• リューカデンドロンの育て方・栽培

リューカデンドロンの育て方・栽培

リューカデンドロ…

出典:育て方ラボ

育てる環境ということでは、生息地や原産地の気候を考えると理解できますが、お日様が大好きな植物で、水は乾いてから与えるという栽培方法になります。水を与えすぎると根が弱ってしまい枯れてしまうので、水を与えた後、土が乾いてから与えるということで、よく育ちます。水の調節が重要になる植物です。

レウカデンドロンの育てる環境について

テキスト引用
熱帯植物の中では比較的耐寒性に優れた性質を持ちます。なかでも長年日本の環境下で栽培されたものなら0℃まで耐えることができたり、冬の積雪に埋もれてしまっても耐えられる場合があります。しかし、もともとは暖かい気候を

その点が注意点ということになります。植物の場合には、水を与えたほうが元気になるような感じもしますが、生息地の状況に適して、進化しているので、一般的な考え方ではなく、生息地の気候などを考えて育てていくということも必要になります。肥料は春と秋に与えます。また、水の与えすぎに弱いということですので、梅雨の時期も注意が必要です。

長雨に当たらせてしまうと枯れてしまうということもあります。リューカデンドロンでは、日照ということと水に注意をするということがポイントになります。寒さには強いのですが、冷たい風に当たったりすると葉の先が痛んだりするので、その点も気をつける必要があります。

生息地が日本の気候とまったく違うので、その点は配慮が必要になります。この植物ではインターネットなどでも育て方でも反対の意見があるということなので、それぞれの環境で育て方を変える必要があるのかもしれません。それで慎重に様子を見ながら育てているという人に意見もありました。日本の気候に合っていれば簡単ですが、そうではない植物の場合には情報も鵜呑みにしないということも重要です。

レウカデンドロンの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
種が出回っていることはほとんどないため主に挿し木から根付かせたもの、もしくは出回っている鉢植えからの植えつけを、3月から5月頃に行います。冬場の植え替えや、比較的気温の低い初春は根を痛めやすく立ち枯れの原因となりますので

リューカデンドロンの栽培方法ということでは、水やりは3日に1度ぐらいが良いという話もありました。基本的には、一度水やりをした後は、根腐れがないように水を与えていくということで、だいたい三日に1度ぐらいが適当な期間かもしれません。また室内の場合と野外のガーデニングの場合では、乾燥度も異なりますので、土が乾いたところを見計らって水やりをするということが基本的な方法ではないかとも考えられます。例えば元気になるかどうかで水を与える間隔を考えてみるということも必要です。

その間隔が短いのか長いのかは、身近にあるリューカデンドロンで考えてみる、観察してみるのがよさそうです。例えば、水を与えて1日は元気で、その後は元気がなくなる場合には、間隔が1日から2日ということになります。あくまでも植物の状況を見て考えるのが本当の園芸なのかもしれません。試行錯誤ということでしょうが、とくに外国産の珍しい植物の場合は、試行錯誤が必要になります。植物にもそれぞれ個性や環境の適応があるのかもしれません。

日本の場合には、室内の冷暖房も大きく影響しているようにも感じます。また、野外のガーデニングの場合には、排気ガスなどの空気の影響もあるかもしれません。ですので、育てる場所によって、よく吟味する必要があります。根腐れを経験すると、なかなか水のやり方も慎重になってしまうということもあります。経験のない人とは水のやり方も変わってくるということも考えられます。

レウカデンドロンの増やし方や害虫について

テキスト引用
挿し木でふやすことが可能です。春に出回る切り花を利用するか、すでに成長している株の枝を剪定し、用意してもよいです。成長している株から枝を切る場合は、株の大きさにもよりますが短くても10cm程にカットします。またその

リューカデンドロンの増やし方ということでは種付けはなかなか難しそうですので挿し木などで増やしていく方が無難です。挿し木の場合には3月から5月に行います。土は排水のよい酸性の土で肥料の少ない土を好むようです。それらを準備して増やしていくことになります。種はほとんど売られていないようですが、通販などでは購入できるかもしれません。しかし、育てる方法なども思考錯誤の人が多いようなので、やはり種付けからではなく、挿し木などの簡単な方法から増やした方が安心しながら増やすことが出来そうです。

