• キングサリの育て方・栽培

キングサリの育て方・栽培

キングサリの育て…

出典:育て方ラボ

キングサリを栽培するときに必要となる環境です。花は黄色で太陽が好きそうな花に感じます。そのことから太陽が好きなイメージを持つことがあります。この花はあまり高温が得意ではありません。一方で耐陰性を備えています。

キングサリの育てる環境について

テキスト引用
キングサリはアルプスを含むヨーロッパ中南部の山地、林の中や潅木地帯が原産生息地です。そのため寒冷地に適しており、寒さに強く、高温多湿に弱い植物です。積雪にも耐え、関東以北での栽培に向いています。キングサリを大

太陽が好きそうなのはイメージだけであまり太陽を好まない花になっています。管理する環境としては半日陰を選ぶようにします。日当たりで育たないわけではありませんが、日に当てすぎると乾燥して弱ってくることがあります。耐陰性はありますが完全な日陰は避けます多少の日当たりが必要になります。

建物の東側であれば朝のみ日を受けることができるので適した場所になります。木なので他の植物の陰にはなりにくいかもしれません。土壌としては荒れているところよりも肥沃なところが好まれます。寒さには強くなっていますが、あまり冷たい風にさらされるとそれによって枝枯れを起こすことがあります。

あまり風が強く当たるところで育てないようにしなければいけません。日本で育てるときには高温多湿に注意しないといけないでしょう。高温にしないためにも昼以降日陰ができるところが良いとされています。

植木鉢で育てることはあまりなく、直接植えて育てます。となると季節ごとに移動させたりすることができません。日本全国で育てることは可能ですが、南部の地域よりも北部の地域で育てやすいといえます。東北地方で立派に育ち、暖地ではこじんまりすることがあります。

キングサリの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植え付けの時期は、落葉した後の11~12月と、芽が動く直前となる2~3月です。寒冷地方では秋に植えると寒さで枝が弱り、枯れやすくなるので避けましょう。キングサリは根に根粒菌の入った結節を持ち、移植を好みません

キングサリの育て方として種付けがあります。最初に育てるときは植木鉢のこともあります。成長してくると高木になってきますから地植えにしないと育てるのが厳しくなってきます。植える時期としては3月の春ごろです。少し寒いと感じる時期に植え付けを行います。水はけが良く、栄養分のある土を求めます。配合例では赤玉土の中粒が6割、完熟腐葉土を4割ぐらいにしていみます。さらに樹皮堆肥を加えても栄養分を増すことができます。市販の培養土を使うこともできます。

水やりは最初はどんどん与えます。植木鉢で育てるとき、庭に植えて育てるときどちらも水は必要になります。一般的に庭に植えるときはあまり水は必要ないとされています。雨が土の中に残るのでそれほど必要とされていません。しかしこの植物は積極的に水を必要とします。ですからできるだけ水をたくさん与えるようにします。庭に植え付けてから2年ぐらいが経過すると木も安定してきます。

するとそれほど水を必要としなくなります。雨などの水で十分になるので意識的に水を与える必要がなくなります。肥料は庭に植えるときに行います。1月ごろに寒肥を与えます。有機質の肥料を株もとの周辺に埋めるようにします。植木鉢でも肥料を与えると元気に育てることができます。化成肥料と呼ばれるタイプを3月ぐらいに追肥しておきます。肥料を与えるときに注意したいのは窒素分です。あまり多いのは良くないので分量の様子を確認します。

キングサリの増やし方や害虫について

テキスト引用
実生か挿し木で増やせます。10~11月にサヤから熟したタネを採ってそのまま蒔きます。寒冷地では、冬に凍らないよう保存して翌年3月ごろに蒔きます。キングサリのタネには強い毒性があるので、保存する際には十分注意

キングサリの増やし方では種まきをする方法があります。花が咲いた後の秋に種を採取します。それを保存しておきます。その種をまくのは翌年の3月中旬ごろになります。植え付けと同じ時期に行うようにします。この花は実であったり種に毒が含まれています。子供やペットなどが誤飲をしないように十分気をつけながら保管しておく必要があります。その他の増やし方としては挿し木をすることができます。季節はこれも3月ぐらいに行います。

