• ハスカップの育て方・栽培

ハスカップの育て方・栽培

ハスカップの育て…

出典:育て方ラボ

ハスカップを栽培する上での環境としては気圧の考慮があります。高山で成長するとされていて、あまり低い平地では育てることができません。北海道と本州では環境が異なるようで、北海道は本州に比べると高い地域でなくても育てることができます。

ハスカップの育てる環境について

テキスト引用
ハスカップを育てる環境に必要な事の一つに気圧が有ります。北海道内においては栽培が進められているものの、本州においては高山植物として知られており、高地での栽培は可能なものの、標高が低い場所での栽培は困難だと言います

標高差と気圧がちょうどいいのが北海道の栽培が盛んなところの特徴で、本州やそれ以外の地域では自生はおろか栽培するのも難しいようです。北海道で育つことから耐暑性があまりなく、耐寒性があるとされます。日当たりに関してはできるだけあるところを好みます。水がじめじめしているところは良くなくて水はけがよいところとされます。

日本では北海道で盛んに栽培が行われていますが、条件としては東北の北部ぐらいまでなら何とか栽培できるようです。本州で行おうとするなら夏場に暑さを避ける工夫が必要になります。避暑地と言われるようなところだと真夏でも30度を超えないようなところもあります。それらのところであれば条件がそろえば栽培することができるかもしれません。

一つの木を植えればすぐに実をつけてくれるわけではなく受粉のための木が必要になります。通常の栽培環境に比べると2倍必要になります。自宅で行おうとするなら、最低2本の木を必要とします。それだけのスペースを用意しないといけません。大きなハウスなどを設置できるのであれば温度調整をすることで育てられる場合もあります。一度行ってみて、可能かどうか試してみるとよいでしょう。

ハスカップの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ハスカップの育て方のポイントは日当たりが良い場所を選ぶ事、水はけが良く、周りに遮るものが無い場所を選ぶ事がポイントとなりますが、土壌においては酸性土壌を好むと言う特徴を十分配慮する事が大切です。また、ハスカップ

ハスカップの育て方では種付けから行うことがあります。ただし元々環境が限られる植物です。芽を出させるのにも苦労することがあります。まずはこの環境が育てる環境に適しているかを調べるためにも苗木を利用するのがよさそうです。植え付けをする場所としては日当たりが良く水はけのよいところです。周りに太陽を遮るものがないことも必要です。しかし暑くなるところでは暑さを避けるための仕組みが必要になります。好む土壌は酸性です。

ペーハー管理を行って育てるのによい土を作るようにします。土の状況が変わることで生育しにくくなることがあります。植木鉢で育てるときに水やりとしては、表面が乾いてきたときにたっぷり与えるようにします。植木鉢からこぼれるくらいしっかりと与えます。一回一回はしっかり与えますが、常に乾かさないようにする必要はありません。適度に乾いた状態を作りながら育てることもできます。地面に直接植え付ける場合は特に水やりを必要とはしません。

ただし夏場に日照りが続くようであれば考慮しないといけません。雨が降らない日が続く場合は水を含むように水やりをします。肥料は植木鉢で育てるときには冬、夏、秋に行います。有機質肥料、もしくは速効性化成肥料を利用します。直接地植えをするときには2月元肥として有機質肥料か速効性化成肥料を施します。秋に元肥として施したものと同じものを追肥します。それによって成長を促すことが可能になります。

ハスカップの増やし方や害虫について

テキスト引用
ハスカップは5月の中旬から9月頃にかけて葉が生えている状態になりますが、秋口に入ると葉は枯れ落ちて行くと言う落葉樹です。しかし、3月頃から4月頃に入ると葉は生えだしてきて、成長期に入ることで芽吹いて育ちます。植え

ハスカップの増やし方としては、株分けを行うことができます。時期としては11月から2月の寒い時期に行います。挿し木をするときは、2月中旬から3月中旬位に休眠期挿しを行います。そして6月から7月の緑が多くなった時期に緑枝挿しを行います。苗木を購入して行う場合には畑づくりに気をつけなければいけません。土にピートモスを加えて耕します。それによって土壌を酸性に向けることができます。苗木を植え付ける1箇月ぐらい前に有機肥料を与えます。