あとは趣味として種から試してみるという楽しみ方もあります。病害虫では、とくに必要はありませんが、それよりも気候からくる適切な管理の方が重要になります。直射日光を当てるということでは、夏場以外は直射日光を当てるという人と、1年を通して直射日光は避けて、明るいところに置くという意見などがありますが、たぶんそれぞれの環境では、それぞれの方法が良かったということでしょう。

気候だけ見てもまった同じ環境は考えられないからです。ですので、育てている環境でいちばん良い方法を探すということが正解のように感じます。鉢植えの場合にも根の張り方で鉢を替えるということも重要です。鉢が窮屈で元気がなかったのではないかという体験談もあったからです。日本の気候や冷暖房は人間でもうまく合わない場合がありますので、言葉を使えない植物ではなおさらかもしれません。

レウカデンドロンの歴史

テキスト引用
「レウカデンドロン」は、南アフリカ原産の常緑低木で熱帯地域を中心に広く自生しています。科目はヤマモガシ科レウカデンドロン属に分類され、「リューカデンドロン」と呼ばれることもあります。この名前はギリシャ語に由来

ガーデニングでは、とても印象に残る植物が多くありますが、そのひとつにリューカデンドロンがあります。特徴のある植物ではアフリカが原産地の植物も多いですが、このリューカデンドロンもそのひとつで、南アフリカの喜望峰付近の灌木林や草原に自生しているということです。名前の由来はギリシャ語で白い樹木という意味ですが、生息地ということでは南アフリカのほかに、栽培されているのがオーストラリアやハワイということで、それらの共通した気候で育ちやすいということがわかります。

ガーデニング用の植物では、特徴を表現しやすい植物と、あまり見たことがないので表現しにくい植物があります。日本でよく見る花に似ていると表現しやすくなります。しかし、独特な植物では何と表現したらよいかわからない感じになります。リューカデンドロンもその中のひとつで、非常に独特な植物です。名称もギリシャ語で白い樹木という意味では何の事だかわかりません。

そして現物は白くもないということで、イメージが非常にわかりづらい植物です。葉が独特で、風に揺られて白や銀色に見えるからという意味だそうですが、別な言い方をすると個性があるという表現ができます。花は咲きますが、葉に隠れてしまうそうで見えなかったりします。80種類以上あるということで、大きさも花の色もさまざまです。日本名は銀葉樹ということで、日本でも親しまれている植物ということで人気がある植物になります。

レウカデンドロンの特徴

テキスト引用
「レウカカデンドロン」の特徴は、夏の終わりから秋の終わりにかけて葉の先端がだんだんと赤く色づき、やがて美しいグラデーションを見せる姿です。色づいているのは花を守るためのガク部分にあたりホウといいます。これは花

リューカデンドロンは、熱帯地方では地植えができますので、大きく育てて観賞用に楽しんだりしているということです。日本の気候では鉢植えなどで室内で育てるということで、なかなか大きくして育てるというような状態で栽培するのには向かないようです。ほとんどが切り花もしくは鉢植えで販売されています。

日本の植物にはあまり見られない色彩の花なので、フラワーアレンジメントなどにも利用されているようです。リューカデンドロンの特徴としては、葉の美しさを愛でる植物で、特徴的なので観葉植物ということでは魅力的な植物のひとつです。夏の終わりから秋の終わりにかけて、葉の先端が少しずつ赤く色づき出します。その変化も魅力的な変化になります。

観賞用の植物は花を観賞するのが目的ですが、このリューカデンドロンに関しては、花が隠れているので、苞葉の色の変化を楽しむということになります。花は隠れていて苞葉が花のかわりに目立つという植物も珍しいですが、だからこそ特徴的で珍しいということになります。その点も日本で観賞用の植物で人気になっている理由かもしれません。花も赤みがかった松ぼっくりのような形をしています。花としては地味な植物ではないかとも見えます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

樹高は種類によっては10メートル以上のものもありますが、だいたいは1mから2mぐらいの高さですので、ガーデニングでは扱いやすいということになります。楽しみ方次第ということですが、あとは、その特徴が好きかどうかということで選ぶことになります。

リューカデンドロンの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

6,514view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,231view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

7,936view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,845view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,120view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

18,178view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

4,631view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,787view