• ヘリオフィラの育て方・栽培

ヘリオフィラの育て方・栽培

ヘリオフィラの育…

出典:育て方ラボ

ヘリオフィラ属の植物を園芸用として楽しむための育て方、栽培方法ですが、秋に種をまいて春に花を楽しむという楽しみ方になります。種付けは9月から10月で、花が咲くのは2月から4月ですから初冬という感じもします。

ヘリオフィラの育てる環境について

テキスト引用
ヘリオフィラは秋に種をまきます。そして寒い冬を土の中で育って春になると花を楽しむことができる植物です。冬は土の中で育ちますが、寒さ対策をしたりしておくことによって、花の咲く時期も少し早めることもできますので、

名前からも太陽を愛するという植物ですので、地植えでも鉢植えでも、日当たりの良いところで良く育つ植物です。耐寒性もある植物ですが、越冬する場合には霜や寒風は植物を痛める場合がありますので避けます。基本的には0度以上あれば越冬ができるようですが、できれば室内で越冬をしたほうが無難です。寒さもですが、あまり暑すぎても良くありません。

とくに高温多湿は良くないですから、その点も気をつけて管理する必要があります。鉢植えは移動できますが、地植えの場合には、最初の庭の配置が重要になります。日当たりと水はけが良いところを好むますので、その点も栽培では気をつけておきます。本来ワイルドフラワーですので、育て方でも、日本の高温多湿や厳冬などさえ管理ができれば、あとは強く育ってくれます。痩せた土地や乾燥気味の土地でも元気に育つ植物です。

その点もガーデニングの初心者には、育てやすいかもしれません。背が高くて細い感じですが、案外強く育ちます。伸びすぎて倒れる危険がある場合は、支えの支柱を建てたりすると効果的です。日本の環境でも、極端な暑さや湿気、寒さがなければ、育てやすい植物ですので、ガーデニングでも最適です。

ヘリオフィラの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ヘリオフィラの水やりに関しては、難しいことはなく、乾燥気味にすることが大事です。どうしても夏場などは毎日上げてしまったり、乾いてるのを確認しないまま水やりをしてしまったりします。そうするとどうしても蒸れの原因

ヘリオフィラの種付けや水やり、肥料なども重要ですが、この植物は水を与えすぎると良くない植物で、荒れ地や乾燥気味の場所で良く育つので、その点を気をつけて水やりをします。やせ地で育つ植物なので肥料は基本的には必要ないです。やりすぎるとのびすぎてしまい、見た目も軟弱な感じになり、せっかくのヘリオフィラの姿の美しさを損なってしまう場合があります。水も土の表面が乾燥してきたくらいで与えると良いようです。土の表面が乾いてから与えるということが基本になります。

肥料に関しては初めに土に肥料を混ぜておき、花が咲く時に追肥を少し加えるぐらいでちょうどよい状態になります。その点は園芸の初心者には栽培しやすい植物かもしれません。種の採取では、ひとつの鞘から15~20個くらいの種が採取できますし、一株からでも数百の種を採取できるのでお得な感じもします。また鞘から採取した種の方が発芽率が高いという話もあります。ですので、種を採取する体験はしておくべきです。

その他この花の楽しみ方では、面白いのですが、ブルーの花がたくさん咲く中で、ポツンと白い花やピンクの花が咲いたりするそうです。そうなると楽しみ方も色々体験できます。今年は、どのくらい色の違う花が咲くのだろうとかという楽しみ方です。園芸用だからこそ、そうなるのかもしれませんし、その植物自体の性質かもしれませんが、面白い体験ができる花であることは間違いないようです。

ヘリオフィラの増やし方や害虫について

テキスト引用
害虫や病気に関しては特に気をつけておく心配のあるものはないですが、どうしても蒸れてしまったり、夏の直射日光などによって、葉っぱが乾燥してしまったりすると、どうしても害虫の被害にあってしまったりします。

病害虫に関しては、特に心配する必要はなく、時々アブラムシなどがつくことがありますが、通常の園芸用の殺虫剤で十分対処できます。ワイルドフラワーということなので、病気にも害虫にも強い植物ということになります。増やし方としては、種を蒔いて増やしますが、種まきは9月下旬~10月中旬頃が最適な期間です。発芽後は葉も細くて頼りなく見えますが、非常に強い植物なので心配はいりません。そのうちに成長してくると根もはってきて、頼もしい姿になってきます。

