• クレオメの育て方・栽培

クレオメの育て方・栽培

クレオメの育て方…

出典:育て方ラボ

クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることができます。日本の真夏の暑さにやられてしまう花が多いですが、この花は夏の暑さが好きな花です。

クレオメの育てる環境について

テキスト引用
クレオメの育て方としては日当りと風通しのよい場所で栽培することがおすすめされています。半日以上は日のあたる場所を選ぶようにしてあげてください。土質を選ぶようなことはありませんが水はけのよさを保ってあげるようにしましょう

夏でも日差しが強いところに置いておくことができます。この花は一つの花が咲いて枯れ、さらに次の花が咲いて枯れを繰り返していきます。ですから花の時期にずっと日当たりのいいところに置いておくのが良いとされます。真夏になると他の植物は日当たりから非難ささることがあるでしょう。

その部分に何も置くものが無くなったこの花を置いておきましょう。風通しなども特に気にすることがありませんがあまりじめじめしたところは良くありません。またあまり花が混みあうところなども良くありません。それはどの花も同じことでしょう。花にとって良い環境を想像しながら場所を選ぶようにします。この花は熱帯、しかも森林の中よりも外などできれいな花を咲かしていました。

ですから日当たりを好むようになっています。この花が苦手としていることとして移植があります。一年草なのでその年のうちに移植をすることはほとんどありません。日差しが好きな花なので夏に植え替えをして別のところに移動させることもありません。あまり花の知識のない人でも適度に肥料を与えて適度に水を与えていればきれいな花を長く咲かせることができます。

クレオメの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
春頃から夏頃には生育と開花がありますので、水が完全に切れてしまわないように注意が必要です。乾燥には強いですのでいつも湿っているような状態にしないようにし、若い苗のうちに水を与えすぎて徒長させないようにすることも

クレオメの育て方では種付けの場所であったり土の配合があります。用土を用意するときには肥沃な土を用意します。プランターであれば赤玉土の中粒が5割、腐葉土3割、堆肥2割を混ぜます。花壇に植えるときには土と堆肥、肥料を混ぜてそこに植えるようにします。別の配合例として赤玉小粒を6割、腐葉土を4割にすることがあります。水はけ、通気性、保水性、栄養を考慮して用意します。植えるときには間隔を30センチぐらい開けると良いとされています。

この花は上の方にまっすぐ伸びていきます。花によっては横に広がったり匍匐するものもあるので間隔を気にしないといけない場合があります。30センチくらい開けておけば気にすることなく育てることができます。この花を育てるうえで少し大変となるのが水やりで賞。春から夏、秋にかけて花を咲かせます。花が咲くときに水きれを起こさせないようにします。鉢植え、庭植えともに乾かさないように水やりを行います。

庭に植えるときは水やりを必要としない植物が多いです。こちらはその他の植物に比べると水を欲しがります。きれいに咲かせるためにもしっかりと水を与えるようにします。肥料は元肥として緩効性の化成肥料を用意します。追肥もしておくときれいに咲かせ続けることができます。化成肥料を1か月に1回程度で与えます。液体肥料は2週間に1回程度与えます。夏場などは肥料を置くタイミングを間違えないように気をつけます。

クレオメの増やし方や害虫について

テキスト引用
クレオメの増やし方としてはタネで増やす方法が用いられています。開花した後に細長い子房が膨らんでタネがはじけ飛びますので、採種をして保管しておきましょう。こぼれ落ちたタネからも増えていくことがありますが、4月半

クレオメの増やし方ですがこの花は一年草です。ですから株分けなどをすることは出来ません。ですから種をしっかりと管理しながら増やすようにします。種をまく時期は4月から5月ぐらいです。発芽のための適温は20度から25度です。南の地域だと4月中旬ぐらいから行えます。関東より北なら5月に入ってから行った方が安心して育てられるでしょう。寒いときにまいてしまうとそのまま芽が出ない場合があります。この花は移植を嫌います。種をまいてそれが混み合ったからと別のところに移して育てることができません。

間引きをした苗はそのまま捨てることになります。この花の増やし方として何もしない方法があります。それはこぼれたねがあるからです。なにもしていないのに毎年咲くようになれば何もすることが無くなります。種を取っておいて保存して春にまくこともできます。害虫対策にはハダニ対策を行います。葉っぱは通常はきれいな緑色をしていますが白っぽくなることがあります。

