• スクテラリアの育て方・栽培

スクテラリアの育て方・栽培

スクテラリアの育…

出典:育て方ラボ

スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として管理する考えもあります。秋に枯れて次の年にまた一から育てることを考えるなら地植えでも問題ありません。

スクテラリアの育てる環境について

テキスト引用
育て方としては環境はどのようなところが良いかですが、日当たりを好む花とされています。日当たりに当てないと見事な花があまり見られなくなってしまいます。ですから日当たりの良い所を選ぶようにします。南国の夏の直射日

多年草として継続的に育てて行こうとするなら植木鉢で管理をした方がいいでしょう。それなら冬に自宅内などに管理をすれば冬越が可能になってきます。日光の光は必要ですが強い直射日光は好みません。風通しが良くて明るい日陰に置くのが良いといえます。寒さのダメージを受けるとまず枯れてしまいます。

何とか枯らさずに冬を越したかと考えていたら春になっても花が咲かないことがあります。何とか株は残ったけども花を咲かせる力が無くなっていることがあります。これも寒さによる影響のことがあります。この花は花の咲く時期が長いので粘っていれば秋ぐらいに花を咲かせてくれることがあります。暑い地域の花ですが日本の高温多湿は苦手です。

花が咲く時期に夏から秋が設定されていますが、真夏の暑い時期には花が咲けません。咲かせようとするなら夏は日陰などに置いて涼しいところで管理します。あまりの暑さに夏に枯れてしまうこともあります。夏を乗り越えれば秋にも花を楽しむことができるので夏に置いておく環境は重要になります。夏と冬にきちんと乗り越えることができれば、何年も楽しめる花にできます。

スクテラリアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培においては用土をどのようにするかですが、腐植質に富んだものが良いとされています。それに加えて水もちと水はけも備えているとなおいいとされています。よくあるタイプとしては赤玉土が7割、腐葉土が3わりです。この割

スクテラリアの育て方では種付けの仕方があります。土の配合は赤玉土7割、腐葉土3割の水はけと栄養分を考えた配合です。花の土もだいたいこの配合のことがあるので、配合ができなければそれを使えばよいでしょう。腐植質に富んだもの、水もちがいいもの、水はけがいい状態を用意します。うまく育てることができると最初に植えた植木鉢からはみ出るくらいに成長することがあります。その時には一回り大きな植木鉢を用意して管理をします。植え替えをする時期として適しているのは気温がちょうどいい5月ぐらいです。

4月だと寒いですし、暑すぎるのも良くありません。その年によって、地域によっては異なりますが、20度から25度ぐらいの温度の時に行います。中南米地域に咲く花で多湿は好みますが乾燥を嫌います。花が咲く時期に水が不足すると花が咲く前にどんどんつぼみが落ちてしまうことがあります。残念な状態になりかねません。それを防ぐためにも春から秋はどんどん水を与えます。

多少水が多くなっても構いません。土は水はけを良くしているので余分な水は流してくれます。冬越をするときの水ですが、それほど多く必要としません。回数を減らして乾かし気味にしておきます。温室などで20度ぐらいに保てるなら花が咲くこともあります。その時は水もきちんと与えます。肥料は生育期を中心に与えます。10日に1回程度液体肥料を与えます。気温が低くなって成長が鈍って来たら与えなくてよいです。

スクテラリアの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としてはさし木があります。気温が20度以上のときに行うことができます。冬が寒いと枯れてしまうことがありせっかくの株を失うことがあります。そのようなことがないように、早めに苗を作っておくことがあります。準

スクテラリアの増やし方では挿し木を行います。時期は気温が20度以上の時に行います。この花は1年層として管理することもあるくらい冬は苦手です。冬を越すことは出来ないけども次の年にも楽しみたいなら挿し木で苗を用意しておきます。9月ごろに作っておき、それを冬越させます。そして本体は枯れてしまいますが苗が次の年に成長してくれれば花を咲かせてくれるので次の年もしっかりと花を楽しめます。挿し木をいくつか用意しておけばその分増やすことができます。害虫対策として行うのがハダニの対策です。