種まきでは、日本の気候では秋に蒔いて、春に花を咲かせるようにするのがあっていますが、夏や秋に花を咲かせることもできます。その場合には春に種を蒔くことになります。ヘリオフィラと言えば澄んだブルーが象徴的な植物ですが、アブラナ科の植物は交雑が起こりやすいそうです。それで雑種も生まれやすいということですので、ガーデニングでもあえて、やってみると、澄んだブルーばかりではなく、他の色の花も楽しめるかもしれません。

それも理由で、時々白い花やピンクがかった花も見ることができるようです。とても面白い興味深いヘリオフィラということになります。また、種から育てるのも方法ですが、今は通販などでインターネットでもいくらでも苗木から購入できますし、価格も安めなので、インターネットで購入して苗木から育てるのも面白いかもしれません。現代人はせっかちですので、そのほうが楽に花を見ることができます。

ヘリオフィラの歴史

テキスト引用
ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南アフリカ西部が原産地として約70種類が生息地になっていて、栽培されてる植物です。育て方は寒

植物界ではワイルドフラワーという植物がありますが、これは文字通り自然でそのまま自生する植物の総称です。ヘリオフィラもその中のひとつですが、アブラナ科の植物です。アブラナ科の植物と言えば、日本で馴染み深いのがアブラナ科の野菜です。キャベツやダイコン、ワサビなどもそうですが、食生活でもかかわりが深い植物群です。観賞用としては、ヘリオフィラなどもその中のひとつです。ヘリオフィラの原産地、生息地は南アフリカです。同種では約70種から100種が今も生息しているということです。

この植物の名前の由来は、ふたつの単語からできていて、ギリシャ語の太陽という言葉と愛するという言葉を合わせた単語です。ヘリオフィラ自体も、その性質があるということがわかります。太陽が好きだということで、日当たりの良いところを好む植物ということです。ヘリオフィラは青い花ですが、歴史的には以前、園芸家やガーデニングをする人たちが青い花を切望していたそうです。それでこの種類の花が青かったので、希望がかなったということで人気になったという話もありました。

花壇などをアレンジしたかった園芸家などが、青い色をアレンジできるので人気になったということのようです。人には歴史ありですが、花にも歴史ありということになります。一般人には青い花というだけですが、園芸家やガーデニングを楽しんでいる人たちには単なる植物や花ではない熱意があるのかもしれません。また色も澄んだブルーの花なので、その点も魅力があります。

ヘリオフィラの特徴

テキスト引用
ヘリオフィラは日当たりと水はけのいい場所が好みの植物です。日当たりのいい場所が好みの植物になりますが、真夏は気をつけないといけないです。真夏になるとどうしても過湿になってしまいます。それに水はけがよくないと、

ヘリオフィラ属の花の特徴としては、原産地がアフリカなので、寒さに弱いという点はしかたがないということですが、観賞用の園芸品種としてはヘリオフィラ・コロノピフォリアなどの種類になります。秋に種を蒔いて春に花を楽しむという1年草として取り扱われていますが、他の種類では多年草もあるようです。

花は目が覚めるような美しい原色のブルーで、魅惑的なブルーの色の花を咲かせる植物です。確かに花を見るだけでも、よく生まれてきてくれたと感動してしまう気持ちにもなります。寒冷地以外では耐寒性もある植物なので、地植えでも越冬ができます。花壇でも楽しむことができるわけです。ガーデニングでは、とても魅力的な色の花になります。全体的にひょろっとしていて細長いので、何となく野趣のある趣をしています。

人によるとスタイリッシュは着こなしをしている植物という人もいます。確かに鮮やかな花と全体的な雰囲気は魅力的です。背丈は、40cm~50cmほどです。花はブルーということですが、1センチほどの小さな花で、4枚の花びらがあります。花が落ちた後には、数珠のような細長いさやができるのも特徴で、花の後でも面白い景色を見せてくれます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

その点も魅力的です。そのさやの中に種が入っているわけですが、不思議な感じもして、種を採取するまで楽しむことができます。その他種類によって青い色の表現が違ってくるのは当然です。しかし、基本はブルーということになります。

ヘリオフィラの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ヘリオフィラ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,548view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,899view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

6,255view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,841view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

12,420view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

12,613view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

41,275view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

8,350view