苗木を植えてその次の年の冬には速効性の化成肥料を与えます。実の付き方も良くすることができます。肥料を与えるときの注意として、窒素分の量が多くなりすぎていないかを見ておきます。剪定をすれば実の付き方も変えることができます。12月から2月の冬に行います。あまり枝が込み合ってくると栄養が分散してしまいます。場合によっては実がならないこともあります。

枝を間引くようにすると適度に栄養が行くようになります。また日光も当たりやすくなるのでより成長を促すことができます。害虫対策としては春から初夏のアブラムシ対策があります。見つけた時に殺虫剤を使って防除するようにします。夏になってくると多くなるのが毛虫になります。葉の裏を見ると集まっていることもあります。手で触るのは良くないので、つまむための道具を利用して毛虫を取り除きます。コガネムシは若い葉を食べることがあるので、これらも対処しないといけません。

ハスカップの歴史

テキスト引用
ハスカップは青紫色の実をつける植物で、スイカズラ科スイカズラ属です。落葉低木と言う事からも、庭木など観賞用で育てたいと言う人も多いのですが、果実は食用でもあり、ビタミンCを初めとするアントシアニンやカルシウム

ブドウに似た植物としてブルーベリーなどが知られています。最近ではアサイーと呼ばれる植物も健康にいい食品として注目されるようになっています。ハスカップは日本ではあまり聞かない名前の植物かもしれません。原産、生息地としては東アジアと言われていて日本でもある地域では良く知られています。その地域は北海道です。北海道ではこの実を使った食べ物などが良く見かけます。ケーキであったりアイスクリームなども見かけることがあります。歴史としてこの名前の由来にはアイヌ語が関係しているとされています。

古くから不老長寿の飛躍として使われてきたとされています。現在北海道のある市では市の花に指定しているほど馴染みのある花とされています。自然に生えているだけでなく北海道では栽培も盛んにおこなわれています。そのためにこの地方独特になっていることもあります。別名としていわれているのがクロミノウグイスカグラ、クロミノウグイスカズラです。スイカズラなどからその名前が付いたのでしょうが、この植物はそもそもつる性の植物ではありません。

ブドウやブルーベリーに似た果実を実らせますが、同じような種類ではありません。食用として人気があるのは栄養価が高いからとされています。ビタミンCはもちろんですが、紫色の果実にはアントシアニンが豊富に含まれているとされています。またカルシウムなども含まれているとされ、積極的に栽培をして食べられているようです。

ハスカップの特徴

テキスト引用
ハスカップの木との樹皮は、薄く折り重なったような形をしており、初夏になると白い花を咲かせます。花が落ちた後には果実が作り出されますが、最初は黄緑色をした硬い果皮に包まれており、これが熟すことで青紫色の鮮やかな

ハスカップの特徴として、園芸上は果樹になります。聞き慣れないですが、北海道ではポピュラーな果実として知られています。形態は低木で、高さはせいぜい50センチから2メートル程度になります。一般的な果実の収穫時期は5月下旬から6月ですが、北海道はもう少し時期がずれて7月中旬ぐらいまでとされます。実をつけるには受粉をするための木が必要になります。

北海道で多く栽培されていることから耐寒性はかなり強いとされます。一方日本であまり広まらないのは耐暑性があまりないことが挙げられます。健康にいい食品ながらも北海道が栽培の中心になっています。生物学上では被子植物、真正双子葉類、キク類、キキョウ類、マツムシソウ目、スイカズラ科、スイカズラ属になります。実がなるのが初夏で、花は白いタイプです。花が落ちた後に果実がなります。

最初は黄緑色ですが、これが熟してくることで少しずつ青紫色に変わっていきます。ブドウのような色になると食べごろになります。野生のものと栽培されるものがありますが、栽培されるものは食用としてそれなりに改良がされています。野生のものは酸味が強くて甘みがほとんどなく美味しい食べ物ではありません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

一方で栽培されるものはスイーツに入れられたりするので、他の果物と同じように扱われることがあります。高山植物としての認識があり、本州では2千メートルを超えないと生息しないとされます。北海道は千メートル程度でも生息します。

ハスカップの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ハスカップ」に一致する植物図鑑

「ハスカップ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,549view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,057view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

5,288view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,072view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,629view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,771view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,734view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,733view