• オンファロデスの育て方・栽培

オンファロデスの育て方・栽培

オンファロデスの…

出典:育て方ラボ

オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強く、マイナス10度ぐらいの環境でも育てることができます。

オンファロデスの育てる環境について

テキスト引用
オンファロデスを快適に育てる環境としては、日差しと水はけがキーポイントになってきます。程よい明るさのある半日陰が適しているのは、カッパドキカ種になります。水はけの良い場所であり、腐植質の多い土のある環境が、栽

苗の状態でマイナス10度になると枯れることがあるので注意しなければいけません。しっかり育った状態ならある程度強くなります。カッパドキカと呼ばれる種類は多年草のタイプになります。日本で育てるなら夏を越せるかがポイントになります。日本の高温に弱い場合があり、日向で管理をしていると枯れることがあります。

半日陰や日陰に移動させることで夏を越させます。落葉樹の下などで管理をするとうまく育てることができます。適度に防寒を行い、ひどい寒さにならないようにしなければいけません。リニフォリアは一年草のタイプです。花が咲いた後の夏に枯れます。夏にわざわざ日陰に移動させる必要はありません。移動させてもさせなくても枯れてしまうからです。

次の年も咲くので夏を越したように感じるかもしれませんが種がうまく発芽したために多年草様に見えるだけです。実際は枯れています。日本では東北などではあまり気にすることなく育てることができそうです。都市部ではヒートアイランドなどで異常な暑さになることがあるので注意しながら管理を行います。種類を選ぶなら最初は一年草のタイプから挑戦して、その後に多年草のタイプに移っても良いでしょう。

オンファロデスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
オンファロデスの植え付けですが、夏場の季節にカッパドキカ種の植え付け作業をするのであれば、植え付けをする場所には、腐葉土をよくミックスさせておくことです。場所的には、真夏の直射日光がダイレクトに当たる場所ではなく

オンファロデスの育て方では種付けの用土を作っていきます。山野草向けの用土を使うと良いとされています。自分で配合するときには鹿沼土4割、軽石3割、腐葉土3割があります。カッパドキカ種をするときには腐葉土の割合を少し多めにすることもあります。夏のことも考えると日差しがあまり当たらないところに植え付ける必要があります。季節になると植え替えをする必要も出てきますから、秋などに行うと良いでしょう。植え替えをしないと根詰まりしてしまうことがあります。

リニフォリア種はあまり日差しのことを気にしなくてよいので好きなところに植えることができる利点があります。水やりをするときには用土の乾き具合を見て行います。乾いたらたっぷり与えるようにします。乾燥すると葉枯れを起こしたり花が咲かなかったりします。かといって水を与え過ぎると根腐れになります。水はけを良くして、乾燥もさせないように気を配ります。

土をうまく配合すると水を与えすぎたとしても水はけを良くすることができます。他の植物との兼ね合いがあるなら水はけのよい素材を多く混ぜるようにします。肥料は春ごろから開花までであれば液体肥料を与えます。1週間に1回もしくは2週間に1回程度で十分とされます。肥料は比較的重要で、肥料がなかったから花が咲かない場合があります。秋には生育のために肥料を与えます。高温になる時期には肥料を与えないようにします。余計に疲れて枯れてしまいます。

オンファロデスの増やし方や害虫について

テキスト引用
オンファロデスの育て方で気をつけたい害虫と病気も、把握しておいて対策を行うことです。オンファロデスを栽培するうえで天敵となってくる害虫は、花や木を育てる上でも発生しやすい、アブラムシの存在です。植物には発生しやすい

オンファロデスの増やし方では種まきを行います。リニフォリア種は一年草ですから種まきが必須になります。カッパドキカ種は多年草なので増やさないなら種まきは不要ですが増やしたいなら行います。花が咲いて種をとっておきまくのは春ではなく秋になります。カッパドキカ種は多年草ですから毎年根が残ります。この根を株分けすることで増やすことができます。行うのは植え替えと同じ時期に行うとわかりやすいでしょう。植え替えの時に必ず行うわけではありませんが、株の状態を見計らって行うようにしましょう。

