• チョロギの育て方・栽培

チョロギの育て方・栽培

チョロギの育て方…

出典:育て方ラボ

比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可能です。連作も出来る植物です。寒さにも強い食物ですが、暑さにも強く、育てる環境は半日陰で育てると良いでしょう。

チョロギの育てる環境について

テキスト引用
日当たりの良い場所を好む植物です。しかし、半日陰でも育てる事は可能です。暑さや寒さにも非常に強い植物です。プランターで栽培する場合は、深さ30cmくらいの容器を使用し、鉢植えで育てる場合は直径20cmの鉢で1株が

ただし、土壌が乾燥してしまうと成長しにくくなってしまうので注意が必要です。塊茎を植える場合は、深さが5センチ程度の場所に植え付けを行いましょう。収穫時期は11月から12月頃の寒い時期になり、地上に出ている部分が枯れてきたら収穫をしましょう。

比較的育てる環境を選ばないので育てやすい植物です。植え付けをしっかりとおこなえば、それほど手を加えなくても育ってくれるので大変育てやすくなっています。あまり乾燥させないように育てるだけで、後はしっかりと育ってくれ、花も楽しむ事が出来る植物です。夏場だけ少し水やりには注意をして育てていきましょう。

収穫すれば、色々な料理に使う事が出来るので大変便利です。生でも食べる事が出来るので是非たくさん収穫をしましょう。プランターの中でも育てる事が出来ますし、きれいな花も楽しむ事が出来ます。場所を選ばないので、初心者の方でも収穫を楽しむ事が出来るでしょう。また、繁殖もしやすい食物なので、たくさん収穫をして楽しむ事が出来るでしょう。鉢植えで育てることも出来ますが、この場合は深さが30センチ程度の鉢に1株植えるようにしましょう。

チョロギの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植える場合は春に行います。塊茎部分を横に寝かせて植え付けをしていきましょう。株間は20cmくらい必要ですが、塊茎が縦横無尽にあちらこちらに伸びて脇芽が出てくるので出来れば広めの方が良いでしょう。庭に植える場合

チョロギの種付けは、塊茎部分を横に寝かせて植え付けをしていきます。株の間は20センチ程度あけていく必要があります。庭先などで育てる場合は脇芽が伸びて行くので、出来るだけ広い場所に植え付けをしていくと良いでしょう。チョロギは寒さに強い植物なので寒さに関してはあまり気にする必要じゃありません。植え付けを行う際は、元肥として油粕や化成肥料を少量与えておくと良いでしょう。また、成長の過程を見て、化成肥料など与えていきます。

鉢植えで育てる場合は、少し大きめの鉢植えで育てる方が良いでしょう。チョロギは比較的育てやすく、土壌をそれほど選ばない植物なので、初心者の方でも簡単に育てる事が出来ます。植え付けをしたら芽が出るまで数週間程度かかりますが、成長して草丈が10センチ程度になったら追肥すると良いでしょう。水やりは土が乾燥してきたら、水をあげる程度で大丈夫です。

肥料や水やりをこまめにやらなくても育ってくれる植物なので、育て方も簡単で気軽に育てる事が出来ます。上手に育てる事が出来れば、たくさん収穫する事が出来るので、とても楽しみな植物です。また、収穫をする際は、あまり傷付けないように掘っていきましょう。初心者の方ではプランターで育てると比較的育てやすい植物です。茹でたり生のままで頂いたり、収穫をすれば様々な形でその味を楽しむ事が出来ます。体温を下げる食べ物とも言われており、是非その味を満喫しましょう。

チョロギの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は比較的簡単です。地植えすると、収穫残りの根や塊茎からどんどん発芽します。その為、翌年もしっかり収穫することが出来るでしょう。害虫は特にいません。また病気の心配もない植物なので大変育てやすくなっています

チョロギの増やし方は比較的簡単です。庭先などに地植えした場合、去年の収穫し残したものが残っていると、塊茎からどんどん発芽し増えていきます。その為、そのままにしていると翌年もチョロギを収穫することが出来るでしょう。チョロギには害虫がいません。また病気の心配もなく、育てやすい植物なので、誰でも簡単に育てる事が出来るでしょう。たくさん収穫を楽しむ事が出来るので、是非挑戦してみましょう。チョロギは体にも大変良い食べ物です。

