• トレビスの育て方・栽培

トレビスの育て方・栽培

トレビスの育て方…

出典:育て方ラボ

トレビスは日本全国で栽培することができます。日当たりの良い場所を選んだほうが良いですが、半分日陰のような場所でも育ってくれる野菜です。他のキク科の野菜と同様に連作障害があるので、1年から2年くらいを目安にあけながら栽培したほうが良いでしょう。

チコリ、トレビスの仲間の育てる環境について

テキスト引用
チコリは寒さに強く、暑さに弱い植物です。地中海沿岸で盛んに作られていることからも分かる通り、高温多湿は苦手です。どちらかというと涼しく風通しが良い場所を好みます。そのため育て方のポイントとして、夏の暑さ対策をしっかり

地植えで栽培するのであれば、畝の幅が60センチくらい株と株の間が30センチくらいずつ植えられるスペースが必要となります。もちろんプランターやコンテナで育てることも可能です。プランターや育てる場合には、大きめのものを選びましょう。

原産がヨーロッパの温帯だといわれており、その付近に広く分布していたそうなので、冷涼な気候を好む性質があります。生育に適した気温は、15度から20度くらいとなっており、25度を越えてしまうと発芽しにくくなる傾向があります。さらに日照時間が長くなるなどの条件が重なると、きちんと結球することなく花芽がつくとう立ちをしてしまいます。

トレビスをはじめとするキク科の野菜には、それそのものに害虫をよける効果があります。そのため、キク科の植物を上手に利用すれば他の害虫を防ぐことも可能です。コンパニオンプランツといって、相性の良い作物同士を一緒に植えつけることで、農薬や肥料を減らし、自然な形で栽培することが可能だとする方法です。この栽培方法にキク科の植物は効果が抜群です。そのため花壇の縁取りや他の野菜の周囲、また株と株の間に植え付けることもお勧めだとされています。

チコリ、トレビスの仲間の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
野菜として利用するチコリは、主に軟白化させた葉の部分です。しかし薬用では軟白化を行いません。一定温度での栽培など、初心者にも少し難しいかもしれません。軟白化を行うには、初夏に種を蒔いて育て、秋に作業をします。

生育に適している気温が15度から20度なので、種付けは春と秋の2回行うことができます。また、気温が25度を越えてしまうと発芽しなくなってしまうので、種付けの時期には注意が必要です。春はある程度暖かくなった2月から3月くらいの間に、秋は暑さがある程度過ぎた7月の下旬から9月の中旬くらいの間に行うようにします。ポットで苗を育ててから植え付けるという方法が主流のようです。直径7、5センチくらいのポットに種を6粒から7粒ほどまきます。レタスなどと同じように光に反応して発芽する好光性の種なので、覆土はごく薄めに行います。

土をかぶせたらたっぷり水やりをしましょう。トレビスの種は小さいので、水と一緒に流出してしまわないようはす口をつけたじょうろなどでやさしく水をあげます。発芽後2週間くらいしたら1回目の間引きを行います。1回目の間引きでは3本残します。4週間くらいして本葉が3枚から4枚程度になったら、2回目の間引きを行います。このときは元気な苗を1本だけ残します。

残す苗の根をいためることがないように、丁寧に行いましょう。この時期になるとトレビスの特徴でもある赤紫色が葉脈に表れてきます。本葉が5枚から6枚になるまでポットで育てます。植え付けの1週間くらい前までに土作りを済ませておきます。苦土石灰を散布し、よく混ぜ合わせて耕します。堆肥と化成肥料も施して、さらによく混ぜ合わせましょう。畝の高さを10センチくらい、幅を60センチ程度にして、畝立てを行います。

チコリ、トレビスの仲間の増やし方や害虫について

テキスト引用
チコリもトレビスやヴェローナも、もともと病害虫被害は少ない植物です。しかし主な生息地が暑すぎず快適な場所のせいか、暑さには弱いという弱点があります。あるデータでは、気温が28℃になると、湿気と暑さから根が腐りやすくなるという

畝にはマルチをはります。種まきから5週間くらいしたら植え付けの適期です。苗を購入する際には、本葉が5枚から6枚の元気な苗を選びましょう。マルチに穴をあけて、そこに水を注ぎ、その水が吸収されたら苗を植え付けます。植え付け後は手で株元をおさえ、土に密着させ、それからたっぷりと水をあげます。植え付けてから2、3週間後に追肥を行います。この頃にはゆるく結球を始めているはずです。株元に化成肥料をひとつまみ程度施しましょう。葉が大きく広がってくる時期でもあるので、水やりは外側の葉を持ち上げて根元にたっぷりと行います。

