• オオアラセイトウの育て方・栽培

オオアラセイトウの育て方・栽培

オオアラセイトウ…

出典:育て方ラボ

オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種をまく環境によって左右されますが、日当たりのよく風のあまり当たらない場所が育ちがよくなります。

オオアラセイトウの育てる環境について

テキスト引用
オオアラセイトウは日当たりがよく、水はけもよく、肥沃な土地を好みますので、育て方もそうした環境に注意して植え付けることが必要です。もともと野生のこの花が咲いている環境を見てみると、斜面になった線路脇、畑の小

花壇とプランター、どちらの育て方でも育てることができるため、どちらがいいのかはあまり気にする必要はありません。直接まいた場合は育ちを良くするために間引きの作業が必要になります。プランターにまく場合は日の当らない場所には置かないようにします。茎が徒長し、花が付かなくなってしまいます。

オオアラセイトウは基本的に日当たりと水はけがよければどこでも育ちますが、最低限の配慮は必要になります。雨が降った翌日などは水はけが悪くなっていたり土が流されたりしていないか確認を怠らないようにします。しかし、栽培には適した環境やそれなりの配慮が必要と言っても、オオアラセイトウ自体が丈夫で強い植物であるため、多少無理な環境でも十分に育ちます。

日光の全く当たらない、どろどろにぬかるんだ場所のような極端な場所でもない限りは育てることは可能です。プランターを利用できたりと環境を整える手段も多いため、うちにはうってつけな場所がないという人もとりあえず植えてみてはどうでしょうか。思った以上によく育つことが実感できることでしょう。植物の持つ生命力の強さに感動を覚えるかもしれません。

オオアラセイトウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
オオアラセイトウの栽培で注意することは水やりです。特に水はけが良い土地を好むので、水はけのよい土壌を作って植え付けるのが育て方の基本ですが、その分水切れもおこしやすくなってしまうので注意が必要です。暑さに弱く

オオアラセイトウも他の植物と同じく水やりが必要になります。もともとが水はけのよい土壌を好む性質のため、栽培の際にも極力水はけをよくする必要がありますが、水はけがよいということはその分乾燥しやすく、水切れを起こしやすいということでもあります。これを念頭に入れて水やりを行わなければなりません。オオアラセイトウの栽培には、植物自体よりも土の管理の方が重要になります。とくに注意が必要になるのは夏や冬の気温や湿度が極端に傾く時期です。

オオアラセイトウは暑さに弱い植物のため、夏の暑さは天敵になります。土に含まれた水分も暑さのせいで蒸発しやすく、その上湿度も高いと、育てるには厳しい季節になります。逆に寒さには強いため、冬場は気を付けることは何もない、という訳でもなく、今度は乾燥した空気によって土が乾きやすくなります。種付けのあとに土の様子を確認しながら毎日水やりをすれば、春先には開花します。ただし、密集させて育てる際には注意が必要なことがあります。

オオアラセイトウは密集すると、仲間同士で水分の摂り合いをします。そのため、少し多めの水を上げるようにしましょう。肥料に関しては、種付けの際に効き目の緩い物を土に混ぜ込めば育ちがよくなります。また、花が咲き始める時期になったら、リン酸やカリウムを多く含む液体肥料を薄めた物を与えると、花付きがよくなり、花の色もきれいになります。水やりと同じく、株の数によって与える量を調節しましょう。

オオアラセイトウの増やし方や害虫について

テキスト引用
オオアラセイトウの増やし方は種まきです。もともと年越しをする植物でしたが、日本では夏の高温多湿を乗り越えることができずに一年草として扱われるケースが多いので、種まきをして株を絶やさないようにするのが良いでしょう

オオアラセイトウの増やし方にはいくつかあります。一つは新しく種付けを行い、株の数を意図的に増やす方法です。一度株が育ったところには定着しやすい性質を持つため、すでに育っているか、または育ったことのある位置に近いところに種をまけば、比較的簡単に増やすことができます。育てた後にそのまま放っておくというやり方もあります。オオアラセイトウが実を付けた後、それが熟せば破裂して種が地面にばらまかれます。環境が適切であれば、その種が芽吹いてきて自然に株が増えていきます。

