• セイヨウニンジンボクの育て方・栽培

セイヨウニンジンボクの育て方・栽培

セイヨウニンジン…

出典:育て方ラボ

セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で育てておけば問題はないですが、多少日陰になっているところでも育ちます。

セイヨウニンジンボクの育て方を知ろう

テキスト引用
植えつけるのは日当たりが良い場所が適しています。どうしても日当たりが良い場所が見つからなければ、半日陰でも育てることは可能です。ただし寒さはマイナス5度以下になるのはあまり良くないので、それ以下になる寒冷地では

よく育つのでスペースにゆとりがあるところで栽培するのが適しています。植栽のタイミングは春の初めのシーズンや秋ぐらいが良いとされていて、穴を掘る場合は大きめに掘るのが適切です。木の皮を利用したバーク堆肥や腐葉土を少し加えると通気性がアップして根が腐る現象を防ぐことができます。根が腐る現象が心配な場合はこの方法を使ってセイヨウニンジンボクを植えるのがおすすめだと言えます。

この植物は耐寒性に優れているだけではなく、暑さにも強いという特徴も持っているとされています。乾燥に耐えられる能力もありますが、過信するのは禁物なので、夏では朝または夕方に水を与えるようにします。また寒さには強いですが、冬に吹く風が当たらないところを植える場所に指定するのも重要です。

樹木の剪定に関することですが、何も手を施さなくとも樹形が整うので大掛かりな剪定はする必要がないとされています。剪定を行うとしたら徒長枝などを取り除く程度で事足り、冬の終わりぐらいが剪定に適するシーズンです。なお、少し芽を残す程度にして、強めに刈り込みを行うと大きい葉っぱが伸び、樹木を若返らせることができるとされています。

セイヨウニンジンボクを栽培する上でコツとは

テキスト引用
セイヨウニンジンボクは病気にも害虫にも強く、ほとんどかかることがありません。自然樹形のままでも美しくまとまりますので、剪定もあまり必要とはしません。しかしたまに枝が伸び過ぎてしまうことがありますのでそれは切り

植え方には種付けして生み出された種を植えるほかに、挿し木で植栽するという方法も存在します。種の収穫の仕方において、果実ごと収穫した後、1ヶ月ほど乾かしてから種を取り出します。なお、セイヨウニンジンボクの種はたくさん収穫することができると言われていて、果実はチェストベリーとも呼ばれています。またセイヨウニンジンボクの果実は、香りがコショウに似ていることから香辛料として使われたことがありました。

薬用やハーブティーに加えて、香辛料、サプリメントとしても使うことが可能な理由から、用途についてバリエーションが豊富だということができます。水やりは前述にあるように、高い気温になるシーズンに朝または夕方に行うようにしますが、基本的に頻繁に行わなくとも育てられます。肥料を与える場合は、冬の終盤ぐらいに寒肥として与えるようにします。

耐寒性や耐暑性の側面で優れていて、冬に吹いてくる風に当たらないところに植えるなど環境について気を付けていれば、立派に育つことが可能です。なので、ガーデニング初心者であっても栽培することができると考えられます。

通信販売のサイトでも販売されている場合もあるので、初めて栽培する場合はサイトを利用して買うというのも悪くない方法だと言えます。またホームセンターでも手に入れられることがあり、近くにショップが存在していて、あまり手に入れるのに時間を掛けたくないのであれば利用の余地はあります。

セイヨウニンジンボクの種付けして増やすことはできる?

テキスト引用
セイヨウニンジンボクは開花後にできる果実から種を採取して種をまくか、挿し木をして増やすことができます。種を採取する時には開花後にできた実を採取しておき、1か月ほど乾燥させておきます。その後、しごくようにして種

取り出した種子を植えて育てる方法や店舗などで購入する方法以外に、挿し木で増やすという手段があります。ただし、挿し木での増やし方を実行する場合は使用する枝に気を付けるようにするのが大切です。今年度で伸びた枝の場合は9月、昨年度で伸びた枝の場合は3月に、2節また3節で枝を切ります。次に節から下へ1センチほど離れているところでカッターなどを使って斜めに切って、葉っぱも一部切断するようにします。葉っぱの一部を切り取る理由は蒸散による水分の排出量を減らすためです。

