• アマドコロの育て方・栽培

アマドコロの育て方・栽培

アマドコロの育て…

出典:育て方ラボ

アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中などで見られます。その他の植物の陰などになっているところで育つので、実際に育てるときにも半日陰のところを選ぶようにします。

アマドコロの育てる環境について

テキスト引用
アマドコロの育て方は直射日光があまりあたらない半日陰の場所を選んで栽培することがおすすめされています。庭などに地植えをするという場合には、木陰になるような場所を選ぶようにしましょう。アマドコロは冬になると地上

育てる季節としては春から夏、秋にかけてになります。秋の終わりから冬になると枝や葉、茎などがすべて枯れます。そして球根の実が残って休眠します。次の春にどんどん成長してきますが、花を楽しむのは5月ぐらいからです。それならそれまでは楽しむことができないかですが、葉っぱを楽しむことができます。

四月くらいから葉っぱを楽しむことができ、花が散ってからも葉っぱを楽しめます。1年の中では楽しめる時期が長いといえます。観賞用としての需要が高いとされていて、コンテナなどで栽培をすると庭にいいアクセントを与えてくれます。植木鉢以外に地植えをすることがあります。この時には木の根元であったり壁の近くなど陰ができるところが良いとされています。

どうしても木もない、壁もないなら自分で壁を作るようにします。そうすると何とか最適な栽培環境を作ることができます。植木鉢なら状況によって移動ができますが、地植えの場合は容易に変更することができません。陰を作ったり日差しを抑えるのは工夫をすれば行うことができます。工夫をしながらうまく調整をするように心がけます。

アマドコロの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
アマドコロは乾燥には比較的強い性質を持っていますので、庭植えをして育てていく場合には特に水やりを頻繁におこなう必要はありません。自然に降ってくる雨で生育することができます。鉢植えで育てていく場合は、土が乾

アマドコロの育て方として種付けがあります。植木鉢に行うときの用土は適度に水はけを考慮した栄養分のある土です。花の土でもよいですが、自分で配合するなら赤玉土7割、腐葉土3割程度を配合して使います。もう少し水はけを考慮したい場合は軽石砂を混ぜることもあります。この時には腐葉土の割合を少し減らします。腐葉土が2割程度でその他を4割ずつぐらいにしておきます。地植えをするときにも腐葉土をそれなりに混ぜます。植えるときに肥料を少し加えておくと生育しやすくなります。

水やりをどうするかですが、あまり水を欲しがる植物ではありません。乾燥に強いタイプで、庭に植えている場合は必要ないといってもいいくらいです。植木鉢で行うときは用土の様子を見ながら行います。表面が乾いたらたっぷり与えるようにします。たっぷり与えますが、水がじゃぶじゃぶになるくらいでは困ります。多湿は嫌うので、あげすぎには注意をします。

葉っぱが伸びる時期は水を欲しがりますから水きれをしないように管理をしておきます。肥料は庭に植えるときには植え付け時に腐葉土などを入れておきます。あえて肥料を特別に施す必要はありません。全く肥料がないと寂しいですから、目出しのころに株の周辺に緩効性の肥料を置いておきます。ないと育たない、花が咲かないわけではありません。置くと花が付きやすく、株も増やしやすくなります。植木鉢の場合は春、夏、秋に置き肥をし、液体肥料を月に数回施します。

アマドコロの増やし方や害虫について

テキスト引用
アマドコロの増やし方には株分けがおこなわれています。株分けをする場合には春の初め頃に芽が出始める前におこなうことがおすすめされています。秋頃におこなう場合には、落葉後におこなうことが好ましいとされています。株

アマドコロの増やし方の一つとしては株分けがあります。春先にまだ芽が出る前に行います。春は少しタイミングが難しいので秋に行うこともあります。秋に落葉した後に行いますからタイミングはわかりやすくなります。根の部分を掘り起こすと枝分かれしているのがわかります。それを切り離します。後は別々に植え付けをします。切り離し方は特に慎重に行う必要はありませんはさみなどで丁寧に行う必要はなく、ちょうどいいところでぽきんと折ってしまえばできます。

