• タマシャジンの育て方・栽培

タマシャジンの育て方・栽培

タマシャジンの育…

出典:育て方ラボ

タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当たりの良いところにおいておくときちんと育ちます。可能であれば風通しの良い場所であればなおさら良いです。

タマシャジンの育てる環境について

テキスト引用
タマシャジンは高山地帯に生息している植物ですが、ある程度の暑さまで耐え、育て方も比較的簡単です。一年中よく日の当たる風通しの良い場所において栽培するようにします。夏場は日差しが強すぎるので、半日陰においてあげるとよいでしょう

ただし、5月から9月の夏のシーズンにおいては気温が高く日差しが強すぎる日も多くなりますので、場所を変える必要があります。その場合は風通しが良い半日陰になるような場所がおすすめです。また、湿度が多い状態は苦手としますので、雨がかからないように雨よけをしてあげることが良いです。植木鉢で育成している場合は雨が降ったときには室内に入れてあげると良いでしょう。

ただし、タマシャジンは根をしっかりと張りますので、浅い植木鉢で育てることは厳禁です。できるだけ深めの植木鉢を用意して入れてあげるようにすることが大切です。植木鉢を変えるタイミングですが、これは1年に1回程度で構いません。1年も育成すると根詰まりが起きている可能性がありますので、やさしく根についた土を取りながら移し替えてあげましょう。

時期は春頃が良いです。土については湿気に弱い性質であるため、できるだけ水はけが良いものを使用します。水はけをよくするために軽石砂を配合したり、半分程度は腐葉土を入れてあげることも効果的です。水はけ以外には特に注意することはありません。園芸店で販売されている用土を用意すれば良いです。

タマシャジンの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
タネはあまり出来にくいので、採取する場合は交配してあげましょう。雄しべと雌しべで成熟期が変わりますので、2花以上での交配がお勧めです。無事にタネが採取できたら、そのまま取り蒔きにしてもよいでしょう。また、湿った

タマシャジンの種付けについてですが、タマシャジンの種は自然放置ではなかなかできないので、人間が手を加えて交配してあげる必要があります。種付けで注意することは雄しべと雌しべの成熟度です。実はこの2つは各々成長するスピードが異なります。そのため、一方は十分成熟していても、もう一方は未成熟であることも多いです。したがって、確実に種付けをする場合には複数のタマシャジンを育成すると良いです。

そうして、種を採取することができれば水はけの良い用土に播いても良いですし、大切に育てたいのであれば袋に入れて冷蔵庫に保存します。それから、春頃になると冷蔵庫から取り出して播きます。1年後の春頃には花が咲きます。水やりについては慎重に行う必要があります。それというのも、タマシャジンは多湿の環境が苦手ですので、水のやりすぎには注意しましょう。もし水をやり過ぎると、根から腐っていく可能性があります。

あくまでも土の表面が渇き気味になったと感じたときに水を少し与えるくらいで十分です。ただし、夏の時期は乾燥しやすい時期ですので、夕方になってから水やりをすると良いです。梅雨の時期は水を与えなくても多湿状態になりやすいので水やりは基本的には不要です。タマシャジンの肥料についてですが、耐久力がある植物なので必要ありません。花を咲く時期は植物のエネルギーが大量に使われますので、固形肥料を与えると効果があります。与えるときは根元近くの用土に入れると良いです。

タマシャジンの増やし方や害虫について

テキスト引用
タマシャジンは種まきと株分けによって増やします。株の寿命が短いので、出来るだけ種まきか株分けで予備を用意しておくとよいでしょう。発芽率が高く、成長も早いので種まきでも容易に増えます。株分けで増やす場合は、植え

タマシャジンの増やし方については、種まきと株分けが基本です。この2つによって増やしていきます。発芽率は非常に高いので、種まきをすると確実に増やすことができます。1月から3月頃を目安にして種撒きをすると良いです。また、株分けをするときには複数以上の新芽がついているものを選ぶようにすると良いです。こうした新芽を手に入れるために液体肥料を事前に与えることも効果的な方法です。ただし、濃度が濃い液体肥料を使うと根腐れを起こすことがありますので、できるだけ薄いものを遣いましょう。