最後に挿し木用の土に植えて、植えた挿し木は日陰に置いて乾かないように気を付けます。乾燥に注意して管理すれば、数か月ぐらいで根っこが生えてきます。また、土に植える前に1時間ほど水揚げをして、調整剤を塗っておく方法も勧められる方法だと言えます。害虫や病気にかかることはほとんどないとされているので、これらについては特に心配する必要はないです。

以上からセイヨウニンジンボクは丈夫な植物だということができますが、寒さに強いとはいえ、寒さが厳しいところで栽培する場合は対策を講じます。また湿っぽいところはセイヨウニンジンボクの生育には適さないので少し乾いたところで育てるようにします。ハーブとしても利用できるという特色があるので、ハーブに関心がある人にとってもおすすめできる植物だと言えます。根付くと植物を植え替えることが難しくなるので、植える場所はじっくり考えるようにします。

セイヨウニンジンボクの歴史

テキスト引用
ビテックスという名前がつけられたのはSalixつまり柳のようにしなやかであることからつけられ、アグヌス・カストゥスはギリシャ語で貞潔を意味します。古代ギリシャ人は性的欲求を静める効果がある植物としてセイヨウニンジンボク

セイヨウニンジンボクは名前の中にニンジンという言葉が付けられていますが、ニンジンの仲間ではなく、シソ科の植物です。ニンジンボクという名前が付いている理由は葉っぱが薬に使われるチョウセンニンジンに似ているからだとされています。学名はビデックスアグヌスカストゥスであり、ビテックスはしなやかさを持っているという理由が由来になっています。アグヌスカストゥスは名立たる神殿が存在する国の言語で、貞操観念があるという意味になります。

古代において、名立たる神殿が存在する国では僧侶が修行する際に利用されていたと言われています。薬用としても利用することができる植物であり、紀元前の頃から使われていました。紀元前5世紀ごろでは脾臓の疾患を治すために使われ、紀元1世紀になると子宮にできた炎症に効果があると提唱されるようになりました。

1200年代になると、精神的な疾患を治療するために使われるようになったとされています。我々が住んでいる国に伝来したのは近代ごろであり、1900年代になって、研究の結果、女性ホルモンに似た作用があることが明らかにされました。

なお、ミルフィーユの発祥の国が属する地域の南あたりなどを生息地としています。この種類とは別にニンジンボクという植物が存在していて、ニンジンボクは国内総生産第二位の国が原産地としています。このニンジンボクと似ていて、ミルフィーユの発祥の国が属する地域に棲息していることからセイヨウという言葉が付けられています。

セイヨウニンジンボクの特徴

テキスト引用
樹高は2mから8mほどで、葉には光沢があって細長いです。葉は5枚から7枚ほどがまとまって手のひらサイズの1枚の葉になっているのが特徴です。開花は7月から9月頃で、少し紫がかっている青色の小花を咲かせます。鉢花

植物の高さは2メートル、または3メートルほどするとされていて、夏ごろに花が咲くと言われています。また花や葉っぱには香りがあるとされ、また耐寒性があるという特徴があります。花の色は紫に近い色ですが、白色の個体も存在していて、こうした個体はシルバースパイアと呼ばれています。

セイヨウニンジンボクはサプリメントやハーブティーなどで利用されていて、前述の女性ホルモンに似た作用を持っています。またビールやソーセージで知られる国では頭痛やニキビなどを治す効果のある薬として認められているようです。セイヨウニンジンボクを2か月ほど継続して服用すれば効果が出てきます。ところで、セイヨウニンジンボクはシソ科に分類されていますが、かつてはクマツヅラ科に属していました。

その理由から、場合によってはクマツヅラ科と書かれていることがあります。チョウセンニンジンに似ているのでニンジンと名付けられましたが、チョウセンニンジンとは全く別の種類です。ちなみにチョウセンニンジンはウコギ科に属する植物であり、学名もセイヨウニンジンボクと共通した言葉もありません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

言うまでもなく、野菜のニンジンとも学名などの側面で違う種類です。反対に、ハマゴウという植物とは縁があり、学名にある言葉の一部が共通しています。またハマゴウは我々が住んでいる国に棲息している植物であり、花が咲く時期などにおいて共通している部分がいくつか存在しています。

セイヨウニンジンボクの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「セイヨウニンジンボク」に一致する育て方

「セイヨウニンジンボク」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

3,874view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

4,173view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,687view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

3,576view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,698view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

17,848view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

3,669view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

7,852view