• ルエリアの育て方・栽培

ルエリアの育て方・栽培

ルエリアの育て方…

出典:育て方ラボ

ルエリアの育て方は、4月から6月や、9月から10月などの春と秋の時期には、外の直射日光が当たる場所に置くようにします。しかしルエリアの種類の中には、あまり直射日光を当てないほうがいいものもあるので、それはしっかりと育て方を見てから行ないます。

ルエリアの育てる環境について

テキスト引用
ルエリアの育て方についてはいくつかのポイントがあります。まず4月~6月、あるいは9月~10月などの春秋の季節に関しては戸外の直射日光が当たる場所に置いて育てます。ただし、種類によっては直射日光を嫌う品種もありますので

しかし、株などを新しく置く場合や、買ってきてすぐに直射日光に当ててしまうとあまりよくないので、少しずつ慣らしてあげることが大事です。そしてこの春や秋の時期は、あまり水やりを与えないようにすることがおすすめです。あまり頻繁に与えないほうがよく育ってくれます。土が乾燥してきて、白っぽくなってきたときぐらいに行なうぐらいで大丈夫です。

あまりあげすぎないようにして、できるだけ乾燥させるのがいいみたいです。そして夏の7月から8月ごろは、日差しがきついので、半日陰のところで育てるようにするといいです。夏の場合は、水は頻繁に与えてあげるほうがよくて、毎日水をあげるようにします。

また冬の11月から3月ごろまでは、部屋の中で飼育することがおすすめです。あまり寒いのは避けたほうがいいので、部屋の中でカーテン越しの光が当たるところに置きます。そして冬の間も水をあまり与えないようにして、乾いたら上げるという形にするといいです。水やりに関しては、夏場以外はそれほど与えなくてもいいので、乾いたら上げる形にしておきます。そして2年に一度くらいで目安で植え替えを行なうほうがいいです。

ルエリアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
春から秋にかけて、ルエリアは成長期を迎えます。したがってこの時期に肥料を与えると良く育ちます。代表的な肥料としては主成分にチッ素、リン酸、カリウムを同じ比率で配合した化学肥料か、油かすもしくは緩効性の化成肥料

ルエリアの肥料に関しては、春から秋にかけて成長期を迎えます。ですからこの成長期の時期に肥料を与える形にします。また液肥の場合は、3月から4月ぐらいの新芽の時期に合わせて2週間に一度与えるようにすると、大きく成長をしてくれます。そしてルエリアの種付けに関しては、はじけて飛んだ種が自然と芽を出して育ってくれたりします。繁殖が旺盛なので、すぐに増えてくれたりします。また地下茎から広がって殖えるという場合もあります。

鉢植えの場合はいいですが、庭植えの場合に、繁殖しすぎて雑草のように生えてしまう場合もあります。あまりにも多くなりすぎてしまった場合には、春に新芽が出たときに間引いてあげるといいです。簡単に種付けができるので、育てやすい植物です。そして水やりに関しては、特に毎日与えないといけないと言うものではなく、暑い地域で育った植物なので、乾燥気味にしてあげるほうがよく育ちます。そして乾燥して土が乾いてきたときに、水を与えるようにします。

しかし乾燥気味にするのは、夏以外で、夏の場合は、暑くなってしまうので、毎日のように水やりを行なうことがおすすめです。夏は毎日水やりを行なって、後の時期はあまり水を与えないように土が白く乾いてきたころに水をたっぷりと与えます。あまり過湿にならないように、土も水はけのよいものにして植えるようにすると、過湿になることを防いでくれます。あとは寒さには気をつけてあげるようにします。

ルエリアの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は挿し木が一般的です。時期は春から秋にかけて、4月~9月頃に枝を5~7センチくらいの長さに切って、バーミキュライトや小粒の赤玉土などの用土にさします。ちなみにバーミキュライトというのは土質改良土の一つです

ルエリアの増やし方は挿し木が一般的です。挿し木で栽培しなくても自然に種でも成長してくれますが、挿し木のほうが早く花の季節を楽しむことができます。そして挿し木を行なう時期に関しては、春から秋にかけてです。4月から9月頃に枝を5cmから7センチくらいの長さに切って、きれいな用土にさします。害虫に関しては、暖かい時期などに発生しやすいです。少しの量の害虫を見つけてもすぐにたくさんの量の害虫が発生しますので、見つけたらすぐに対策をするようにします。