一度定着させれば、ほとんど手間をかけずに増やすことができます。また、オオアラセイトウには害虫が付くことがあります。よく付くのはアブラムシやハモグリバエ、ヨトウムシです。対策にはオルトラン粒剤が有効なので、前もってまいておきましょう。もし、対策が間に合わず害虫が付いてしまったら、食い荒らされる前に駆除しましょう。殺虫スプレーを使うと簡単に駆除できますが、植物に悪影響を及ぼす成分を含むスプレーも多いため、使う前に検討しましょう。

ハモグリバエやヨトウムシは、放っておくとどんどん食い荒らしていくため、割りばしなどで捕まえてひきはがします。アブラムシの場合は天敵であるテントウムシが食べてくれることもあります。自然に任せて駆除することが最も影響の少ない方法なので、この場合はアブラムシが明らかに多くない限りは、テントウムシに任せてしまって大丈夫です。

オオアラセイトウの歴史

テキスト引用
オオアラセイトウは別名ショカツサイとも言われる中国原産のアブラナ科の植物です。紫色が美しい小花はその昔三国志で有名な軍師、諸葛亮孔明が広めたという伝説があり、それからショカツサイという名前がつけられました。戦

日本には数多くの植物が咲いていますが、その植物の一つがオオアラセイトウです。薄紫色の大きめの花が特徴です。原産地は中国で、三国志で有名な軍師の一人、諸葛孔明が広めたとも言われており、別名でショカツサイと呼ばれることもあります。原産地である中国には、太古の時代から存在しており、戦争が多く起こった時代には若葉が食料として重宝されていました。どんなに屈強な兵士でも、空腹には勝てません。

ただでさえ食料の乏しくなる戦争時、食用にできるオオアラセイトウの存在はかなり重要な物であったと言えます。オオアラセイトウを使った料理も存在し、葉をそのまま食べるほか、おひたしや炒め物といった簡単な料理がよく食されていました。また、この植物から採れた油が、様々なことに活用されました。日本にオオアラセイトウが持ち込まれたのは江戸時代で、栽培されていた物が野生化し、今では日本全土で見られるようになっています。

食べられますが、その前にしっかりと水洗いをしましょう。呼び名が多いことでも知られており、前述のショカツサイのほか、ムラサキハナナ、シキンソウ、ハナダイコンと呼ばれることもあります。どの呼び名も見た目から取っているのが共通です。ハナダイコンは味が大根に似ているからではなく、花の色が大根に似ていることに由来します。ちなみに味は菜の花などと同じく苦味があります。諸葛孔明にちなんでか、花言葉は「知恵の泉」だったりします。

オオアラセイトウの特徴

テキスト引用
オオアラセイトウは中国原産で中国全土を生息地としているアブラナ科の植物です。自然開花の時期は春のさかりの4月から5月、群生して美しく咲くと紫の花が霞が買って見えるような美しい花です。知恵の泉という花言葉を持つこの

オオアラセイトウは道端やあぜ道などでよく見かけます。薄紫の花弁が4枚付いているきれいな植物です。群生していることが多いため、見たらすぐに分かります。形が似ているせいで「紫色の菜の花」とよく間違えられますが、全くの別物です。春になるといっせいに開花します。開花期間も長いためよく花開いた姿を目にすることができます。花びらの形は十字型で、内側におしべとめしべがあります。

成熟したオオアラセイトウは、先端部分に実を付けます。ひょろっと細長い形が特徴です。種の蒔き方がこれまた特徴的で、実が熟してくると、破裂して中に入っている種を周りにばらまきます。そんなに勢いはありませんが、覗き込んでいる時にいきなり破裂することもあるので、枯れて硬くなった実を触るときには気をつけましょう。

種子は黒に近い褐色をしています。実の中に大量に詰まっているため、育てたい人は野生のオオアラセイトウの実をそっといただいていきましょう。繁殖力がとても強いため、育てることは比較的容易です。種子が地面に落ちればすくすく育ち、翌年にはしっかりと花を咲かせてくれます。自宅の庭に種をまいておけば、一年後には多くの薄紫の花が埋めつくすことでしょう。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

オオアラセイトウは一年草のため、時期が過ぎれば枯れてしまいますが、強い繁殖力のおかげで群生したオオアラセイトウを毎年庭先で楽しむことも可能です。ひとしきり観賞を楽しんだ後は料理して食べるのもありです。

オオアラセイトウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「オオアラセイトウ」に一致する植物図鑑

「オオアラセイトウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,089view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

3,949view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

13,773view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,421view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

5,033view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

4,117view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,808view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

3,475view