6月から9月の時期につくことがあります。葉の裏などを見るとついていることがあり、葉がかすれたようにんっています。乾燥すると起きることがあります。こまめに霧吹きで水を与えているとそれによって発生しにくくすることができます。ハダニのための薬を使うことでも対応できます。コナジラミが発生することもあります。ハダニにしてもコナジラミにしても非常に小さい虫です。

動いている様子やつかんだりして駆除できるわけではありません。表面的にはきれいでも葉の様子などを見ながらそれらがつかないようにしておきます。花を管理する上でしておく事としてはながら摘みがあります。花が終わったら次の花を楽しむために行います。花の時期にはどんどん次の花が咲いてくれます。その他剪定をすることがあります。冬を越すときに行います。剪定をすることで形を整えることができます。

スクテラリアの歴史

テキスト引用
世界においては王国と言われる国があります。そういった国では国王がいます。国王が政治的にどのような役割を持っているかはそれぞれの国で異なります。歴史を刻む尊重のような存在のこともあれば、政治などに絡むような国

王様や女王の象徴として冠があります。頭の上に載せるものになります。日本でも同じように頭の上に被るもので位を区別することがあったようです。冠と言えば金属製のものが知られていますが、より権力を象徴するために宝石などをちりばめることがあります。今どこかの国の国王や女王が被るとなるとかなり高価なものが使われている可能性があります。スクテラリアと呼ばれる植物があります。この花は原産、生息地の場所としてコスタリカ、パナマとされています。

名前の後ろにコスタリカーナとつけられることもあります。この花の名前の別名に女王の木があります。何かの王、女王と言ったときにはそれぞれの中のナンバーワンを意味することがあります。この花はまさに木の中のナンバーワンとしてこの名前が付いたかというとそうではなさそうです。この花の咲き方が女王の冠に似ているからつけられたとされます。確かに冠のようにきらびやかな花びらを備えています。

日本との関係としては、実は同じ仲間が日本にもあるとされています。それはタツミナソウと呼ばれる植物です。しかし種類がいくら同じでも見た目などは大きく異なります。これらが同じ仲間だと気が付く人はいないかもしれません。その他の名前としてあるのは英名でコスタリアンスカルカップがあります。スカルカップはハーブの中までコスタリア原産のハーブとのことでこの名前が付いたのでしょう。ハーブとしても使われることがあるようです。

スクテラリアの特徴

テキスト引用
この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては20センチぐらいから1メートルぐらいになることもあります。花が咲く時期としては6月から10月くらいになっています。中央アメリカが生息地であることからあまり育

スクテラリアの特徴として、園芸では常緑低木になります。日本では1年草として扱われます。シソ科、スクラリア属になります。その他タツミナソウ属に属するとする意見もあります。葉っぱは楕円形になっていて、表面が凸凹に隆起しています。きれいなつやがあるタイプではありません。茎は緑色ではなく黒っぽい紫になっています。

枝分かれが多いので良く茂ります。その茂った上の部分に花が付きます。花は筒状のものが上に向かって伸びています。長さは4センチから5センチぐらいでしょう。真ん中の方は上にそのまま伸びていますが、横の方のものは上には伸びられなくて斜めや横に伸びているものもあります。横から見ると冠のように見ることができます。

花の色は様々でオレンジやピンク、黄色など鮮やかなものが多いです。一方で涼しげな青色の系統のものも見ることができます。花の開花時期は日本であれば6月から10月の暖かい時期になります。原産地では木として育つぐらいなので枯れることなく咲きます。1年を通じて咲いていることもあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

日本での花の高さは20センチぐらいですが、原産地に行くとかなり大型に成長するものがあり1メートルぐらいの高さになっている場合があります。耐寒性があまりないために日本では冬越えが問題になります。冬が越せれば毎年咲かせることができそうです。冬越えをするには10度から15度ぐらいは必要になるので外で育てるには場所が限られそうです。

スクテラリアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「スクテラリア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,986view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

11,604view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,662view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

6,051view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

3,992view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

6,979view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

5,051view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

9,029view