キク科の野菜は基本的に病害虫がつきにくい傾向にあります。トレビスも同様で、そのため無農薬で育てることも可能な野菜です。収穫は春まきなら5月から6月、秋まきであるなら10月から12月くらいとなっています。日が長くなるととう立ちするので、そのままにしておくとかわいらしい青紫色の花を見ることができます。花が終わると種ができるので、それを保存しておいて、次の種付けに利用するのも良いかもしれません。

種の寿命は長いようで5年くらいは発芽が可能だともいわれています。花を咲かせる際に茎が1メートルくらいのびるので、種の採取を目的としているのなら、伸びてきた茎でバランスが悪くなり倒れてしまうこともあるので、支柱をたててあげましょう。花はかわいらしいですが、1日しか咲かないそうです。種のさやに雨がかかると腐ってしまうこともあるようなので、雨除けをしてあげたほうが良いかもしれません。

チコリ、トレビスの仲間の歴史

テキスト引用
チコリはキク科キクニガナ属の植物で、和名はキクニガナと言います。フランスではアンディーヴと言う名の野菜で、広く生産されて知られています。特に料理に詳しい人は、どちらかというとアンティーヴという名前の方に馴染

現代社会では、様々な国の料理をレストランなどで簡単に体験することができます。昔は限られた食材しかありませんでしたが、最近では食の多様化とともに日本でなじみのなかったような食材も料理に取り入れられるようになっています。また、日本で栽培されておらず、輸入品にたよっていたものもかつては多くありましたが、今では日本で栽培されたものを食べることもできるようになっています。家庭菜園ではめずらしい野菜を育てるというのも楽しみのひとつでしょう。特に畑の彩りになったりするものは、目でも楽しむことができるとして人気です。

トレビスもそのひとつとなっています。キャベツや白菜などの結球野菜は、育て方が簡単ではないということで、作りがいのある野菜の代表格です。トレビスも結球野菜ですが、育て方はそこまで難しくないようです。トレビスは、キク科のキクニガナ属に分類される野菜です。原産はキャベツやレタスなどと同じヨーロッパで、北アフリカや中央アジアも含まれています。

日本国内でトレビスと呼んでいる野菜は、分類の上ではチコリーというほのかな苦みのある野菜と同じ種類だとされているようです。葉の色が赤紫色で、白い葉脈であるチコリーを日本ではトレビスと呼びならわしているそうです。トレビスという名まえは、イタリア北部のトレビゾに由来しています。他のキク科の野菜、チコリーやエンダイブなどと同じように独特の苦みがその味の特徴です。冷涼な気候の地域が生息地となっているようです。

チコリ、トレビスの仲間の特徴

テキスト引用
チコリの特徴は、サラダ野菜や薬用ハーブとして、昔から口に入れるために利用されてきたという点です。食用にしているという点では、トレビスの仲間も同様です。食用ではありますが、花を咲かせた姿は可憐で、観賞用としても

ワインレッドの色をした葉と、白い葉脈がトレビスの特徴です。イタリアではラディッキオと呼ばれています。サラダなどにちぎって生のまま利用したり、軽く火を通して食べるのも良いそうです。苦味があるので、大人向きの味かもしれません。

フレンチやイタリアンのサラダの一皿などとして食卓に彩りを添えます。その色合いとほろ苦さ、歯ごたえを楽しむためには、やはり生でサラダにするのがいちばんでしょう。加熱すると苦味が増してしまいますが、同時に甘味も出てくるので、グリルやソテー、リゾットにも適しています。

赤紫色と白のコントラストがトレビスのいちばんの特徴だといえますが、栄養価が高いわけではありません。この赤紫色を構成しているのは、ポリフェノールのひとつであるアントシアニンという色素です。このアントシアニンには、強力な抗酸化作用があります。それに加えてガンの抑制効果や肝機能障害の軽減も期待されています。さらに、糖尿病予防や高血圧予防、心筋梗塞予防、動脈硬化の予防や視力向上にも効果を発揮するといわれています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ゆでてしまうとこのアントシアニンは溶け出してなくなってしまい、その最大の特徴である色も消えてしまうので、効果を期待するのなら生で食べるのがお勧めです。また、カリウムが比較的多く含まれています。カリウムはナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える効果があるそうです。そのため、生活習慣病の予防にもその効果が期待されています。

トレビスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「トレビス」に一致する植物図鑑

「トレビス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,042view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,865view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,221view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,341view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

5,347view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,464view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,444view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

18,133view