• マツバランの育て方・栽培

マツバランの育て方・栽培

マツバランの育て…

出典:育て方ラボ

マツバランの育て方・栽培のまとめ。マツバランの育てる場合は暖かい場所で育てるようにしましょう。近年では温暖化現象の為に、寒い地域でも栽培されるようになってきましたが、基本的に名暖かい地域を生息地としている植物です。

マツバランの育てる環境について

テキスト引用
マツバランの育て方ですが、暖かい場所を好みます。日本ですと宮城県より南で見られるのですが、当時は関東よりも以南にしか見られませんでした。近年では温暖化現象もあり、徐々に東北地域でも見られるようになってきていま

ただし夏など暑い季節に太陽の光を直接あててしまうと弱ってしまうので注意が必要です。出来れば室内で育てた方が上手に育てる事が出来るでしょう。育てる場合は夏場だけは太陽の光に注意をすればそれ以外はそれほど注意が必要ありません。

また、風通しの良い場所をこのむ植物です。その為、出来れば風通しが良く、暖かな環境のお部屋の中で育てるときちんと育つでしょう。また、マツバランはあまり高い湿度は好みません。

その点にも注意をしましょう。日の光によって育つ状態が変わってくるので、日の光をしっかりと管理しながら育てていきましょう。部屋の中だけではなく、マンションなどのベランダでも育てる事が出来る植物です。ただし日差しがあまり入らないベランダの場合は、室内に入れて育てましょう。水を好む植物です。植木鉢などで育てている場合、土の表面が乾く前にしっかりと水を与えてあげましょう。

ただし、あまりにも水のあげ過ぎには注意しましょう。また、夏場は直射日光は避けて育てていきましょう。また、品種によっては好みの日照の程度が異なるので、その部分に注意をしながら育てていきましょう。そうする事で、きれいな成長を見届ける事が出来るのではないでしょうか。是非しっかりと育ててみましょう。

マツバランの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ちなみに、水やりも忘れてはいけません。出来れば鉢が乾かないようにするのがポイントです。水をやりすぎてしまうと地下茎に影響が出てきてしまいますのでやりすぎはほどほどにしないといけませんが、基本的に水分が大好きな

種付けですが、この植物は種子ではなく胞子で繁殖する植物です。胞子を付着させて育てていきます。主に石や木の根などの環境の中で育つ植物です。それらの環境に近い場所で育てるとしっかりと育ってくれるでしょう。

また、水を好む植物なので、水やりを忘れないようにしましょう。定期的にチェックをして、土が乾かないうちに水をあげるようにすると良いでしょう。ただし、水をあまりあげすぎてしまうと、地下茎に影響が出てしまう恐れがあるので注意しましょう。また、雨が降れば雨水でも成長する植物です。

その時の天気や、土の乾き具合を見て水の量を調整していきましょう。また、不衛生な環境の中にある水を利用してしまうと、マツバランの地下茎に菌が生息していますが、それらに影響を与えてしまう恐れがあるので出来るだけ雑菌などない、きれいな水をあげるようにしましょう。このマツバランは菌と深く関わっている植物なので、その点にも十分注意をしましょう。太陽の光の量などにより、葉の長さが変わってきます。その不思議な形を思う存分楽しみましょう。

また、肥料も好む植物です。基本的に窒素やカリウムなどの成分が含まれていればどんな肥料でも大丈夫です。どこでも手に入れる事が出来るので、購入して与えてみましょう。また、肥料をあげる場合はそのままあげるのではなく、少し薄めた状態であたえるようにしましょう。また、肥料は与えれば良いというものではありません。適度な量を基本として、与え過ぎには注意をしましょう。肥料を与える際は1カ月に一度程度を基本としてあげるようにしましょう。

マツバランの増やし方や害虫について

テキスト引用
マツバランを育てる際に気になってしまうのが害虫の存在です。いわゆる病害虫の場合は主に6月から10月に対処する事になります。ホームセンター等で植物専用の殺菌剤が売っていますので、こちらを使用して月に1回程度の間隔で

マツバランの増やす場合は胞子で繁殖させていきます。マツバランの先端部分に胞子のうが付着しているので、それが熟した際に筆などで採取して準備したマツバランの好む環境に付着をさせて増やしていきます。

繁殖させるのはなかなか難しいものがありますが、失敗を何度か繰り返すうちに要領を覚えていくでしょう。また、マツバランは株分けも行う事が出来ますが、出来ればやらない方が無難です。なぜかというと、株分けをして増やそうとしても、その途中で中が傷んでしまいだめになってしまうからです。

