• ジューンベリーの育て方・栽培

ジューンベリーの育て方・栽培

ジューンベリーの…

出典:育て方ラボ

太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾きやすいために不向きです。基本的に大きく育つので庭で植えるのが適していますが、小さいうちは鉢植えでの栽培も一応行うことはできます。

ジューンベリーの育て方

テキスト引用
ジューンベリーは基本的に日当たりの良い場所に植えるのが良いのですが、明るい日陰でも育てることはできます。西日が当たる場所は乾燥しやすいため、向いていません。鉢植えに植えているのであれば開花期はあまり雨にあてるのが

その場合は花が咲く時期に雨にうたれるというのは好ましくないので、うたれないように屋根のあるところに置くのが良いです。もっともジューンベリーは大きく育つ植物なので、最終的には庭での栽培が必要になると予想されます。ですから、育てるのであれば最初から庭で植えて栽培するというスタイルを採っておくのが賢明だと思われます。

水はけが良いところを好むのでその性質を持つ土で育てるようにするだけではなく、水持ちも良く、酸性が少し入った土を選ぶようにします。植える場合は12月から3月までの間に行うのが適しています。庭で植える場合と鉢植えで植える場合とでは量が異なりますが、いずれにしても育てる場合はピートモスが要ります。

ピートモスは園芸などで使用される土の一つであり、アシ、スゲなどの植物が積もって腐植した泥炭を複数のプロセスを得て作られた土を言います。ピートモスは土を酸性にするという特徴を持っているので、やや酸性によった土を好むジューンベリーにとって適している土だと言えます。他にも外見が良い、清潔で軽いという特色も持っています。

栽培する上でのコツ

テキスト引用
ジューンベリーを栽培する時には樹形の仕立て方が2つあります。主幹仕立てにする場合、1年目は枝分かれしていない棒状の苗木を仕立てます。植えつけした後で50cmから60cmほどの高さで幹の先端をカットします。2年

水やりですが、庭で植える場合は植物が根付けば降ってくる雨で事足りますが、鉢植えで育てる場合は土の表面が乾燥した際に与えるようにします。肥料については、寒肥は12月から2月ごろまで与え、鉢植えで育てている場合は9月ごろにも与えます。繁殖させる方法は挿し木以外にも種付けをして種子から育てるという方法も存在しています。種子から育てる場合はジューンベリーの種子を取ることが不可欠であり、実の中にある種を取り出す作業を行います。

その後、種子に付いている果実を取り除き、保管する時は乾燥を防ぐために冷蔵庫にしまっておきます。植える場合は秋から冬までの時期、または取り出して日が浅いうちに済ませておくのが得策だと言われています。どちらの時期に植えたとしても翌年の春には芽が生えてきます。あまりにも多く収穫するという事態になった場合は、収穫せずにほったらかしにするのも一つの手です。

しかし、その方法では鳥に食べられる可能性があるため、食べられたくないというのであれば網をかけるといった工夫を施すようにします。全て収穫してしまってジャムなどを作っても余るという場合には果実から種子を取り、種子から植えるという手段を取るのも良いです。ただ、繁殖させる場合は後に述べる挿し木による繁殖の方法が基本だと言われています。挿し木を行う方法として、前年度に生えてきた枝を切り取って違う場所に移し替えるという方法が存在しています。

種付けで増やすことはできるのか?

テキスト引用
増やしたい時は基本的に挿し木をして増やします。前年に伸びている枝を3月に挿すやり方と本年伸びた枝を6月頃に伸ばすやり方の2種類があります。挿し木する枝は30分から40分ほど水揚げしてから葉が触れ合わないようにして

既に書いたように、ジューンベリーを挿し木で増やす場合は前年度に生えた枝を切り取るようにします。なお、本年度に生えてきた枝を6月ぐらいに伸ばしておくという方法も実在しています。挿し木をする際に使う土は専用の土、あるいは小さい粒の赤玉土を使うようにします。また使用する枝を半時間程度水揚げをしてから挿し木を行うという工夫も有効です。害虫や病気についてですが、病気は多くの場合かからないとしていますが、害虫は発生する場合があります。