切り分けるときには枯れた葉はナイフかハサミで切除しておきます。そうして、取ることができたものを用土に植えると、あとはすくすくと育ちます。最初はできるだけ日陰においておくと良いです。しかしながら、日陰においておくといろいろな害虫がやってきます。ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシなどがその典型例です。これらの害虫は葉や茎を食べてしまいますので、見つけ次第駆除する必要があります。

害虫の姿を見かけなくても食害がおきていないか定期的に様子を見てあげることが大切です。アブラムシは比較的見つけやすいです。アブラムシは養分を吸い植物の成長力を奪いますので特に警戒する必要があります。園芸店にはアブラムシ駆除用の薬剤が販売されているので、散布しておくと良いです。もしくは牛乳を散布すると呼吸することができなくなりますので、手軽な害虫対策になります。

タマシャジンの歴史

テキスト引用
タマシャジンとは西アジアからヨーロッパが原産地のキキョウ科フィテウマ属の多年草です。アルプス山脈などの高山地帯の岩場などを主な生息地としています。フィテウマという属名は、ギリシャ語を語源としています。フィテウマ

タマシャジンという植物は、主にアジアとヨーロッパに広く分布している多年草です。特に、アジアにおいては西アジアを原産地とするものが多いです。アルプス山脈を代表とする高山地帯でも生息することができるため、幅広い生息地を持っている非常に珍しい植物です。種類としてはキキョウ科フィテウマ属の多年草に分類されます。タマシャジンは、日本語では昔から「玉沙参」という名前で呼ばれてきました。その名前の由来はその花が球のような形をしていて、沙参に似ていることから命名されました。

ちなみに、シャジンという言葉の響きからツリガネ人参と関係性があると昔から考えられてきましたが、音の響きが似ているだけで無関係です。正式名称ではフィテウマ・ショイヒツェリと言います。品種が非常に多く50種類から60種類程度あります。そのため、品種によっては変わった称号を持っているものもあります。たとえば、ヨーロッパに生息しているフィテウマ・コモースムは昔から「悪魔の爪」と呼ばれてきました。

日本では生息していないので、どこかの時代で海外から入ってきたことは確かですが、その時期は明確にはわかっていません。日本で見かけるタマシャジンの多くは暑さに強い種類のものがほとんどです。たとえば、フィテウマ・ショイヒツェリはその代表例です。暑さに強く耐久力もありますので、栽培しやすく、日本人の中にも多くの愛好家がいます。庭の鉢植えで簡単に育てることが可能です。

タマシャジンの特徴

テキスト引用
タマシャジンは20センチ~40センチ程度と、それほど背丈は高くありません。薄緑色の細長い葉をロゼット状に広げて、その中心部から花茎が伸びています。5月下旬から8月頃にその先端に可愛らしい小ぶりの花を咲かせます。色は

タマシャジンとは、キキョウ科フィテウマ属に分類される多年草であり、種類は50種類前後あり、西アジアからヨーロッパに広く分布しています。草丈は30センチ程度なのでそれほど高くありませんが、5月から8月の春から夏にかけて小さい紫色の花を咲かせます。この花が球状になっているので、タマシャジンという名前が付いています。

ちなみに、花の色が紫色ではなく白色のものをつける種類もあります。これを白花種と言います。花が咲き終わると先端部において種ができます。それから時間が経過するとともに枯れて休眠期に入ります。この時期は葉は薄い緑色をしていて、細長い葉をいくつもつけます。この植物は暑さに非常に強いという特徴を持っています。

通常こうした高山植物は暑さに弱いものが多いですが、タマシャジンは暑さに強く非常に育てやすい植物です。また、タマシャジンの種類は非常に多く次のようなものがあります。たとえば、グロプラリフォリウムという種類です。これはアルプス山脈に生息していることが多く、高山地帯に分布しています。その分、暑さにはあまり強くないので、なかなか日本ではなじみの薄い種類です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

また、フィテウマ・コモースムという種類のものは、ヨーロッパでは昔から「悪魔の爪」と呼ばれているものもあります。これは咲く前はシロツメクサの花に似ていますが、咲き始めると先端は閉じた状態で下の部分は開くという独特な咲き方をします。タマシャジンにはこうした特徴があります。

タマシャジンの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「タマシャジン」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

8,200view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,684view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

12,147view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,490view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,289view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

6,558view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,558view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,277view