脳を活性化させたり、脳梗塞予防にも効果を発揮してくれるので、是非たくさん食べましょう。チョロギは根が浅い植物なので、何回か土寄せをしてあげればすくすくと成長してくれます。塩漬けにしたり、天ぷらにしてもおいしく頂く事が出来ます。害虫が出ない植物なので、虫にやられて枯れてしまうという事がないので安心して育てる事が出来るでしょう。

やはり虫が多く付く植物では、虫に食われてしまったり、害虫対策が大変ですが、その心配がないところが育てやすさの一つではないでしょうか。小さなころころとしたチョロギがたくさん採れるので是非収穫を楽しみましょう。縁起ものの植物なので、祝い膳に使用すれば、それだけで華やいだ印象になるのではないでしょうか。食紅で赤く染めたものと、そのままのチョロギで紅白にしても見栄えが良くて存在感たっぷりです。乾燥だけには注意をして、後はそのままでも育てやすいので、是非育ててみましょう。

チョロギの歴史

テキスト引用
チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本には江戸時代に伝わった植物です。その名の由来は、朝鮮語のミミズをチョロインと呼び、そのチョロインが語源という説がありますが、詳しくは分かっていません。巻貝

お正月のおせちの中でひと際目立つ赤いチョロギ。このチョロギはシソ科の植物です。見た目に特徴があり、くるくると巻いてある姿が可愛らしい植物です。そんなチョロギは中国が原産国となっています。日本には江戸時代に入ってきたと言われており、その名前の由来は、朝鮮語でミミズをチョロインと呼びます。そのチョロインが語源となっているという話しがありますが、正しいかどうかはわかっていません。このチョロギの植え付け時期は3月上旬から4月下旬と春先になっています。

収穫時期は11月上旬~から2月下旬と比較的長く収穫を楽しむ事が出来ます。シソ科の植物で、小さな花を咲かせます。このチョロギは長老木、長老喜と書かれ、縁起の良い食べ物と言われています。その為、お正月や祝い事の際人々に食べられているものになっています。また、このチョロギは体にもとても良く、脳梗塞や痴呆症の予防に効果を発揮してくれます。小さな花をたくさん咲かせるので観賞用としても楽しむ事が出来ます。

われます。日向に生息しており、日本では東北地方や京都などで栽培されています。また、長寿の薬とも呼ばれており、漢方薬の一つとしても利用されています。チョロギ自体は味がありませんが、食紅で赤く色づけしたり、味付けをされて食されています。見た目も貝が巻いた様な形が特徴的なので、とても魅力的な食べ物になっています。是非そんなチョロギを育ててみましょう。

チョロギの特徴

テキスト引用
チョロギは秋の初め頃に薄紅紫の唇形の花を咲かせます。日向を生息地とし、塊茎は両端が細く数珠状にくびれており、長さが2cmから3cmくらいの巻貝の様な形をしているのが特徴です。塊茎は、秋に収穫することが出来、塩漬

チョロギはその巻いてある形が大変特徴的な植物です。多年草の植物で、草丈が50センチ程度まで成長します。チョロギの茎は角型をしており、6月頃に薄紫色の可愛らしい花を咲かせます。観賞用としても重宝され、食用としても大変おいしい食物になります。生息期間が長いので、長い期間収穫をしてその味を楽しむ事が出来るでしょう。

茎葉が枯れたら収穫をしていきますが、収穫が遅れてしまうと塊茎が離れやすくなってしまい、掘るのが大変になってしまうので注意が必要です。収穫が遅くなってしまうと、掘り残しが増えてしまうので注意しましょう。また、収穫をしたらすぐに水洗いをしないと、土が乾燥してしまい汚れが落ちにくくなってしまうので、収穫をしたら出来るだけ早くきれいに水洗いをしましょう。

また、洗浄したらしなびないうちに早めに加工していきます。また、日向を生息地としており、塊茎の両端が細くくびれているのが特徴です。大きさは3センチ程度と小粒で細長く巻かれた様に形になっています。塊茎は、秋に収穫することができ、収穫は通常は霜が降りた直後か、地上部が枯れてしまう前に収穫を行っていきます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

また、シソ科の植物なので、葉がぎざぎざとした形になっています。また、葉には細かな毛が生えており、茎にも毛がびっしりと生えています。加熱をして食べる事も出来ますが、加熱をすると歯触りがまた違っておいしく頂く事が出来ます。是非おめでたい席などにも用意してみましょう。

チョロギの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「チョロギ」に一致する植物図鑑

「チョロギ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,987view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,782view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,035view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,281view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,653view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,984view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,677view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,859view