• 根茎性ベゴニアの育て方・栽培

根茎性ベゴニアの育て方・栽培

根茎性ベゴニアの…

出典:育て方ラボ

根茎性ベゴニアには日射しは必要ですが、直射日光は必要ありません。一年中屋外ならば明るめの日陰や日当たりのよう室内であれば十分粗朶ことができます。一定の湿度があればスクスクと成長しますので、テラリウムにも順応します。

根茎性ベゴニアの育てる環境について

テキスト引用
直射日光を必要とせず、1年を通じて屋外の明るい日陰や室内でも良く育ちます。空中湿度を好みますので、テラリウム栽培も適しています。蛍光灯の光だけでも充分育つ品種もありますので、育て方が難しいものではありません。暑

また日射しがなくても、蛍光灯などの機械的な明るさがあれば育つという特性を持つものもありますので、環境に合わせて品種を選ぶことも可能です。暑さには強く寒さには比較的弱い植物として知られていますが、品種改良によって寒さにも一定であれば耐えるという品種も生まれてきています。

しかし、改良がされていな一般的な品種については、冬の寒さは3℃から5℃までにとどめておく必要があります。寒い地方での栽培をされる場合には、鉢植えでの育て方がベストでしょう。霜が降りるころには、室内に移動させて管理します。庭植えなどの地植えをされる場合には、ビニールなどで寒さをしのげる工夫をするようにしましょう。

しかし、雪が深く地中の温度も下がるような場合には、鉢植えを選ぶようにしましょう。ただし、品種によっては高さのあるものもありますので、その場合には支柱を立ててサポートしてやる必要があります。土の環境は、適度な乾燥を好みますので、根腐れには十分注意して育てましょう。水はけが良く、乾燥しすぎず保水性の高い環境を作ることの出来る用土を選びます。赤玉土が6の腐葉土4の土がオススメですが、自身で作ることが出来ない場合には、培養土でも可能です。

根茎性ベゴニアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
種付けではなく、根茎ざしや葉ざしによって増やします。大きさを鉢植えにつかう容器のサイズである程度調整することができますので、大きな株に育てたい時には、根茎の状態と相談しつつ、鉢増しするとよいでしょう。時期は春

根茎性ペゴニアは種付けはなく根茎を使ったり、葉を使ったりして行います。根を大きくすることで大きな株に育てることが出来るので、大きく育てたい場合には少し大きめの鉢植えを用意しましょう。鉢を大きくしたい場合には、植え替え時期を春から夏前まで、もしくは秋頃がオススメです。反対にあまり大きくしたくない場合には、根茎の先を5センチ程度切り取り、植え付けます。

この場合にはそれほど大きく根を張りませんので、浅い鉢植えでも可能です。比較的暖かい地域であれば、地植えをすることも可能ですが、地植えの場合には水やりは特に必要ありません。ただし、乾燥した日々が続く場合には適度に水やりを行いましょう。また日射しが降り注ぐ場所は適しておりませんので、日陰ではない場合には影を作ってやることも考えましょう。その場合には、特に土の水分が足りているかを見ておく必要があります。鉢植えの場合には、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。

目安は、鉢底から溢れるくらいが良いです。肥料は、植え付け時や植え替え時には「緩効性化成肥料」を元肥として使用します。さらに育成期である春や秋には追肥をオススメします。液体肥料や効き目が緩やかな肥料を選んで、与えるようにしましょう。これは急激な刺激により負担を与えない効果があります。花柄はこまめに取り除き、茎は短くカットしておくことで病気などを防ぐことが出来るほか、株に負担を掛けずにキレイに育てることが出来ます。

根茎性ベゴニアの増やし方や害虫について

テキスト引用
根茎ざしや葉ざしによって増やしますが、適している時期は春から初夏もしくは秋の比較的穏やかな季節です。葉ざしに使う場合には、数mmの葉柄をつけた状態で葉を切り、柔らかいさし木用用土にさします。その後は土を乾

根茎性ペゴニアの増やし方は、根茎挿しや葉挿しが一般的です。また根茎挿しや葉挿しを行う季節は、春から夏の初め、さらには暑い真夏を避けた秋口などを選ぶようにしましょう。方法としては、葉柄を付けた部分を2.3ミリ程度残して葉を切り取ります。その切り取った葉を柔らかく栄養のある土に挿します。管理には、土の乾燥に十分注意して水やりを行う程度で特に問題ありません。害虫問題は、ネコブセンチュウに要注意です。ネコブセンチュウとは、根に寄生しコブを作ります。

