• セアノサスの育て方・栽培

セアノサスの育て方・栽培

セアノサスの育て…

出典:育て方ラボ

セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿という環境はセアノサスにとってはとても不利になります。ただでさえ苦手な環境なので、特に梅雨などのじめじめした時期にうっかり手入れを怠ると一気に枯れてしまいます。

セアノサスの育てる環境について

テキスト引用
原産がメキシコと言う事もあり、育て方として栄養ある土壌の方がよいに越したことはありませんが、乾燥を好むため水はけの良くやや乾燥している土壌でも問題なく、日当たりが良い場所が望ましいです。乾燥に強いため土がやや

十分に気を付けましょう。鉢植えにしろ庭植えにしろ、土は水はけのよいものを選ぶことが大切です。直接植物にかける水に対しても気を付けなければなりませんが、空気に含まれている湿気自体にも配慮が必要です。気密性の高い最近の日本の住宅では湿気がこもりがちになるので、鉢植えかつ室内で育てる場合には空調にも気をつけてあげてください。また日光も重要な要素です。

きちんと日が当たる場所で育てましょう。寒さに関しては比較的弱い植物なので、庭植えが可能な地域は残念ながら限られてしまします。冬季におおよそマイナス五度を下回らない地域では庭植えが可能ですが、北海道などの寒い地方では鉢植えか温室で育ててあげましょう。

鉢植えの場合は温度や日光の管理については庭植えよりもかなり容易なので、初めて育てる場合は鉢植えにしてあげるとよいです。風通しと日当たりがよい場所で、水はけのよい土がセアノサスにとって理想的環境です。環境さえ整えば、セアノサスはすくすくと育ってくれますので、最初の準備には力を入れましょう。

セアノサスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
一般的には2月から5月頃にかけて花が咲いた状態の株が出回るので、それらを植えることによって増やすことになります。植え付けを行う時期ですが、春と秋の両方で根付けが可能です。東北から北海道といった場所では、鉢植えのまま

次は種付けに関してです。基本的には冬から春の時期(おおよそ2月から5月にかけて)に、花が咲いた状態の株が市場に出回るので、それを購入して植え替えてあげるのが一般的でしかも楽です。地域(平均気温)によって植え付けに適した時期は異なりますが、だいたいの場合は春か秋に植え付けるのが適しています。しかし開花時期を考慮すると春に植えてあげたほうが良いかもしれません。なお、北海道などの寒い地域は庭植えに適していないので、植え付けず鉢のまま育ててあげましょう。

水やりについては先ほどのとおり乾燥していることが大切なので、あまりあげすぎてはいけません。土の表面が白っぽくなってきたら水をあげましょう。このときかけた水がしみこまず、表面にたまってしまうようではいけません。湿気ですぐにやられてしまうので、しっかりしみこんでくれるよう土のメンテナンスをしましょう。植え替えを行うのも手です。

土は水をあげた後に表面がしっとりして、すこしずつ乾いていくのが理想ですので、毎回の水やりの時には土の表面の手入れを忘れずに行いましょう。夏はすぐに水が蒸発してしまいますが、頻繁にやる必要はありません。朝と夕方の1日2回程度で十分です、それよりも湿気の管理に注意が必要です。次に肥料ですが、有機質タイプの固形肥料(油かすなどをかためたもの)が適切です。水やりのたびに少しずつ溶けていく肥料を、開花前の春と落花後の秋にそれぞれ与えましょう。

セアノサスの増やし方や害虫について

テキスト引用
セアノサスの増やし方は、挿し木を行って栽培することで増やすことができます。挿し木を行う時期ですが、夏ごろに行うのが良いです。春頃に挿し木を行うと日本などは6月ごろの梅雨のジメジメした時期に、成長しきれていない挿

順調に育てていくうちに、今度はだんだんとセアノサスを増やしたくなってくるでしょう。セアノサスの増やし方で一般的なものは挿し木です。挿し木は高温多湿な時期を避けるため、梅雨明けごろに行うのが適切です。そうしないと成長途中に湿気にやられてしまい、うまく育ちません。挿し木の具体的な方法についてですが、まずは10センチ弱の枝を用意し、枝の下についている葉っぱはすべて切除します。鉢植え用の土は水はけがよく栄養が豊富な土を用意し、そこに枝を植えます。