芽のついていない根茎があればそれを利用することがあります。土をかけることで芽が出てきます。それを育てることができます。実ができ、そこから種を取ることができます。株分けよりも面倒で時間がかかりますが、種だと一から育てている気持ちを味わうことができます。害虫対策の中ではコウモリガに注意をします。茎にコウモリガの幼虫が入ることがあります。見つけた時に捕殺します。

その他の虫はあまり気にすることはありません。病気としてはさび病があります。株が込み合ってきたときに発生しやすくなります。枝を適度に切って風通しを良くすることで病気の原因を排除することができます。毎年枯れたり生えたりする植物ですからそれほど込み合うことはありません。しかし症状として出てきたときにはきちんと対応するようにします。作業としては夏に遮光を行います。日差しを抑えることできれいな葉を長期間楽しめるようになります。

アマドコロの歴史

テキスト引用
アマドコロは、クサスギカズラ科アマドコロ属の多年草のことを言います。クサスギカズラ科は、クサスギカズラ目に属する単子葉植物の科の一つで被子植物のうち1枚の子葉を持つことで特徴づけられています。アマドコロ属は北半

自然になっている実が食べられるか食べられないか気になることがあるかもしれません。キノコなどは毒があるかどうかがはっきり分かれています。知らない場合はむやみに食べないようにしなければいけません。アマドコロと呼ばれる植物があります。こちらにも実がなり、いかにも食べてほしそうになっているので食べてみたいと感じている人もいるかもしれません。歴史の中でもいろいろな人が試しているようです。食用として栽培されているわけではありませんが、自然になっている実を食べることは可能です。

この植物の原産、生息地として知られるところとしては日本、朝鮮半島、中国となっています。東アジアの中でも日本は良く自生しているところの一つとされています。実を食べるよりも茎であったり根の部分を食べると甘みを感じることができるとされています。日本ではてんぷらとして食べることが多いとされています。加熱をするとよりおいしく甘みを増すことが知られています。

この植物は別の面でもよく使われています。それは生薬としての役割です。乾燥させて使っていたようで滋養強壮の効果があるとされていました。かといって漢方などに記されることはなく、日本の薬として登録などをされているわけではありません。滋養強壮にいい食べ物は一般の食べ物に多くありますがその中の一つと言えるでしょう。薬としての役割はありませんから食べたとしても副作用などは特に起こすことはないでしょう。

アマドコロの特徴

テキスト引用
アマドコロは、地中に根茎を伸ばして春頃になると地上に芽を出して花を咲かせます。根茎は黄白色の円柱形で横に伸びてところどころに節があります。4月頃から5月頃になると地下茎の先から6稜の角ばった1本の茎を出します

アマドコロの特徴は、園芸上は草花になります。そしてこれは球根によって育てることができます。多年草で、草の高さは30センチぐらいから60センチぐらいになります。花の色は白色です。日本や朝鮮半島、中国で育つことから耐寒性はあります。耐暑性は日本の暑さぐらいなら問題なく育ってくれそうです。

枯れると葉が落ち茎なども枯れてしまいます。でも球根が残っているので次の年にまたそこから芽が出てきます。生物学上では被子植物、単子葉類、キジカクシ目、キジカクシ科、アマドコロ属となります。ユリ根で知られる有里がありますがこちらに似ているとされています。茎はまん丸ではありません。稜があり茎を触るとそれを感じることができます。葉っぱは種類によって少し異なります。

緑一色のものから斑が入っているものがあります。花が咲くのは5月ごろになります。一本の茎が伸びてきて、それに交互に葉っぱが付きます。葉っぱは楕円タイプではなく細いタイプです。花はその葉っぱの付け根からぶら下がるようにして咲きます。一つの葉っぱに1個から2個ぐらいの花が付きます。釣鐘状になっているのでスズランのように見えることもあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

種類としてはすべてで30種類ぐらいがあるとされています。その中で日本に自生しているのが11種類から12種類ぐらいとされていす。よく似ている花であったり、同じ種類の花などがあります。それらを区別してみるのも楽しいかもしれません。

アマドコロの育て方・栽培に関連する無料素材

「アマドコロ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

8,053view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

4,613view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,014view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,179view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

32,015view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,219view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,329view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

5,925view