コブが出来たことにより、株の成長を妨げる問い場合があるので気をつけましょう。土が汚染されてしましますので、一度感染した土は使わないようにします。またうどんこ病にも注意が必要で、灰色カビ病にも十分注意します。うどんこ病は、白い病斑が出来るので、見つけた場合には専用の薬を使い対応します。被害を受けないためには、蒸れないように剪定などを行い、風通しを良くしましょう。

灰色カビ病も花などが変色します。変色に伴い早く木が溶けてかびてしまいます。梅雨などの湿度の高い季節には、うどんこ病や灰色カビ病などに感染する可能性がありますので、気をつけましょう。さらには、アブラムシなどの害虫が、病気を蔓延させる可能性がありますので、注意が必要です。根茎性ペゴニアのお手入れでは花柄や入らない茎や葉を剪定して、徹底的に病気にならない環境を作ることが遠ざける最大の手段だと言えるでしょう。

根茎性ベゴニアの歴史

テキスト引用
ベゴニアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属の植物です。ベゴニアには他種を交配して作られた様々な品種がありますが、それらを茎の形態で3つに分類することができ、根茎性ベゴニアはその一つです。熱帯・亜熱帯地域が原産

ペゴニアには、根茎性のタイプを含むたくさんの種類が日本や世界各国に存在しますが、これらの種類は、大きく三つに分けることが出来ます。そのむかし大航海時代と呼ばれる時代には、インドやアジアの各大陸を目指して広く流通したと言われています。インドやアジアだけでなく、アメリカ大陸などにも広まり、それはヨーロッパ人によってでした。その中で、より多くの品種をと開発されたこともあり、種類も増えたと推測されます。

プラントハントと呼ばれる他の国々から希少価値の高い植物を入手していた時代もあり、バハマとアンティルの各諸島はフランス領であり、治めていたのはミシェル・ベゴン(1682-1685)です。その後に、ミシェル・ベゴンによりルイ14世に推薦されたのが、植物学者であるシャルル・プリュミエでした。プラントハンターとして活躍したシャルル・プリュミエは、植物の書籍を数多く出版しましたが、そこでペゴニアについてを特集することになりました。

この時に「ペゴニア」は名前を付けられ、その由来は「ミシェル・ベゴン(MichelBegon)」という訳です。日本では、中国産であるペゴニアとして「シュウカイドウ」が有名です。このシュウカイドウは、江戸時代の肇に日本へと中国から渡ってきました。その地域は長崎と伝えられており、園芸品種として人気が高い植物です。これはペゴニアと呼ばれていない品種であり、日本人に深く愛されている植物の一つです。

根茎性ベゴニアの特徴

テキスト引用
熱帯から亜熱帯地方を生息地としていた原種を交配して、多くの種や品種が作り出されました。そのため性質は多種多様ですが、ベゴニアの特徴として、「葉の形がアシメトリで若干ゆがみを持つ」「花には雌雄の別があり、花

根茎性ベゴニアは、レックスペゴニアと呼ばれていて学名に「Begoniarex」別名に「観葉ベゴニア」があります。シュウカイドウ科のベコニア属で原産地や生息地は熱帯地方や亜熱帯地方などの中南米となっています。多年草に分類されていて、比較的暑さに強く、寒さには弱い植物となっています。

寒さに弱いとありますが、それでも5度を下回ることさえさければ十分育てることが出来ます。根茎性ペゴニアの育て方には、十分な日射しが必要ですが明るい日陰でも育てることが出来ます。ベゴニアの大きな特徴は、葉の形にあります。葉の形が同一ではなくすこし曲がっていたりと、同じ葉がないということが上げられます。

また花にしても同様に個性的であり、花びらは雄花4枚で雌花5枚という特性があります。ペゴニアの種類は大きく分けられており「根茎性」「球根性」「木立性」とあります。ここで言う「根茎性」はインドからベトナムの地方に生息しているレックスとその他の種類を用いて作られた品種です。レックスを用いて作られた品種は、根茎性のタイプに限らず木立性にもあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

根茎性のタイプの特徴としては、肉厚で少し太めな茎をもって下り、地中に広がるようにして根を作ることでしょう。今まではペゴニアで有名と言えばセンパフローレンスですが、タンバリンやペゴニアボウエレーニグラマルガなどを筆頭に近年特に多くの品種が広まり、日本国内のさまざまなお庭を美しく飾っています。

根茎性ベゴニアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「根茎性ベゴニア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

5,933view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

9,042view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,777view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

8,656view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,019view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,777view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,412view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

6,255view