害虫にはカミキリムシの幼虫やアブラムシが挙げられ、前者は幹に侵入することで発生するようになります。後者は4月の真ん中あたりに発生し始めると言われています。カミキリムシの幼虫が入り込むと樹木が枯れてしまう場合があるので、あらかじめ薬を散布するなどして侵入されないようにします。またそれらの虫以外に気を付けておきたいのは鳥であり、これは果実ができる時期に注意しなければなりません。

繰り返すようですが、せっかく結んだ果実を鳥によって食べられるという事態が起こることがあります。とりわけジューンベリーを種子から植えたいと考えている場合、または食べたいという場合は網をかけるなどして予防するのが重要です。他に剪定の作業ですが、剪定をしなくても自ら形が整うとされているので、差し支えはありません。ただし、徒長枝が生えるという現象などが起こった場合は葉っぱが落ちる時期に行うようにします。

ジューンベリーの歴史

テキスト引用
ジューンベリーの原産と生息地は北アメリカ北東部です。アメリカザイフリボクのザイフリボクというのは漢字で書くと采振木となり、これは白く細長い花弁をつけた花が武将が戦で使った采配に似ていることが由来となっています

ジューンベリーは国内総生産第一位の国が属している大陸の北の地域を原産地としていて、かつ生息地もその地域としています。国内総生産第一位の国だけではなく世界で2番目に広い国も生息地になっています。また別の呼び名では国内総生産第一位の国の名前が付けられていて、ザイフリボク属に分類される植物です。我々が住んでいる国へ渡ったのはかなり昔という訳ではなく、果樹として普及されつつあります。ジューンベリーと呼ばれる理由は名前にあるように6月ごろに果実が実り、収穫することが可能だからだと言われています。

ザイフリボクという名前は花が、昔武将が戦いの時に使う采配という道具に似ていることから名づけられました。ちなみに色々な別名が存在していて、シュガープラムやカラントツリーなどが列挙されています。利用方法にはそのまま食べるという方法がある以外にもジャムなどの原料に使われるという方法が存在します。

それに加えて薬効に関する研究も行われていたり、街路樹として利用されたりしていて、使い道が複数実在しているということができます。我々が住んでいる国でも栽培が行うところが増加しているという実情があるとされています。またジューンベリーが属しているザイフリボク属の学名はアメランチアとされています。ミルフィーユの発祥の国が属している地域のザイフリボクがオック語表記での呼び名で言われていたことから名付けられたと考えられています。

ジューンベリーの特徴

テキスト引用
ジューンベリーは樹高が2mから9mほどあり、4月に開花し、5月から6月にかけて実がなります。バラ科ザイフリボク属で開花期には桜やリキュウバイによく似た白い花をたくさん咲かせます。新葉の色は銅色をしていますが、

前の段落で書いたように、6月に実を結ぶとされていることからジューンベリーと名付けられたと言われています。樹木の高さは最大で8メートルあるいは9メートルであり、春ごろに花が咲く植物です。花の形は武将が使っていた采配という道具に似ていて、先に述べた通り、その理由からザイフリボクという名前が付けられたとされます。

春に咲く花や夏の初めごろにできる果実だけでなく、秋になって生ずる紅葉の様子も楽しむことができるので、観賞用としても栽培するのも悪くないと言えます。ジャムとして食べる時は、結実してからしばらく経った後の熟した果実とその量の半分の砂糖、レモン半分を煮て作るのが良いとされています。

寒さや暑さに強いとされているので、育て方についてはさほど難しくないですが、乾燥には少し弱いところがあります。また栽培する上でも注意したいこともあり、果実の収穫を目的としているのであれば、鳥に食われないように工夫を凝らす必要があります。1本だけでも実を結ぶとされていて、我々が住んでいる国で育てるということも可能です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

なお、ジューンベリーの学名はアメランチアカナデンシスやアメランチアラエヴィスなどが挙げられていて、混乱している状況なので整理しなければならないとしています。ジューンベリーにはセイヨウザイフリボクといった植物が仲間として列挙されています。また我々が住んでいる国にもその仲間の植物が生えていて、熟した果実は黒っぽい色になります。

ジューンベリーの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ジューンベリー」に一致する育て方

「ジューンベリー」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,913view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

7,860view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,591view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

7,091view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

4,040view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

3,677view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,704view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,866view