前年度に伸びた枝から15センチくらい穂木を取ります。この穂木に水を吸わせます。その後に清潔な土に挿しておきます。挿し木の状態での注意としては日光が当たりすぎないところで保管することです。日光が強いと乾燥してしまい成長しにくくなることがあります。害虫対策として気にしないといけない虫があまりありません。さらに病気なども気にしなくてよいとされています。毒性があることから虫もあまりつかないのかもしれません。

もし虫が嫌っているとしたら他の植物を育てるうえでも重宝する植物になります。この花を楽しむためには形を整える作業などをしてあげます。不要な枝などが伸びると木の全体のバランスが悪くなることがあります。せっかくきれいな花を咲かせるのにバランスが良くない状態は避けなければいけません。それを考慮して枝の剪定などを行います。成長するままにしているとどんどん枝や幹が太ってしまって切ることができないこともあります。

キングサリの歴史

テキスト引用
キングサリは、ヨーロッパでは古くから知られた植物でした。古代ローマ、西暦22年生まれの大プリニウスが著した『博物誌』「植物篇」のなかに、キングサリについて触れられています。木材としての使用、花の房の形などを記

花には学名、英名、和名があります。英名は世界的な標準としていわれることがあります。和名は日本で昔から言われている呼び方、輸入をされたときの印象などからつけられることがあります。人それぞれものの見方は変わりますから同じものでも別々の見方がされることがあります。でも世界で同じように認識されることもあります。キングサリと呼ばれる花がありこちらは和名として知られています。その他の名前として設定されているのがゴールデンチェーンです。

どちらも鎖、チェーンと同じような行き愛の言葉が入り、金、ゴールデンと同じ意味の言葉が入っています。英名が直訳されたのかどうかはわかりませんが、なんとなく花をイメージしやすい名称がつけられています。この花の原産、生息地はヨーロッパ中部から南部ぐらいとされています。ヨーロッパでは比較的メジャーな花として知られていたようです。古代のローマ時代からある花のようで、古い書物の中にも内容が記されています。

木材として利用されたり、花の様子などが記されています。イギリスの1500年代の書物にも記載があります。街路樹として使われることがあると記載がされています。葉に薬効や毒性などがあるらしくそのことが知られていました。西洋文化の中にもこの花の影響がわかる記載が残っています。日本に伝わってきたのは明治時代の初期ぐらいとされています。木材などでの利用ではなく園芸品種として主に利用するためです。

キングサリの特徴

テキスト引用
マメ科の小高木です。フランスからバルカン半島にかけてのヨーロッパ中南部が原産で、山地に自生します。いくつかの種類は小アジア、アルプスを生息地としています。一般的にGolden Chain、Golden Rainと呼ばれ、日本ではキバナフジ

キングサリの特徴に何があるかです。花だけを見ると小さな花がたくさん咲きます。そのことから花畑などにたくさん咲いているイメージがあります。実際にはこちらの花は庭木、花木になります。形態は高木で、木の高さは7メートル近くになることもあるようです。花の色は名前にもあるように黄色が一般的となります。

ヨーロッパで見られることから耐寒性は強めになっています。耐暑性はごく一般的と言えます。生物学的にはマメ科の植物になります。日本での別名としてキバナフジがあります。春に藤色の花を咲かせることで知られるフジですが確かに藤によく似た花です。ただ黄色ですから、フジではないことがわかります。

花の大きさは2センチほどです。非常に小さな花がたくさんついています。蝶のような花を房のようにしてどんどん付けています。枝から下に向かってぶら下がるように咲きます。一つの花の房は30センチから70センチぐらいまで垂れ下がることもあります。葉っぱの形は長い柄が伸びて、その先の方に小さな葉をつける形になります。三出複葉と言われる形で葉をつけています。花が終わった後には花穂の部分に鞘がぶら下がるようになります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

この花は全体的にアルカロイドが含まれているとされています。有毒な植物の一つです。マメ科のこともありマメがなり収穫が可能です。収穫できるといっても食べることは出来ません。あくまでも増やすために使うのを基本となります。注意が必要です。

キングサリの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「キングサリ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,866view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,118view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

14,701view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

15,455view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,468view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

13,032view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,346view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,543view