通常は日光が十分に当たる場所で育てますが、梅雨明けの日光は非常に強いため、挿し木の場合はある程度の大きさに育つまでは直射日光を避けましょう。また差し木をしたばかりで根が張っていない時期は、いつもよりも水気や湿気が必要になってきますので、用土が乾かないように十分な水を定期的に与えましょう。順調に育って花が咲き終わったら、不要な枝を剪定し通気性をよくしましょう。この時期まで来れば、通常のセアノサスと同じ育て方で大丈夫です。

これを繰り返せばたくさんの株を作ることも可能になります。最後に害虫についてです。実は、害虫についてはあまり気にする必要はありません。メキシコと日本では環境が大きく異なるので手入れが大切でしたが、セアノサスは本来とても強い植物です。環境にさえ気を付ければ害虫に負けたりすることもなく、とても元気に育ってくれます。栽培に慣れてきたら様々な品種を育てて、たくさんの花を咲かせてあげましょう。

セアノサスの歴史

テキスト引用
セアノサスはカナダ南部や北アメリカにあるメキシコ北部が原産となっています。花の付き方が似ているという理由から、別名をカリフォルニアライラックという名前があります。セサノアスはギリシャ語に由来している名前であり

セアノサスという花をご存知でしょうか。名前は知らなくても、見たことはあるかもしれませんが、主に青くて小さな花をたくさん咲かせる植物です。セアノサスはアメリカ大陸(南カナダ、北メキシコなど)が原産の花です。ケアノサスと表記することもあります。豊富に種類があるので様々な特徴を持ちます。花の形が似ていることから、別名「カリフォルニアライラック」とも呼ばれています。「セアノサス」という名前の響きは聞きなれないかもしれませんが、これはギリシア語に由来します。

非常につよい植物で比較的簡単に育てられる上に、花もきれいでよい香りを漂わせることから、観葉植物としての人気も高いです。公園などで咲いていることもあります。もちろん、家の庭や室内でセアノサスを育てる人も大勢おり、種類によって鉢植えにしたり、庭に植え付けて育てたりしています。さて、セアノサスは先述の通り基本的にはつよい植物ですが、本来の生息地はメキシコのため、日本の環境とは大きく異なります。

したがって日本で育てる場合には、その環境づくりにいろいろと気を遣う必要がでてきます。実際に育てる場合はどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。まずはメキシコの気候や、セアノサスのもつ様々な特徴について学ぶことが大切です。メキシコは日本に比べて雨が少なく、日照時間も長い傾向にあります。土の質も粘土質よりは砂に近いため、日本で育てるときも可能な限りこれらの環境を再現してあげましょう。

セアノサスのセアノサスの特徴

テキスト引用
大きな特徴の一つとして、その種類の豊富さにあります。一般的に葉がとても小さくてブッシュ状に成長する品種であるパシフィックブルーが有名ですが、種類がいくつもあるので姿が違ってきます。枝先に小さい花を穂のように放

セアノサス自体の特徴にはどういったものがあるのでしょうか。この植物はたくさんの種類がありますが、主にクロウメミドキ科セアノサス属の、常緑の低木に分類されています。生息地がメキシコであるため、どちらかというと乾燥を好み、あまり寒さには強くない傾向があります。鉢植えではなく庭植えで育てる場合には注意が必要です。

常に葉が生えている常緑種と、時期によって葉がすべて落ちてしまう落葉種がありますが、主に見かけるのは常緑種です。これ以外にも枝や茎がまっすぐ育つ立性タイプのものや、地面に這うようにして育つタイプ、草木などに群がるように育つタイプもあります。実際に植物を見てみて、好みの品種を選び栽培するとよいでしょう。巷で一般によく見るのは「パシフィックブルー」という品種です。

その名の通り青くて小さい花をねぎの花のように密集させて咲かせます。この花からはほのかに石鹸のように甘い香りがただようので、目でも鼻でも楽しむことができます。ほかの品種では白い花やピンクの花を咲かせるものもあります。このように様々な品種をもつセアノサスですが、実際に栽培して楽しむ上でのポイントで共通しているのは「乾燥」です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

どの品種も乾燥を好みますので、育てるときには乾燥を第一に考えてあげるとよいでしょう。また花を咲かせる時期もおおよそ共通しており、日本で育てた場合は春から初夏にかけて、つまり4月から6月の中頃までが花が咲く時期となります。

セアノサスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「セアノサス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

2,479view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,875view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

16,646view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

3,800view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

3,024view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

5,188view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,302view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

6,752view