼ばれるようになりました。

日本には18世紀江戸時代にオランダからと渡来したとみられていて、羽衣甘藍色または緑葉甘藍と呼ばれて、もともと当時は観賞用として親しまれていました。その後栄養が豊富な事がわかると青汁などの原料として使われるようになりました。日本では現在平成20年度の生産量は約2、665トンで、環境さえあれば育てやすい野菜なので生息地は広まっていますが、主な産地は茨城県が中心となり島根県、岡山県、福岡県、大分県、鹿児島県となっていますが、他に青汁への加工用として販売している企業が栽培している事も含めると生産量はもっと多いとされています。

青汁トップクラスの販売企業だけでも年間10、000トンも生産しているといわれています。ケールは温暖な気候条件であれば通年栽培する事が可能で、収穫も通年行う事ができます。キャベツと同じく霜が降りはじめる頃の晩秋から冬には甘味が出ますが、葉が厚くなり青汁や煮込み料理向きになります。栄養価では傾向としては夏にビタミン類やカロテンの量が多くなります。

ケールの特徴

テキスト引用
ケールは日本においては健康志向の食品である青汁の素材として有名になった経緯があります。いわゆる栄養素が豊富に詰まった野菜であり、キャベツの仲間として知られています。キャベツの原種に当たるものに近く、結球しない

ケールには系統が3タイプにわかれていて、葉は灰緑色で縮みやシワが多いスコッチケールの系統、葉が青々して比較的シワが少ないシベリアンケール系統、葉が丸くシワがほとんどないコラード系統があります。青汁などに使われている系統は葉が大きくて、縮れたスコッチケールなどが使われています。

食用として市場に出荷されている系統には、比較的葉が柔らかくて縮れがなくて食べやすいコラード系のものが多く、ある程度成長した葉を出荷しています。葉の形が長く楕円形に近く、付け根近くの両側に大きな切れ込みがあって、ブロッコリーの葉を少し丸くした見た目で、葉の色もブロッコリーの葉に似ていて、葉の固さはキャベツの外葉ほどではないですが、軸は固さがあります。

ケールは大変栄養価が高く、ビタミン類やミネラルなどバランス良く含まれていて、野菜の中でも含まれている栄養素が上位に入る量です。ベータカロテンやビタミンE、Cなど抗酸化作用が強い成分がたっぷり含まれていて、活性酸素を抑えて体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあって、生活習慣病といわれている動脈硬化や心筋梗塞の予防になるといわれていて、老化の予防効果にも期待する事ができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

またメラトニンが含まれていて、寝つきをよくし、睡眠の質の改善をする働きがあるといわれています。蕎麦に含まれるルテインも沢山含まれていて、白内障の予防に貢献しているといわれています。豊富な食物繊維やカルシウムも沢山含まれています。

ケールの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ケール」に一致する植物図鑑

「ケール」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

10,540view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

7,784view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,479view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,464view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,444view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

23,479view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

12,672view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,221view