また、マツバランの害虫ですが、病害虫がついてしまうとだめになってしまうので、6月から10月頃になったらしっかりと対策をしていきましょう。対策の方法としては、ホームセンターなどどこでも手に入れる事が出来る、植物専用の殺菌剤などを利用して撃退していきましょう。使用の度合いですが、月に1度程度、様子を見ながら使用していきましょう。特に害虫が多い植物ではありませんが、地下茎に菌類が生息しているので、それと関連してだめになってしまうケースもあります。

それほどこまめに殺菌剤を使用する事はありませんが、定期的にチェックをして、虫が付いていないかチェックしておくとよいでしょう。育て方は、ある程度環境を気にかけながら育てる必要がある植物です。現在ではあまり育てている人を見かけませんが、育てると非常に面白い植物です。是非楽しみながら育てみましょう。

マツバランの歴史

テキスト引用
マツバランの歴史は意外にも古く、日本では江戸時代から栽培されてきました。そのため、古典園芸植物の一つに含まれています。当時は珍しい植物を投資の対象として購入するという風習があったのですが、その中にも含まれてい

マツバラン、名前だけは聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。学名はPsilotumnudumで、別名ホウキランとも呼ばれています。原産地は熱帯・亜熱帯地域になっており、日本では本州よりも南に分布している植物です。

このマツバランは、まるで地面から松葉が伸びて出てきたような不思議な形をした植物になっています。このマツバランは名前に”ラン”とつくので、ランの仲間かと思う人もいるかもしれませんが、実は”ラン”の仲間ではありません。しかも、実はこのマツバランには葉も根もありません。とても不思議な植物で、シダ植物の仲間です。

実は歴史は大変古く、何億年も昔からあったと言われている植物です。現代まで姿を変えずに残ってきた、生命力に溢れる植物です。まるで”生きた化石”そのものも植物ではないでしょうか。日本に入ってきたのも大変古く、日本では江戸時代から栽培されてきたと言われています。その当時は”松葉蘭”という名前で知られており、大変高級な植物として扱われていました。庶民の人には手が出ない高級植物です。

その不思議な形が何ともいえず人気になっており、人々に愛されていました。このマツバランは岩などに生える着生植物です。その為、岩を割ってまで探した人もがいるほど当時は人気でした。現在ではマツバランは”準絶滅危惧種”に指定されています。現在ではあまり栽培する人の数も減っている為に、徐々にその姿も減ってきました。

マツバランの特徴

テキスト引用
マツバランの特徴といえば、やはり面白いその形でしょう。江戸時代には競うように面白い形を作っていたのですが、形を変える事が容易なので育てるには面白い植物です。そして、葉も根も持たない、茎だけの植物です。植物も

この植物はマツバラン科の常緑性多年草です。熱帯地域に生息しており、樹上や岩上に着生して育つ植物です。草丈は10cmから30cm程度です。大変不思議な形をしているのが特徴です。その為、日本に入ってきた江戸時代当時は競うように面白い形を作って販売されていました。

比較的形を変えるのも簡単な植物なので、その特徴を利用して人々に親しまれてきました。葉も根もない、茎だけの珍しい植物です。遥か昔からこのままの状態で現代まで生き続けてきた、生命力に溢れる不思議な植物ではないでしょうか。

地上ではなく岩や木の根っこなどに生息してる植物です。地上で繁殖をする場合、種子で繁殖をする植物が多い為、岩や木の根っこなど決して環境の良くない場所を選んだと言われている植物です。

別名ホウキランと呼ばれていますが、マツバランの先がホウキのように広がっている事からこう呼ばれています。マツバランは複雑に枝分かれをしている植物です。地下茎は複雑に絡みあっており、褐色の仮根を密生させていますが、根はありません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

先端の部分の枝の側面に胞子のうを付けます。この胞子のうは熟していくと色が変化していき、はじめは緑色をしていますが、次第に黄色に変わっていきます。大変不思議な形をしているのは特徴の為、昔はその姿を楽しむ為に大変人気になっており、多く流通していました。枝を別れをしながら成長し、まるでホウキを地面に挿したかのように不思議な植物です。

マツバランの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「マツバラン」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

13,589view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,416view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,628view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,525view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

3,922view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

12,156view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,370view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

5,947view