害虫対策としてはアブラムシに注意をします。まずは管理をしておき、見つけたらすぐに防除します。見つけたら一匹ずつ対応することがありますが必ずしも効率的とは限りません。一匹見つけたらたいていは別のところにもいます。さらに別のところにもいて大変になることがあります。この時に使えるのが薬剤です。薬剤を利用すると多くのアブラムシが出てきても対応できます。

長期間効果があるタイプを使えば何度も管理をする必要はありません。他の植物でもアブラムシは厄介な存在でそのたびにつまんでいては日が暮れてしまいます。良く効くタイプの薬がありますからそれをうまく使います。その他に行っておくとよい作業には花がら摘みがあります。種を取らないなら咲き終わったときに取ります。するとその次の花がきれいに咲きます。枯葉の除去をこまめに行い、株もとが汚れないようにします。

オンファロデスの歴史

テキスト引用
オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原産地の植物です。さみしげで、おとなしい印象もある、可憐でキュートな花を咲かせます。種類は、毎年可愛らしい花を咲かせてくれる多年草タイプと、1年間精一杯咲

架空の人、想像上の人として天使がいます。天国で神様の世話をしたり手伝いをしている存在のようです。人のようですが背中に羽根がついていて頭にはわっかのようなものを浮かべています。もちろん実際に地上に降りてきてもらうことは出来ません。オンファロデスと呼ばれる植物がありますが、こちらの植物にはいろいろな別名があります。その中のひとつに天使のへそがあります。さらにビーナスのへそとの名もつけられています。そもそもオンファロデスはへその形をしたの意味になります。

日本の名前としてはヤマルリソウと呼ばれることがあります。山に生える瑠璃色の花なのでこの名前が付けられたのかもしれません。原産地、生息地としてあるのはヨーロッパ、北アフリカ、アジア地方になります。日本でも見ることができる花です。ヨーロッパなどでは産学などでよく見られますが、日本では数種類が自生しています。日本でよく咲いていて見かける花ですが文献などで良く出てくるわけではありません。

この花で注意をしたいこととしては種の保全の対策が行われていることです。絶滅が危惧されているとして都道府県で定めている場合があります。埼玉県や東京都では絶滅危惧2類、福島県では純絶滅危惧、千葉県では一般保護生物となっています。その他の地域でも自生している様子を見られなくなっている場合があります。せっかく歴史のある花ですから絶滅させてはもったいないです。自然界にも残した花です。

オンファロデスの特徴

テキスト引用
オンファロデスには種類がいくつもありますが、総合して開花した花は、可憐で可愛らしいのが特徴としてあります。アジアからヨーロッパにかけては、オンファロデス属には28種あると言われています。オンファロデス・カッパドキカ

オンファロデスの特徴として園芸上は草花です。多年草として扱われることもあれば一年草になることもあります。これは種類によって異なり、咲く地域で異なるわけではありません。一年草でも種が勝手に発芽して多年草のように咲くこともあります。非常にかわいらしい花として知られていますが草の丈は10センチぐらいから20センチぐらいに達するものもあります。

耐寒性は比較的強く耐暑性もあります。多年草として扱われるときは常緑性のある植物として育てられます。生物学の中では被子植物、真正双子葉類、キク類、真正キク類、ムラサキ科、ムラサキ亜科、ルリソウ属となっています。日本ではわかりやすい和名で通ることが多いです。英名のへそからいろいろな呼ばれ方がしています。

日本の和名ではさらにはヤガラと呼ばれたりヤマウグイスと呼ばれることもあります。属には28の種類があるとされていて、カッパドキカ、リニフォリアなどが知られています。カッパドキカは一般的な種に比べると大きく成長するタイプになります。花が開花した時には1.5センチぐらいになります。花の色は瑠璃色と言われる鮮やかな青色が一般的です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

その他に紫や白、青と白などの複色で咲くこともあります。葉っぱはロゼット状に広がっています。茎葉は根生葉よりも小さくなっています。まばらに互生するタイプです。花の時期は4月から5月ぐらいです。花弁は5枚あり、色が変化することが知られています。

オンファロデスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「オンファロデス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,216view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,260view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,795view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,300view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,057view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,328view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,472view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,343view