花がきれいなだけに葉っぱもきれいな状態を維持したいところです。水やりをするときに葉の裏にもかけます。そうするとダニが流れて行きます。風通しを悪くすると増えることがあるので感覚を開けて育てるようにします。風通しが悪いと別の虫も付きやすくなります。オンシツコナジラミが発生することがあります。こちらも風通しを管理して発生を抑えるようにします。薬などで対応できない場合はそれ以外の方法を取るしかありません。

クレオメの歴史

テキスト引用
通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言います。フウチョウソウ属とはフウチョウソウ科の属の1つで主な原産地は南アフリカの他にもアメリカ大陸などが生息地となっています。クレオメは、花が少なくなる真

花の周りと言いますといろいろな虫が飛び回っています。花はいいにおいを出してそれらの虫をおびき寄せます。そして蜜などを吸います。この時に足などに花粉が付きます。他のは何もそれがつけば無事受粉されることになります。花は動物のように動くことは出来ませんが動かなくても増えて子孫を残す術を持っています。クレオメもきれいな花を咲かせることで知られています。この花の別名としてフウチョウソウがあります。風蝶草です。花が咲いている様子がまるで蝶が飛んでいる様子に見えるからそのようにつけられたようです。

風が吹くと花びらが少しずつ揺れて蝶が飛んでいるように見える場合があります。この花の原産、生息地はあまりはっきりしません。南アメリカとの説と南アフリカとの説があります。どちらも南半球なのでよく似た気候のこともありますが、細かい情報がないのかもしれません。日本では以外にも北海道で見かけることができます。

北海道では広い土地を利用してお花畑を作ることがあります。この花が一面になるとかなり豪快に見えるでしょう。日本にやってきたのは明治の初めごろとされています。直接原産地から来たのではなく、ヨーロッパを経由してになるでしょう。これだけきれいな花であればヨーロッパの人たちはそのままにしておきません。自国に持ち帰って改良などをします。そしてさらに日本などに伝えてくれます。日本に咲いていない花もどんどん楽しめるようになっています。

クレオメの特徴

テキスト引用
クレオメは草丈がおよそ1メートルほどにまで伸びます。雄しべと雌しべが長いのが特徴で、花は蕾の頃がピンク色で開いてくると少しずつ白っぽくなっていきます。葉は掌状複葉で互生して夏頃から秋の初め頃にかけて太い茎が伸

クレオメの特徴は一年草の草花です。草の丈は60センチぐらいの物から高いものだと1メートルと超えてきます。日本では北海道で咲かせているところがありますがあまり耐寒性はありません。耐暑性はあるので夏でもしっかり花を咲かせてくれます。花が咲く時期は7月から10月ぐらいまでで長く楽しめる花として知られています。

耐寒性はないですが、そもそもが一年草で秋が終わると枯れます。そのことを考えると寒さに弱いとしても特に大きな問題はなさそうです。生物学での分類では被子植物、双子葉植物、フウチョウソウ目、フウチョウソウ科、フウチョウソウ属になります。花の咲き方から風蝶草と呼ばれますが、その他の名前に酔蝶草があります。

蝶は不規則に飛んでいることが多いですが、その様子が酔っているように見えるのでしょう。そこからこの名前が付けられているようです。英名にはスパイダーフラワーとの名前もついています。花の様子として太くて長い雌しべ、それよりも少し長い雄しべが突出した形になっています。花自体は咲いた後すぐに枯れてしまいます。でも一つが枯れても別の花が咲きます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

どんどん咲いて数箇月ぐらい楽しめる場合があります。うまく育てると夏の間にずっと花が咲き続ける状態にすることができます。花の色はピンク色が良く見られます。その他に紫色、白色なども見ることができます。1年草のこともあって冬越えなどを気にすることがなく育てやすいとされています。

クレオメの育て方・栽培に関連する無料素材

「クレオメ」に一致する育て方

  • クレオメ

    クレオメ

    画像はクレオメのセニョリータという品種で…

    868

    0

「クレオメ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

4,354view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

34,721view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

6,968view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

4,596view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

4,593view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,499view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

9,324view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

6,360view