特にカイガラムシやナメクジが発生することがあるので注意します。葉を食べてしまったりします。また植物の樹液などを吸汁したりします。害虫が居ると見た目にもよくないですし、枯れてしまうことにもつながっていくので早めに害虫は駆除します。そして夏に発生しやすいので、あまり蒸れてしまわないようにしないといけないです。余りにも葉などが密集していたりした場合は、蒸れてしまうので、間引きをしたりするといいです。

株姿が乱れてきたら、春か秋に全体を切り戻すと夏の暑い時期などには、すっきりとします。そして夏は水をたくさん与えたほうがいいので、あまり与えすぎてしまうと過湿になってしまいます。ですから風通しのよい直射日光を避けたところで保管して、できるだけ蒸れないような環境にしておくことが害虫や病気にならないための対策になります。挿し木を行なうのも、剪定を目的に行なうとすっきりとしていいですし、増やすことにもなります。

ルエリアの歴史

テキスト引用
ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草で生息地はアメリカ、アジア、南アフリカの熱帯地域などです。その名前は、フランスの植物学者ジャン・リュエルにちなんで名づけられたと伝えられています。花言葉

ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草です。多年草なので長い期間楽しむことができます。そして原産地はアメリカ、アジア、南アフリカなどで、熱帯地域が生息地になっています。熱帯植物なので、暑い気候にはある程度適応してくれますが、寒さに対しては少し弱いです。また草丈は0.3cmから1mほどで、花の開花時期は種類によってさまざまです。花色は白や、赤、ピンク、オレンジ、紫、ブルーなどがあって、開花の時期も長く常緑性です。ルエリアは熱帯アメリカに約150種類ほどあります。

かなり種類も多く市場で出ているものも多いです。そして育てやすい花や葉っぱなどが美しいものが観賞用になっていて、四季咲き性の種類が多いです。またコンパクトなものなども多いので、鉢植えなどに利用することもできます。非常にたくさんの種類があって、育て方や花の咲き方などにもそれぞれ特徴があります。そしてそれぞれに育て方があるので、共通している育て方は無いです。

その中で共通しているものは、南アメリカであることと、また比較的暖かい場所で良く育つことが挙げられます。原産地がペルーやエクアドルやコロンビアやブラジルなどのどれも暖かい地域になっているので、日本で育てるときもその環境にあった育て方をすることが大事です。ですからあまり寒い時期に外で育てたりしないほうがいいです。できるだけ暖かい環境の中で育てて、冬になったら室内に入れることができるように植木鉢で育てるのがおすすめです。

ルエリアの特徴

テキスト引用
あまりにも種類が膨大であるため、一例としてルエリア・スクアロサを挙げますと花の径はだいたい3~4センチくらいで、花の色は青、または紫色です。花冠は筒状になっていて、先端は5つに裂けるようになっています。また、

ルエリアはたくさんの種類があります。そしてたくさんの種類がある中で、ほぼすべての品種が寒さに弱くて、また10度以下の環境では育てることが向いていないです。10度以下になってしまうと、生育が鈍ってしまいます。ですから冬の場合は、室内で育てることがおすすめです。室内移動させたりすることができるように植木鉢で育てることがおすすめです。南アメリカは暖かい地域です。

そして赤道に近い場所で育っているものなので、あまり寒いところで育てることが難しいです。このルエリアは気温に関しては気をつけておくことが大事です。また冬場の寒さには弱いというだけで、後は特に欠点がなく、水やりなどや肥料などもこだわりがないので育てやすいです。また日なたで育てることが一般的ですが、半日陰のところなどでも育てることができます。

そしてルエリアの特徴は花の時期が長いということです。必要最低限の世話をしていると、後はほぼ一年中花を咲かせてくれたりします。長い間花を楽しめるので後は、花をしっかりと咲き続けてもらえるようにお手入れをしておけばいいです。そして暖かい環境が続けば花は枯れることなく咲きつづきます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

草丈はやや大きく50cmから60㎝ほどまで伸びます。丈夫でとても育てやすいので人気があります。簡単に育てることができるので、後は冬の寒さの対策だけを考えて育てていけばいいです。寒いのは苦手なので、室内に移動させて、室内でも暖かい環境を作ってあげます。

ルエリアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ルエリア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

9,064view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

41,558view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

34,321view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,770view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,588view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

7,125view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

9,278view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

6,353view